サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

LINE Pay残高10%バックキャンペーン(~9/30)

電子書籍

ぷれいぶっ!

著者 著者:高遠 豹介,イラスト:プリンプリン

突然、夏休みに別世界へ召喚された高校生・雪村統吾。統吾は魔王を倒し、世界を救った勇者となって現代へ戻ってきた。そんな彼の前に謎のスーツ男が現れ、別世界の人間を集めた学校へ転校することに──。 そう、雪村統吾はこの転校に人生を懸けている。強くて謙虚で人気者、「雪村くんって勇者だったんだ。すごーい!」と女の子にモテモテ学園ライフを満喫するはずが、世界を救った勇者はクラスの中でも最弱だった!? そんなアレな統吾でも、気にせず慕って最初に声をかけてくれた可愛い魔法使い・夏森朱音。彼女のために真の勇者になろうと頑張るが……。

ぷれいぶっ!

659 (税込)

ぷれいぶっ!

ポイント :6pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.3MB 無制限
Android EPUB 11.3MB 無制限
Win EPUB 11.3MB 無制限
Mac EPUB 11.3MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ぷれいぶっ! 2

2010/09/16 00:50

前巻に輪をかけて(特にセリフのやり取りが)面白い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの由来である「ぷれい部」が晴れて設立された訳だが、この名称の本当の由来が「らしくて」良い。理屈で説明するのは難しいのだが、感覚的に可笑しくて。こういうの、嫌いじゃない。というか、前巻で作品世界の基本部分を描いた分、本巻では心置きなくメンバー達のやり取りに頁を費やしたことが成功したと思う。ツッコミ担当が2人いるのは大きい。というのも、統吾が人並みに能動的で積極的で下心もあるアクティヴ少年なので、統吾の絶妙なツッコミに加え、統吾をツッコむ瑞希が笑いをもう1つ支えているのである。あれだけの優男っぷりを発揮すれば読者全員を敵に回しかねない明道にも憎めないところがあり、今回も綺麗に錐揉みしながらお星様になってくれている。バトルは少なめだったが構わない。特に今回はかなり(ある種の善意と個人のリベンジを兼ねた)作為的なものなので、展開としては多少強引に見えることへのエクスキューズとはなるものの、正直なところ、あの遠回しな策略さえなければ無くても良かったくらいである。

そのバトル(後半)では、作中に『瑞希に全部持っていかれたような気がしてならない』とあったが、物語全般として一番良いところを持っていったのは“魔王”にして生徒会長の安藤和臣であろう。何、この善人っぷり?という意外な一面を見せてくれる。ただ、この和臣にも優秀な故に抱えてしまう弱点があり、これをさり気なく示して、本シリーズに流れる「個人の能力としての強さだけが本当の強さではなく、人と人が繋がるからこそ得られる強さこそが大事」といったテーマを指摘する悠子が光っていた。その悠子と神臣の最後のやり取りが少々気になるし、そもそも「ぷれい部」の活動内容が未だ決まっていないのだが……。今回も綺麗に、そして面白く話が纏まっているだけに今後の展開もまた気になるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぷれいぶっ!

2010/02/09 18:05

理屈抜きで超面白い!

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の生存確認ができたので、どーしても一言言っておきたい。

「おーい、『藤堂家』の続きはどーなってんの?」

待ちに待った結果がまさかの新シリーズだったとは。あとがきが社交辞令でなければ続巻を期待しようと思うが、読んでみたらこっちも面白いという悩ましい展開。それだけ楽しく読んだ、理屈でどうこう言う前に感覚的に面白いと感じた作品である。

明らかに狙ったね?と言いたくなるほどあからさまに全力で中二病を邁進する冒頭に読む気が少々失せるかもしれないが、今しばらく堪えて読み進めてほしい。これが大逆転というべき逆説的な設定によって鮮やかに覆される。確かに主人公【雪村統吾】は勇者である。しかし勇者だから強い訳ではなく、また世界は1つだけでもないという、世の中の縮図みたいな世知辛さをも内包した「井の中の蛙」が次第に「大海を知る」展開で本作の世界観が示されていく。こんな学園なら通ってみてーとも思う面白展開だが、少なくとも本作の読者諸兄でこの学園に通える有資格者はいない。万が一にも「いや、オレ様なら行ける」と本気で思った御仁は、統吾の置かれた立場や状況を本作で学んで早く目覚めてほしい。そんな「俺って神童だと思ってたけど上には上がいるんだなぁ」的状況から仲間ができる。みんな統吾より能力が高そうだが統吾も頑張る。多少のハッタリも効かせながら頑張る。その姿には“力”が全てではなく、様々なものから醸し出される“仁徳”や“仲間”の存在といったものの大切さを見ることができなくもない。面白い。前シリーズから定評のあった阿吽の呼吸的軽妙なやり取りで笑わせてくれる。全体の構成も巧みだしオチも効果的。上手く纏まった分、続きをどうするかとなるが、これは部活動方面で是非繋いでほしいところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぷれいぶっ! 3

2011/05/19 21:51

内容的にはつまるところラヴ系一辺倒な一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙カバーを見れば一目瞭然のクリスマス話。というか、前巻辺りから敵キャラらしき存在がいなくなってしまったこにより今回はバトルらしい要素も影を潜め、日常にスポットを当てつつクリスマスその日へと向かうウキウキ青春物語の様相を呈している。

しかし、朱音に対する統吾のラヴリーな想いは何だろう。くすぐったくなるほどの「朱音ラヴで仕方がない」光線が全編に渡ってダダ漏れになっている。これは、アレか?作者自身が現実に恋しい人でもできて、その想いを登場人物に託して語りに語っているのか?そうなのか?と問い詰めたくなるような統吾の朱音溺愛振りである。この路線に作者らしい軽妙でセンスの利いた会話のやり取りがいつも以上に笑わせる内容となっている。

それを加速させるのが新キャラ。その出自といい、キャラ設定といい、特徴的な語り口といい実にナイスな娘っ子の登場が本作をより面白く彩っている。過去の経緯を顧みて今後の目標を見つける辺りは素敵に健気でもあり、思えば親兄妹とも友人達とも離れて別世界に飛ばされているにも関わらず、本シリーズの人物達は強いなぁ~などと改めて思わせる面もあったりする。『ぷれい部』のメンバーに足りなかった最後のピースが収まったような形にもなり、今後の展開を楽しみにさせてくれそうである。

ただし、本巻に限らず高遠作品はどれもそうなのだが、このままシリーズが終わってもいいような、ある意味綺麗な纏め方をするので先が読めないところがある。もちろん続きを予感させる要素も忍ばせているし、統吾&朱音だけではないところにカップルの登場も予感させているので、個人的にはどんどん続けてほしいシリーズだと思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する