サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 禁煙ファシズムと断固戦う!<電子特別版>
禁煙ファシズムと断固戦う!<電子特別版>(ベスト新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

禁煙ファシズムと断固戦う!<電子特別版>

著者 小谷野敦(著)

 2003年に定められた健康増進法は「分煙」の配慮義務を定めているだけなのに、理不尽な「全面禁煙」へ向けてのすさまじい禁煙ファシズムが進行している。この著者の怒りを、全国の喫煙者は必ずや共有できる。
  「前著『禁煙ファシズムと戦う』で私は、禁煙運動家らに、ちゃんと議論をしろ、と告げた。だが、それはもう無効である。もはや、この戦いは『仁義なき戦い』に入った。(中略)魯迅に『フェアプレイは早すぎる』という文章がある。私もまた、もはや紳士的に語っている段階ではないと考えている。だから、『口汚い』といった批判に関しては、一切反省していない。それほどに禁煙ファシズムはひどいものなのである、と言っておく」(「はじめに」より)

 ※本電子書籍版では、2005年9月20日に小社より刊行されたベスト新書『禁煙ファシズムと戦う』(小谷野敦 編著、斎藤貴男栗原裕一郎 著)より、序文と第1部を巻頭に特別収録しております。

【目次】
<特別収録>
『禁煙ファシズムと戦う』より
 ●序文(小谷野敦 著)
 ●第1部 禁煙ファシズム闘争宣言(小谷野敦 著)
<本編>
『禁煙ファシズムと断固戦う!』
 ●漫画禁煙者の人権は無視されている!!
 ●私的禁煙ファシズム年表
 ●はじめに
 ●第1章 さらば東京大学――わが「禁煙ファシズム」との戦い
 ●第2章 禁煙ファシズム闘争記(二〇〇七年五月~十一月)
 ●第3章 禁煙ファシズム闘争記〈ゲリラ戦篇〉(二〇〇八~二〇〇九年)
 ●第4章 ブログ罵言集
 ●あとがき――禁煙ファシズムとさらに戦う
 ●初出一覧

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

禁煙ファシズムと断固戦う!<電子特別版>

電子書籍ストア
20%OFFクーポン
「電子書籍ストア 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本禁煙ファシズムと断固戦う!

2010/02/05 00:14

悲しみを通り越して「おかしみ」の境地に突入しつつある小谷野敦という希有な存在。がんばれ!小谷野敦!!

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

禁煙ファシズムと悲壮な戦いを続ける小谷野先生。やっとありつけた、愛する母校、東京大学大学院駒場の職業を棒に振ってまで小谷野先生が通した筋とは一体何なのか。結局、最後まで理解することは出来なかった。彼の言っていることはシンプルだ。「分煙は良しとしよう。しかし社内全面禁煙や館内全面禁煙は喫煙者の人権を不当に無視した禁煙ファシズムだ」「百歩譲って屋内の禁煙は認めよう(もしかすると小谷野先生はここまで譲歩してないかも!)。しかし構内全面禁煙とか路上喫煙全面禁止というのは行き過ぎで憲法違反の禁煙ファシズムだ」と相手構わずストリートファイトよろしく小谷野先生が「行き過ぎた禁煙嫌煙」に抗議し不快の意を表し続ける、そんな内容の本である。だから中身は驚くほど薄い。それを伸ばしに伸ばしているうちに一冊の新書になってしまったという感じだ。

