サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 次世代マーケティングリサーチ
次世代マーケティングリサーチ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件

電子書籍

次世代マーケティングリサーチ

著者 萩原雅之 (著)

ソーシャルメディアの発達で、消費者の声を探る手法が大きく変わりつつある。質問紙やインタビューに依存した従来型の手法では消費者の心の声(インサイト)を十分に反映できない。コミュニティの中に入り、データを観察し、企業活動に生かしていくために今何ができるのか。マーケティングリサーチの最新手法を紹介しつつデジタル時代の新たなデータ活用法を説く。

次世代マーケティングリサーチ

1,296 (税込)

次世代マーケティングリサーチ

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.4MB 無制限
Android EPUB 13.4MB 無制限
Win EPUB 13.4MB 無制限
Mac EPUB 13.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本次世代マーケティングリサーチ

2011/11/08 14:09

相手に目を凝らし、耳を澄まし、気持ちを理解すること

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、ここから。

「宝島社の女性誌がなぜ一人勝ちしたかといえば、ライバルを同じ雑誌ではなく、嗜好品、つまりコンビニコスメやカフェラテだと考えたからだ。魅力的な付録はその仕掛けのひとつである。結果的にこれまで雑誌を手に取らなかった女の子たちの関心を集めることに成功した」

従来は同業他社製品の同一マーケットを考えていればよかったが、現在は、消費者の好きなもの全体を見ないといけなくなった。異種格闘技みたいなものだろう。たとえば柔道の選手が、組んでかかろうとすると、いきなりハイキックされるようでは、困るぞと。

最も如実な例がアプリだろう。

ゲームも音楽も電子書籍などさまざまなソフトがいっしょくたにアプリで括られる。電子書籍は、既存の本好き層じゃなくて本を読まない層をターゲットにしたはずなのに、冒頭引用した宝島社の女性誌のように成功はまだしていないようだ。

そうか、食玩のパターンか。中身じゃなくておまけで釣ると。

「広告がラブレターに代表されるアプローチ技術なら、マーケティングリサーチは相手に目を凝らし(観察)、耳を澄まし(傾聴)、気持ちを理解する(洞察)ための技術ということになる」

経験知が高くなればなるほど、自分のリサーチスタイルで捌こうとしがちだが、そうじゃなくてリセットしてからかかる。できるようで、なかなかできない。それは、どういうことか。

「集団の特性を数字で定量的に理解するだけではなく、ひとりの人間のリアリティを想像し、大切にする」

単純に定性的ってこととも、ちと違うようだ。数値、データじゃなくて、もっとパーソナルにってことか。

「消費者はあなたの役に立ちたいと思っている」

でなければクックパッドなどに自分のレシピを、価格コムに製品レビューを、そしてビーケーワンに書評を投稿したりはしないだろう。


「消費者とコミュニケーションするには、企業も遠くから消費者にメッセージを投げかけるというよりは、自分から消費者に近づき素性をさらけだして距離を縮める方がいい」

デプスインタビューとかいわれると、なにか新しいことのように思えるが、これって消費者をインタビュイー、企業をインタビュアーの置き換えるとなんのこたあない、ライターや記者なら取材と同じ方法論だよなあ。

緊張している相手をなごませるには、まず自分のことを話してから。というのは、よく使う手だし。でもそこから先の煮詰め方が異なるか。

どうもマーケティングの類というと、はじめに結論ありき。それを理論武装するためのデータやインタビュー。悪くいえば、捏造ともいえなくもなかったが、それは通用しないらしい。正直ってことか。

「消費者と」の「コミュニケーション」。そこにはヒントや答えなどが埋もれている、まさに金の鉱脈なのだ。マーケター限定じゃなくて、クリエイターにも、会社員にも、記載されているリサーチの心構えとノウハウは、ためになる。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する