サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~8/16)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 金子兜太のことば(毎日新聞出版)
金子兜太のことば(毎日新聞出版)(毎日新聞出版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

金子兜太のことば(毎日新聞出版)

著者 石寒太

あわてず、あせらず、たっぷり生きる。98歳、生涯現役の俳人が遺した力強く、心に響くことばが一冊に! “俳句があるかぎり、日本語は健在なり”“物事を成就させるのは、「運・鈍・根」ですね”“死ぬのが怖くないか? と問われたら、「死ぬ気がしなかった」と答えます”戦後俳壇のトップランナーとして70年間活動をつづけ、生涯現役のまま、2018年2月20日に98歳で逝去した金子兜太。その力強く、心に響くことばの数々が一冊に。故郷の記憶、戦争と平和、人間の存在といのち……俳句を探求し、自由を愛した俳人が遺した珠玉のメッセージ集です。金子兜太とおなじく加藤楸邨を師に持つ俳人であり、兜太の盟友でもあった石寒太が、長年の交流の中で胸に刻まれたことばと俳句を選びぬき、ていねいに解説しています。

金子兜太のことば(毎日新聞出版)

1,300 (税込)

金子兜太のことば(毎日新聞出版)

ポイント :12pt / 紙の本より320おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.8MB 無制限
Android EPUB 16.8MB 無制限
Win EPUB 16.8MB 無制限
Mac EPUB 16.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本金子兜太のことば

2018/07/06 05:41

兜太という人間の言葉、だから生き生きしている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年(2018年)2月20日、98歳で亡くなった金子兜太は、埼玉と縁が深い。
 生まれたのが埼玉県小川町だし、その後皆野町で育つ。
 その頃のことを詠んだ句が「曼珠沙華どれも腹出し秩父の子」。
 戦争が終わって復員後住んだのが、浦和。
 その後日本銀行の行員として各地を転々としている。その頃の句、「銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく」。
 48歳の時、熊谷で家を持つ。もちろん埼玉である。
 晩年には熊谷市の名誉市民にもなっている。

 そんな金子兜太がさまざまなところで発した言葉を5つの単元で編纂したのが本書である。
 5つとは、「産土(うぶすな)へ」で故郷や家族のこと、「戦争、そして平和」では戦争体験のこと、「俳句のために生まれてきた」では自身と俳句との関わりを、「兜太の日常」では自身の嗜好とか生活の様子を、そして「人間の存在といのち」では金子兜太の思想を、いずれもそれに関係した言葉と、編者の石寒太氏のコメントで構成されている。
 ちなみに「兜太(とうた)」は俳号のようだが、本名だそうだ。

 特に戦争体験のことは、金子兜太が送られた戦地トラック島のさまが悲惨だっただけにその言葉も厳しいし、その体験があればこそ、金子兜太という俳人の核ができあがったような気もする。
 「自分の俳句が、平和のために、より良き明日のためにあることを、心から願う」、それが俳人金子兜太の終生揺るがなかった思いでもある。
 そんな金子兜太が「白寿」と記した句、「東西南北若々しき平和あれよかし」というのも、心にひびく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する