どうも小谷野先生とか齋藤貴男あたりは「ファシスト」とレッテルを張ると相手が引くとでも思っているのか。そもそもどうして喫茶店や食堂、デパート、飛行機、新幹線が次々と「全面禁煙」になっていき、それがまた多くの人々に支持され続けて今日に至っている、その背景に思いを馳せたことはあるのか。どうもそれが微塵もないようなのだ。それが不思議である。私は中学校の英語の教科書で「公共の場でタバコを吸う時は欧米では周囲の人にMay I smoke?と許可を求めるのが当たり前です」と習った。実際に欧米でそんなことをしているスモーカーは一人も見たことがないが、もし全ての喫煙者がこうしたマナーを実践していれば、もう少し展開が違っていたのではないか。私は誰憚ることない禁煙ファシストなので、このファシストの立場から言わせてもらうと「全面禁煙」が導入されるまでの喫煙者のマナーは酷すぎた。それこそ「アグレッサー(侵略者)」「ブッチャー(殺人鬼)」の呼称に相応しいものだった。例えば、あたり構わず周囲の迷惑も顧みず紫煙を吐き散らす傍若無人ぶりはどうだ。今でもそうだが、喫煙者が10人もたまると喫茶店はガス室と化す。スターバックスは全面禁煙だから伸び伸びと長居が出来るが日本のコーヒーチェーンはゆるい分煙しかしていないのでガス室化している店舗が山ほどある。喫茶店だけではない。せっかく美味しい鮨屋にいって鮨を家族で味わっているのに、隣席にスモーカーが来ると台無しである。タバコの煙は味覚の敵で、煙が漂ってくると、もう鮨の味は分からなくなる。酷いのになると鮨とタバコを交互に味わったりしていた。こういうバカが庶民の間に怒りのマグマを溜め込んでいたのだ。飛行機だってそうだ。禁煙席を頼んだのに、一列前が喫煙席で、そいつがのべつ幕なしにタバコを吸っているとこっちは地獄の苦しみである。東京都千代田区の神保町は、つい最近まで小さな子どもを連れて歩けなかった。行きかう人の大半が指の間に火のついたタバコをはさんで手を振りながら歩いていたからだ。火の付いたタバコを小さな子どもの目になど突き刺したら、その子どもは下手をすると失明している。だから私は千代田区が路上を全面禁煙にしたとき大声で万歳を三唱した。まだある。小谷野先生は路上喫煙がお好きだという。小谷野先生はマナーに五月蝿い方だから、当然携帯用の灰皿をもっていて、吸殻をポイ捨てするなんて無作法なマネはしていないことと思う。しかし世の中のスモーカーの多くは、今も平気でタバコの吸殻を路上に投げ捨てている。私は家路に帰る途次、持参しているスーパーのレジ袋を広げては路上に投げ捨てられている膨大な数のタバコの吸殻を全てかき集めて道路の美化に努めている。もし小谷野先生が路上でタバコの権利を主張されるなら、禁煙ファシズムを主張されるなら、同士と組んで最低でも月に一度くらいは先生がお住まいの杉並や隣接する世田谷の道路上に落ちているタバコの吸殻をボランティアで拾い集めたらどうか。こうすることで、世にいる喫煙者たちのマナーが如何になっていないか、この喫煙者のマナーが嫌煙者の怨嗟の的となり、嫌煙者を禁煙ファシズムへと駆り立てている理由が少しは理解できるだろう。あまりファシズム、ファシズムと連呼して被害者ヅラする前に、喫煙者の啓蒙も必要であることを小谷野先生は知るべきだ。

私は最近、よく中古の一戸建てを見学に行く。そこで思い知るのは、元のオーナーが喫煙者だったかどうかで壁紙や障子の汚れ方が全然違うということだ。ヘビースモーカーが住んでいた部屋なんか、壁紙に家具の形が写し取ってある。まるで原爆の被害にあった部屋のような感じだ。障子も完全にタバコのフィルターと化している。ニコチンでまっ黄色だ。このニコチンが全部肺に入って、健常でいられるわけがない。

小谷野先生、そろそろ指先に変化が現れているんじゃないか。タバコを長年吸っていると肺が侵されて、全身の細胞組織に十分な酸素を送ることが出来なくなる。その結果が端的に現れるのが爪である。手の爪先に十分な酸素が送られないと爪は縦だけでなく横にも伸びるようになり、まるでカバの爪よろしく指先の半分を覆うようになる。これをカバ爪、もしくはバチ爪という。手の指の爪が幼稚園小学校の時分とは明らかに異なっている状態であることを確認した頃には、既にあなたの肺は取り返しのつかないまでにタバコに侵され、その機能を低下させているのだ。小谷野先生、指先をじっと見つめてみてくれ!

あと、タバコの害と自動車の排気ガスの害をリンクさせるのは得策ではないと思う。自動車の排ガスはどんどんクリーンになっており、最近ではハイブリッドカーも爆発的に普及し始めている。このことは知っておいたほうが良い。

ただ、ここが小谷野先生の人徳だと思うのだが、小谷野先生、いきり立てばたつほど、滑稽と言うか哀れと言うか、言い知れぬ「おかしみ」を持ってしまうのだ。たかが喫煙ごときにここまで悲壮に思いつめ、憧れの愛する母校東京大学での就職を棒に振り、やっと築いたはずの地位を自分から壊し生活的に追い込まれていく。その姿は哀れを通り越して、ほとんどジョークに思える。小谷野敦、頑張れ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する