サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

12時 修正:20%OFFクーポン(0817-19)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 喜びは悲しみのあとに
喜びは悲しみのあとに(幻冬舎アウトロー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件

電子書籍

喜びは悲しみのあとに

著者 上原隆

脳に障害のある子を持つハードボイルド作家、倒産した地方新聞社の元社員たちの困難な再就職、「子殺し」の裁判ばかり傍聴し続ける女、十年間第一線で活躍しながらある日突然「戦力外」通告されるプロ野球投手。人は自らの存在を道端の小石のように感じる時、どのように自分を支えるのか? 安らぎと感動のコラム・ノンフィクション第二弾。

喜びは悲しみのあとに

585 (税込)

喜びは悲しみのあとに

ポイント :5pt / 紙の本より32おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

『honto+』連動企画 伊坂幸太郎が読んだ本

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本喜びは悲しみのあとに

2014/11/13 00:38

打海文三さんのことが書かれています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊坂幸太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家、打海文三さんのことが書かれています。打海さんは、『時には懺悔を』(KADOKAWA/角川書店)という障害児の出てくる小説を書いていますが、その打海さん自身が、障害を持った息子さんを育てていたことを、僕はその上原さんの本で初めて、知りました。生まれた時から目が見えず、喋ることもできない息子との生活を語る打海さんには、強がる様子も嘆く様子もなく、淡々としながらも力強く、そのことに胸を打たれました。

【『honto+ vol.9』掲載】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本喜びは悲しみのあとに

2006/07/09 22:15

リコン日記にはむかつくが。。。

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 事情は人それぞれ。
 何の因果かはしらないけれど、様々な不運というか、不幸に取り巻かれている人は多い。
 しみじみと、己の今に幸せを感じる一冊である。
 しかしながら、本書の中の『リコン日記』だけは、むかついて仕様がなかった。
 親の勝手でついたり、離れたり。その狭間で右往左往する子ども達がいることを両親が気にもとめていない。
 私は私。私は誰にも干渉されない自由人であって、娘とも別人格だから何をやっても良いという身勝手な言動に、無性に腹がたって仕様がなかった。
 何故、著者はこんな身勝手な人間を不幸、つまり、「喜びは悲しみの後に」という範疇に入れたのかが理解できないままでいる。
 前作が力作であり、個人の力が及ぶべくも無い世界の人々のことであっただけに、今回、このリコン話ひとつで興ざめした感じである。
 何も、流行の軽軽しいお涙ちょうだいのドラマは必要ないが、社会の底辺で懸命に生きている人のなかで、好いた惚れたという通過儀礼の展開には解せないものだった。
 親が簡単に実の子を殺め、子が一瞬の憎しみから親を殺す時代である。
 その背景を探れば、親の身勝手さ、周囲の無理解に行き着いているのではないか。
 リコンの主人公も娘からのしっぺ返しを食らうのではと思いながら、リコンの主人公の娘の不幸話を著者がまとめるなどという展開になったら、誰が不幸で誰が幸せなのか分からないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する