サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

LINE Payキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. 男性向け
  5. ごーいんぐ? ほーみんぐ!
ごーいんぐ? ほーみんぐ!(講談社ラノベ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 1件

電子書籍

ごーいんぐ? ほーみんぐ!

著者 霧鳴篤明,COMTA,霧鳴篤明 (著),COMTA

友達のいない歩は一人寂しい下校中、クラスメイトの東条の姿を目撃する。だが、彼女の身体の一部は地面に沈んでいた。奇怪なその光景に、さまざまな疑問はありつつも興奮する歩。そう、彼は異能が大好きだった!彼を見込んだ“紅椿神社の呪いにかかった人を助ける帰宅部”の部長・風夏は無理やり歩を部員にする。東条もこの呪いにかかったせいで、怪奇現象に合い帰宅が困難となっていたのだ。おかしな呪いをかけた神の正体とは!?

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ごーいんぐ? ほーみんぐ!

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ごーいんぐ?ほーみんぐ! 1

2015/09/29 16:26

帰宅こそ彼女の試練

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

柚崎歩は中学時代に中二病を発症した結果、友達が出来なかった。今度こそはと異郷の地の月ヶ丘高校に入学したものの、部活に入る勇気もなく、結局はぼっちの座に甘んじている。話すのは同学年の妹の柚崎柑那くらいだ。ただこの妹は、真剣に兄を異性として認識しているので、なるべくなら近づきたくはない。
 そんなある日、最短距離で高速帰宅中の柚崎歩は、道路に半ば足を埋めている鉄面皮クラスメイトの東条神埜と遭遇してしまう。何かの見間違いかと思った翌日、やけにテンションの高い巨乳の高城風夏に無理矢理引っ張られていった柚崎歩は、東条神埜が紅椿神社の呪いにかかっており、帰宅途中に心を揺らがせると地面に沈み込んでしまう状況にあることを知らされる。

 なし崩しに「紅椿神社の呪いにかかった人を助ける帰宅部」に入部することになった柚崎歩は、過去に呪いにかかったことがあるリュシー・セイトールからの情報に基づき、呪いを解くために尽力することになるのだった。

 第1回講談社ラノベチャレンジカップ優秀賞受賞作品。呪いで他人に迷惑をかけないために感情を殺して日々を過ごす少女と、異能に憧れるあまり日常ではぼっちになっている少年の出会いを描く。
 設定は単純で分かりやすいが、キャラの潤滑な登場のさせ方に難がある。トイレの芳香剤とか繰り返されても、作者は面白いのかもしれんが、初見の読者は何のことか分からんよ。あと妹をなぜクラスメイトにしたのかの必然性も不明。妙に距離感が近くなりすぎて、主人公のぼっち設定が言葉だけのものになってしまっている。何となく、双子じゃないけどクラスメイトの兄妹というのがやりたかったんだろうけれど、それは盛り込みすぎだろう。

 また、イベントの起こし方もいまいち起伏がないし、これだけで一巻分引っ張るのも冗長すぎた印象がある。もう少し主人公がぼっちになっていく様をリアルに描き、底辺からのラブコメ化と展開を強調した方が、物語的にカタルシスが得られた気がする。まあその場合、類似作品もバンバン挙げられるだろうけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する