サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. 女性向け
  5. 緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中
緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中(一迅社文庫アイリス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件

電子書籍

緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中

著者 著者:日向 夏,イラスト:くにみつ

「盟約に従い、王都に来てもらおう」
最凶最悪の仙女・女禍に間違われてしまった少女・小鈴。彼女は、仙人の郷にやってきた冷淡な青年文官の亮孔に、無理やり契約の印を刻まれてしまう。しかも、皇位継承権を持つ香蘭公主のために、離宮で働くことになってしまって……。常に暗殺の危険にさらされている公主のそばで、人違いで実力もないのに、どうしたらいいの!?
誤解からはじまる、堅物青年と気弱な仙女の中華風ファンタジー。
※高解像度データを使用している作品もございます。電子ペーパー端末では表示しきれない画像もございます。

緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中

540 (税込)

緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 18.9MB 無制限
Android EPUB 18.9MB 無制限
Win EPUB 18.9MB 無制限
Mac EPUB 18.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

良いキャラクターに目を付けた

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

おっさんなのに,「少女小説」を買って読んでしまった。それがこの本。買った理由は,題名に「仙女」とあったから。読了するまでそういう本とは知らなかった。
「魔法と呼ばれる,現実世界では存在しないとされる手段・能力を持った少女」が主人公,或いはヒロインという創作物は,少なくとも我が国では様々な分野に色々と,「商業作品」として発表されている。それは即ち,「そういうキャラが登場する物語に需要はあるから」と説明出来る。
が,「それ」に似ている存在である「仙女」は私が知る限り,我が国においては民間伝承を含めても,「全くと言っていいほど」存在しないのである。
国語辞典的に説明すれば,「魔女」とは「魔法を使うことが出来る女性」である。それに倣えば「仙女」とは「仙術を使うことが出来る女性」という説明になる。東洋と呼ばれる地域に属する我が国では,この両者を比較した場合,「仙女」の方が親しみやすいはずである。
「魔女」というと「老女」であるとか,「邪悪な存在」という印象をお持ちの方も多いと思う。何らかの「負」のイメージを「あらかじめ」持っているとも言える。私が参加していたネット掲示板に書き込まれた体験談だが,魔女に関心のある米国留学中の女子学生が「魔女」について現地の人と話したら,「あなたが言っているのは『魔女』ではなく『賢女』じゃないの」と返された経験があったそうである。
一方,私の知っている話が極めて少ないとはいえ,「仙女」には「老女」という「外見上の負のイメージ」はあまり存在しない。また,「悪の仙女」というのも45年前の時代劇「妖術武芸帳」以外には私は知らない。単純なキャラ設定は慎むべきとは思うが,
「不思議な力で人々を救ったり,夢をかなえてくれる美少女」という登場人物を創造する場合,「魔法少女」以上に「仙女」という存在・キャラクターは活用されて良いはずである。殊,我が国においては。
本作の時代・舞台は現代日本ではないが,「一応」その線で書かれている。まあ,主人公の母は「生ける災厄」とも呼ばれるし,仙術の使い方も「魔法少女という題名の戦闘少女物」と大差は感じない。ラノベは特に「絵」が命なのだろうけれど,ヒロインは残念ながら私の好みの風貌ではない。
だが,本作はあまり使われることが無かった気がする「仙女」というキャラクターを,見事に活用することに成功した印象を私に与える。これがもし題名に「魔法少女」だの「魔女」だの付いていたとしたら,私が興味を持たない「異国情緒」以上に,「また戦闘ヒロインか」と「失望感」の方を強く感じたと想像する。折角の「不思議な力」を戦闘行為にしか使用しない,って私が作者なら勿体無いから書かないと思う。
善の魔法使いや仙術使いの少女が,術を駆使して戦ってもいいのだけれど,私はもっと「平和」な作品を楽しみたいのだ。ところが面白いことに,本来なら苦手なはずの内容の作品も「仙女」という言葉一つで正に「仙術の様に」私への印象が変わった。
これはこれで楽しく読むことが出来た。しかし,日本に似合う「ファンタジー物のヒロイン」属性が登場したこともまた事実である。後は,作者ではなくてもいいし,作者なら尚いいのだが,空間だけでも日本に舞台を設定し,仙女が活躍する「物騒ではない」物語を期待する。これが「読者」,即ち客としての要望である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。