サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

夏のメディア化タイトル 全品ポイント5倍! (~7/22)

鬼の王と契れ(キャラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件

電子書籍

鬼の王と契れ 新着

著者 高尾理一

【電子限定版】2014年Chara Selection5月号掲載の番外編「鬼と愛とオムレツと」収録。●二本の角、金色の瞳、鋭い爪――けれど体長はわずか40cm!? 異形の鬼を使役する能力で、歴史を陰から支えてきた矢背(やせ)家。一族最年少の鬼使い・鴇守(ときもり)の相棒は小鬼の夜刀(やと)だ。「鴇守の唇を吸うと元気が出る。だって鴇守は可愛いから」。堂々と言い放っては、乳首を舐めたり下着に潜り込んだりセクハラ三昧の夜刀。頭を痛める毎日だったけれど、鴇守に危険が迫ったとき、夜刀の体に異変が起こり…!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

鬼の王と契れ

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

鬼の愛に感動

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ってました三部作の最後!!
年老いて…しまうのかと思っていましたが一緒に生きていくことを選んでハッピーエンドになって本当に良かったです!!
BLですがストーリーもしっかりしていて全部読んで心が暖かい気持ちになりました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鬼鬼鬼

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

切ない…まだまだシリーズが続いて欲しかった!あと3冊位出せそうなんですけどね、見事に終わっちゃった〜。
しかしなかなか壮大な終わりで、ダメダメだった主人公がまさかのこのタイトルに…。
人外物は人間と人外の超えられない壁問題が付き物ですが、どうなるのかハラハラしながらまあある意味良い終わりだったのかなと…。右恭さん当て馬になるかと思いきやそうならず…ある意味当て馬?
エピローグ切ないですね…。
しかし世界観はやっぱりすごいと思います。素晴らしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍鬼の王と契れ

2015/03/24 19:03

面白いです

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家さんのファンタジーもの大好きです。
設定がしっかりしているためか違和感なく世界に浸れます。

今回は最強の鬼×ヘタレな鬼使い。
攻めの受け大好き具合が読んでいて楽しかったです。
ヘタレな受けの為に、全力な攻めにニヤニヤが止まりませんでしたw嫉妬深い執着攻めは良いですね。大好物です。
シリアスな血なまぐさい展開もありますが、攻めのエロパワーの方が勝っていた印象です。脇キャラも良かったし、続編もありなんじゃないかな〜と密かに期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夜刀がけなげで可愛すぎ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな作品の続編が出て嬉しいです!
今回は確かに山場があまりなくてインターバルといった趣きでしたが、新キャラも出てシリーズ化もするような展開なのでこれはこれでアリと思います。
Hシーンも前作より充実してるし二人の甘々なやりとりが読めて満足です。

この作品の一番の魅力は攻めの鬼が一途で健気で真っ直ぐでとにかく可愛いところ。そしてバカじゃない(重要)
さらに主人公が私たち読者以上にそんな攻めの可愛いさにキュンキュンし愛おしいと思って行動してくれるところ。いい加減気づいてやれよ!というイライラがない。こんな攻めと受けキャラを求めていた!かも。と思うように新鮮です。

主人公はただいるだけで鬼にやたら好かれるだけで、他に特技がなく才能もない「これまで知る中で最弱です」と新キャラに言い放たれるほど弱い鬼使いです。それを自覚して野望に燃えず正義感にも燃えず目標もなく生きてきて、でもこのままではいけないと真っ当に悩み試行錯誤し失敗し、と、ちゃんと自分や鬼や鬼使いの組織と向き合おうと努力します。これぞ現代のサトラー?のヒロイックファンタジーかと思わせるものがあり新鮮です。
大好きな作品なので次回も待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼の王に誓え 鬼の王と契れ 3

2016/10/27 17:05

鬼の王に誓え

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこと - この投稿者のレビュー一覧を見る

これで完結だと思うと残念ですが、上手にまとめたなと思います。生きる長さの違う二人がどうなるのかと、ずっとハラハラしていたので、最後はなるほどなぁと・・・。まあ夜刀にとっては大変な日々の始まりでしょうが、鬼達というか、カッパは幸せ(笑)でしょう。
個人的にカッパが良い味だしてて、登場するたびにクスッと笑いがもれてしまって、あのキモ可愛いところがくせになりそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼の王と契れ

2014/05/19 17:25

ファンタジー

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こまち - この投稿者のレビュー一覧を見る

退魔師の星合はサブですがいい味だしてます。受、攻の掛け合いがなんとも言えません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人外の鬼攻め

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

わざわざ自分を弱く見せてまで鴇守のそばにいよいうとする夜刀のずるがしこさと、でも手を出してまで鴇守に嫌われたくないヘタレさが何とも言えずいい味出してました。
鴇守も、若干ぐずぐずしているところはあったものの、自分の能力を認識してからの強気っぷりが好ましく、男らしくてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼の王と契れ

2017/03/31 23:14

最強の鬼×最弱の鬼使い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鬼の夜刀が鬼使いの鴇守を好きすぎて、行動も思考も全て鴇守を中心に回っているのが面白かったです。
そして好きだから、力をセーブして鴇守を怖がらせないように小さくなって、小ささを逆手に取ってセクハラ三昧しても当然と偉そうにしてるし独占欲は強いです。
でも鴇守のピンチの時には、体を張って守ってくれる頼もしさもあります。
最後には寿命の違いの解決法も出てきたし、安定した世界観を楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する