サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「続刊予約キャンペーン」(0713-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 雑学・その他
  5. 苦手意識は一瞬で捨てられる
苦手意識は一瞬で捨てられる(中経の文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件

電子書籍

苦手意識は一瞬で捨てられる

著者 著者:梅本和比己

 みなさんにも、苦手なものが一つや二つ、あるのではないでしょうか? 私は会議など、大勢の人の前で発言するのが苦手です…。本書はあなたの中にある「苦手意識」を一瞬で(!)、捨てる方法を伝授!! 
 この本の背景にあるのは、NLP(神経言語プログラミング)というものです。でも、難しい理屈は覚えなくても大丈夫なのでご安心を。日常生活でいかせる「いいスイッチ」の入れ方が満載! もう苦手意識とはサヨナラできるのです。

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

苦手意識は一瞬で捨てられる

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本苦手意識は一瞬で捨てられる

2012/01/29 01:17

心の中の伏魔殿

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シャリア - この投稿者のレビュー一覧を見る

「どーもダメ、なんだよねー」
また一つ苦手意識回路の強化がなされた。
経験から蓄積されたリスク回避が苦手意識の正体なのかも知れない。
今までのことを、今はイメージの中で意識している。
その過去を変えられるといったら、驚く人は多いだろう。

既に実在しない現実は、イメージの中でしか存在しえない。
したがって「苦手意識」は克服するものではなく、塗り替えるものである。
本書では「捨てる」、「消す」と表現しているが、内容は「イメージを差し替える」スキルの習得だ。

最大の障害は感情。
心の中の伏魔殿から出される指令は「考えたくもない」「寄るな、触るな、消えうせろ」。
これは自らが実体のないことを隠すためのカモフラージュだ。
魑魅魍魎の恐ろしいイメージを与えることによって人を寄せ付けない。
近づかれては困るからだ。実は何もないことがバレてしまうから。わざと怖がらせている。

そこに光を当てるのが著者がいうNLPスキルだ。
まず、戦おうとするのではなく、認めてあげることだと。
「危険から自分を守ってくれている」んだね、ありがとう。
落ち着いたところで「自分の人生にとって一番大切なものは何だろう?」と問いかける。
「今日からは、意識的によい状態に連合する時間を増やしてください」と。

「恐怖症は、何かを危険だと感じた一回だけの体験から学んだもので、それはその人が、『瞬時に別の反応を学ぶ能力をもっている証拠』である」
また「『恐怖症は、その人を長い間守ってきたものであり、今までいくつかの危険から守ってくれた価値ある部分』である」と著者はいう。
その上で「状況をリフレーミングする」=「過去の歴史を塗り替える」技法が詳述されている。

苦手意識がいつの間にか恐怖症という言葉に入れ替わっているところが気になるが、
逆に、ならば得意意識に変えることも可能では、と勇気づけられる。

「どーも、できるような気がしてきた」
今度はイメージ変更の回路が強化され始める。
実体のない伏魔殿は、その役割を認められたことによって、シンデレラ城へと変化する。
なにせ、七変化が得意技なのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する