サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

最大40%OFFクーポン(~7/29)

虜 ―とりこ―(キャラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 1件

電子書籍

虜 ―とりこ―

著者 秀香穂里 (著)

藍原(あいはら)はクールな美貌の凄腕麻薬取締官。現在追っているのは、危険度Aの新種ドラッグと、その密売に関わる“ゼロ”と呼ばれる男だ。捜査中のある日、藍原は聞き込みに訪れた喫茶店で一人の男と出会う。精悍な容貌が目を惹く年下の男・神堂(しんどう)――単なる店番のはずが、どうやら裏世界にも顔が利くらしい。怪しいと思いつつ、惹かれていく藍原だが!? 死線で交わす愛とSEX--ハード・アダルトラブ!!

30%OFF

【期間限定価格】虜 ―とりこ―

07/26まで通常596

417 (税込)

【期間限定価格】虜 ―とりこ―

ポイント :3pt / 紙の本より179おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.7MB 無制限
Android EPUB 7.7MB 無制限
Win EPUB 7.7MB 無制限
Mac EPUB 7.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

ボーイズラブ
特集一覧ページへ
ボーイズラブの電子書籍限定フェアやhontoだけのお得情報満載!開催中の特集が一覧でご確認いただけます♪

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本虜−とりこ−

2007/10/24 08:52

ヒトのクズにも五分の魂…

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る


 このジャンルで、麻薬取締官が主人公の物語というのを、いくつか読みましたが、麻薬にからんだ人の弱さや醜さが浮き彫りになるような、シビアな事件がメインになるだけに、どれも苦みの多いお話になるようです。
 この作品も、麻取である主人公の藍原が、大切に思っている弟を新型麻薬の餌食にされるという、取り返しのつかない痛ましい事件が立て続けに語られます。それだけでもしんどいのですが、中毒患者になってしまった親たちが我が子を虐待し、結果的に破滅させ、死に追いやっているということが、事件の背景となっていることが、物語が進むにつれて分かってきて、なんともやりきれない気持ちになります。
 主人公の藍原も、彼と出会う神堂も、健やかであるべき子ども時代を、親の麻薬使用によって踏みにじられ、心の一部を失ってしまった人間です。こういう二人が、傷のなめあいや病的依存ではなく、建設的な愛情を築いて共に生きていくというのは、ほんとうに難しいことだと思うのですが、作者は、決して不自然には感じさせない経緯を紡いで、最終的に二人まとめて救う結末に持って行っています。そこがすごいなと思いました。

 以下は蛇足。秀作品には、どうにもならないようなクズ人間が出てきて主人公を苦しめることがよくありますが、今回のクズは、ちょっと程度がひどすぎました。ある意味、諸悪の根源であった神堂にさえ「こいつが更正すると思うか?」と言われてしまう、そのクズは、親から受けた虐待で心を壊された子どもたちより、よほど破滅的な人格でしたが、そういう人間になってしまった背後事情については全く語られることなく、結果的には法の裁きを受けることなく粛正されて消えていきました。おそらくは作者に全く愛されていないキャラであるから、あっさりとこの世から切り捨てられたのでしょうけれども、こんな化け物にも、親もいれば幼少期もあったわけで、一体どんな過去を秘めてクズになってしまったのか、ちょっとぐらい、知りたいような気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する