サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

ジョージアCoke on×hontoキャンペーン2017

電子書籍

ハンナの戦争

著者 ギオラ・A.プラフ (著),松本清貴 (訳)

ホロコーストを生き抜いた少女ハンナは、ポーランド、ハンガリー、チェコスロバキア、オーストリア、イタリア、そしてイスラエルと旅をつづけ、生きるために戦った。感動のノンフィクション物語。
実話に基づくスリル、ユーモア、そしてロマンスあふれる青春・戦争記。「どんな暗闇にも希望の光はきっと射し込む――そのことを知ってほしい。それが本書に込めた私の願いです」〈著者あとがき〉より
アメリカ医療協会(AMA)の医師として、また国際赤十字(IRC)の人道主義医師として活躍する著者は、主人公ハンナの息子。母の証言を元に取材を加えて綴ったノンフィクション。
《あらすじ》ポーランド東部グリニャーニ村にロシア軍が進攻してきた。共産主義下で村は復興し、ユダヤ人のホフベルグ家は平穏な日々を送っていた。少女ハンナは西の大都市リヴォフの寄宿学校に通うために村を離れる。だが、ついに怖れていたナチスドイツ軍の侵攻がはじまった。恋人と別れ、村に戻った少女を迎えるのは、ナチスに加担するウクライナ義勇軍の残忍な仕打ち。やがて、すべてのユダヤ人に対して理不尽な命令が下される。それはゲットー(ユダヤ人居住区)への強制移住であった。家族と離れ、孤独の身となったハンナは、父アーロンとの約束を胸に、自由を探し求める旅に出発する。

ハンナの戦争

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)