サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

できる人の口ぐせ(中経の文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

できる人の口ぐせ

著者 著者:菊入みゆき

いきいきと仕事をして、誰もが一目置く成果を上げている人たちには、「共通の口ぐせ」があった! その口ぐせとは、結果を出し続けるためにみずからの「やる気」をマネジメントし、まわりの人の「やる気」も上げることばのこと。一例をあげると、「私、いま、乗っているんですよ」「人と違っててよかった」「私がやっておきます!」……といったものです。2万人のやる気を分析した著者だから掴めた、効果抜群の口ぐせを紹介!

できる人の口ぐせ

596 (税込)

できる人の口ぐせ

ポイント :5pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.1MB 無制限
Android EPUB 3.1MB 無制限
Win EPUB 3.1MB 無制限
Mac EPUB 3.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本できる人の口ぐせ

2011/07/27 07:51

「口ぐせ」をマネるだけではダメ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「モチベーションコンサルタント」なる肩書きを持つ著者らしい、「モチベーションを高める」ためのTIP集。あくまでもその目的にたどり着くための「口ぐせ」を紹介してくれています。
目次にはその「口ぐせ」だけが並びます。「いつでも今日がはじまり」とかその言葉だけで「いいなあ」というものもあるのですが、「そうですねえ」「なんちゃってね」など、その言い回し自体には意味が(あまり)なくて、それを使う場面がポイント、というのが少なくない。ちなみに「そうですねえ」は、相手の領域、言い分を一旦受け入れる、という意味合いです。ここからも推測されますが、本書のメインテーマである「モチベーションアップ」にかかる前提として、「(自分とは環境の異なる)相手とのコミュニケーション」 という軸が貫かれています。そこには言葉だけではなく、「思い」も必要になると思うのですが、それを「口ぐせ」を通して、アウトプットしていく、というイメージですね。言葉だけではないけれども、(口から出る)言葉はとても大切。相手に伝わる、ということが第一であり、言葉を通じて自分の気持ちを伝える、ということですね。
そんなことを内包した内容ですが、いわゆる「テクニック」的なものは少ないです。やはり言葉、気持ち、そしてコミュニケーション。これができる人(持っている人)は、すなわち「できる人」であると、勝手ながら結論。個人的には、それ(思い)を持って、言葉に出して伝える、というフローの起点、つまり「相手を思う気持ち」というのは、ある程度の自分自身の「余裕」が必要かな、と思う。切羽詰まっている状態では「相手を云々」というのも出てこないしね。そのためにも「口ぐせ」が、自分自身に対しての「口ぐせ」が必要な場面もでてきますね。
前に読んだ著者の本は、「ストーリー」調だったけれども(『会社がイヤになった』)、こちらはリアルな現実。さすがコンサルタント、軽快な気分で読めるし、読後感さわやかです。書かれている文字だけではなくて、自分で考える(自分に置き換える)という領域が残されてます。きっとこの方の研修って、面白いんだろうなあ。人のモチベーションをあげる、って大変そうですけどねー。それこそ「数値化」できるものではないけれども、最終的な「数字」に向かうための間接的な要素として最重要だしね。ちょっと興味があります。

【ことば】「あと二つ方法があるはず」
たとえば企画書。ひとつは考えられるけど、あと二つ考えることで能力の幅が広がる...かなり困難な感じですが、その困難さ故に、方法を考え抜くことになるかも。視点を広げる、っていう点では結構大事かも。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する