サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

LINE Payキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 産業
  5. 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス
日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価

電子書籍

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス 新着

著者 西脇文男

「EVシフト」を超えるメガトレンド!

日本が世界をリードし、160兆円の巨大市場が出現する! 

2020年から本格的な拡大が予測されている「水素エネルギー市場」について、
その全体像を初めて示した待望の書。

FCV(燃料電池自動車)にとどまらない幅広い関連業界の動きを完全網羅し、
関連企業の最新動向をレポートする。


◆これが日本の水素基本戦略のシナリオだ!(26ページ参照)            
水素ステーション 100ヶ所(現在)→ 160ヶ所(2020年)→ 900ヶ所相当(2030年) 

FCV(燃料電池自動車) 2000台(現在)→ 4万台(2020年)→ 80万台(2030年)

FC(燃料電池)バス 2台(現在) →   100台(2020年) → 1200台(2030年)

FCフォークリスト 40台(現在)→ 500台(2020年)→ 1万台(2030年)

家庭用燃料電池(エネファーム) 20万台(現在)→ 140万台(2020年)→ 530万台(2030年)


◆著者の言葉
水素には、化石燃料の代替という以外に、「エネルギーキャリア」という、もう一つの重要な役割があります。これがいま話題のEV(電気自動車)との大きな違いです。
水素は、単に自動車にとどまらず、産業・社会全体に巨大転換をもたらす可能性があるのです。        
(「はじめに」より)

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)