サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:続刊予約キャンペーン(0907-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?
  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • 出版社:

「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

私たちは「お金の使い方」において、いつも合理的に判断しているつもりではある。しかし実際のところ、下がる株をいつまでも持ち続けてしまったり、クレジットカードを持つと思わず無駄遣いをしてしまったりする。このように、人が一見不合理な判断をしてしまう理由を学問的に解明するのが「行動経済学」である。本書では、最先端の行動経済学の理論を基礎にして、人々がお金を使う際に失敗しやすい傾向を分析する。本書を読むことで、自分のお金を使う際の傾向や弱点を発見することができ、賢いお金の使い方を学ぶことができる。

「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

756 (税込)

「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

ポイント :7pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

有楽町チャンスセンター1番窓口は、日本で一番多くのハズレくじを出している窓口でもあるのだ

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベニスの商人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉著・光文社)のように、アイキャッチャー的タイトルで、そのくせ実用的な内容が記されている本がある。ご多聞にもれず本書は、そのタイプである。「資産やお金にまつわる不合理な事例を集め、その原因について行動経済学、認知心理学の立場から解説を加えて」、ともすれば不合理に走りかねないみんなに、STOPをかけようという本だ。「いずれも漢方薬のようにゆっくりと確実に効いてくるものばかり」と、著者は自負している。

 全12章、それぞれに、なにか卑近な行動を、行動経済学及び認知経済学で分析したものが載っている。それは例えば、本のタイトルは、同時に第1章のタイトルなのだが、なぜ宝くじチャンスセンター1番窓口に買いに行く人が多いのか、そしてそれは正しいのか、というようなことである。章ごとの終りに[ポイント!]でまとめられている。
 「学術用語」というと堅苦しくなるが、事前の本文で説明が加えられているから、理解しやすいだろう。【生き残りバイアス】とは「除外されたものを考慮せず、残存しているもの(生き残り)だけを考慮して確率を考慮してしまう、あるいは意思決定してしまうバイアスを指す」。また、【事前確率と事後確率】は読んで字の如しで、あまり情報を与えられていないときの確率と、あとから情報を与えられた(知った)とき確率だ。
 「宝くじチャンスセンター1番窓口」では、本当に1等大当たりが連続して出ているのだろうか。【生き残りバイアス】に絡めて説明すれば「除外されたもの=ハズレくじ」で「残存しているもの=当たりくじ」である。そして「事前確率」は「毎年、当たりが出ている」であり、「事後確率」は「チャンスセンター1番窓口における発売枚数」である。第1章の最後に「まとめ」で述べられている。「有楽町チャンスセンター1番窓口は、日本で一番多くのハズレくじを出している窓口でもあるのだ」と。
 第3章のタイトルは<臨時収入は、なぜ酒代に消えてしまうのか?>である。結論は「少額の偶発的所得は、その所得額を超える消費を呼ぶのである。超える部分はどうやって調達するのか、これまでの貯蓄を取り崩して調達するのである。これが偶発的所得の呼び水効果なのだ」。そのような書き方を当初から提示されたら、読む気が萎えるかもしれない。そのために、最初は教授と助手の“寸劇”から始まる。教授が助手に「メシをおごるから、この千円で二人分、コンビニに行って買ってこい」と命じたところ、助手は本来の弁当のほかに、自腹でみたらし団子を買ってきた。なぜだろう。弁当代が浮いたことによる「呼び水効果」なんだよ-と教授は説明している。掛け合いはなかなかユーモアにあふれている。それ以外の章も同じような書き方、なにもこれほどまでもくだけないでもとも感じらるほどだが、決して否定しているわけではない。むしろ、浅学の私には好ましかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「そろそろベストセラーがほしい年頃である」(著者略歴より)オジサンが書いている

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふるふる - この投稿者のレビュー一覧を見る

読者を楽しませようというサービス精神にあふれている著者による本。上記のように、著者略歴からそれは発揮されている。藤巻健やツチヤ教授という感じか。

一番印象に残ったのは、居酒屋の話しだ。焼酎の判別が80%の確率でできる人がある前提条件の下で出した答えが、41%の確率でしか正しくないというものだ。感覚的には変だと思うが、説明を読むと納得せざるを得ない。それでもそうかなあと思ってしまう。

ただ、読者にわかりやすく書こうとしてか、全体的な印象としては内容が薄いような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する