サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 趣味・ホビー
  4. アウトドア
  5. ヤマケイ文庫 穂高に死す
ヤマケイ文庫 穂高に死す
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

ヤマケイ文庫 穂高に死す

著者 安川 茂雄

近代アルピニズム発祥の地、穂高連峰では、数々の輝かしい初登攀記録の陰で凄惨な遭難事故が起きていた。
加藤文太郎(北鎌尾根)、大島亮吉(前穂北尾根)、松濤明(北鎌尾根)、茨木猪之吉など、名だたる登山家が槍・穂高の露と消え、前穂高岳のナイロンザイル切断事件、「松高」山岳部の栄光と悲劇など、登山史に影を落とす事故も穂高を舞台に繰り返されてきた。
穂高における山岳遭難の歴史を振り返り、連峰に若くして逝ける登山家たちの群像を描いた話題作を文庫化。
昭和初期から第2次登山ブームの30年代まで、穂高連峰で起きた遭難を、歴史を軸に紹介する。

ヤマケイ文庫 穂高に死す

778 (税込)

ヤマケイ文庫 穂高に死す

ポイント :7pt / 紙の本より194おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.7MB 無制限
Android EPUB 8.7MB 無制限
Win EPUB 8.7MB 無制限
Mac EPUB 8.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本穂高に死す

2015/09/29 12:33

40数年ぶり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iwanadome - この投稿者のレビュー一覧を見る

20代前半で山登りを始めた頃、山の本も良く読んでいました。その中の1冊で大変感動したのを覚えています。当時の単行本がどこかにあるかと探してみたのですが、見つからず文庫で再読しました。今読んでみるとやはり少し古くなっているな、内容も書き方も、と思いますが、読んでみる価値のある本です。
さて、この文庫版の解説(遠藤甲太)(8ページ)ですが、ちょっと頂けません。内容的に解説になっていないと思うのですが、編集の方はどうお思いなのでしょうか。書評の一文としてでもヤマケイに載る分にはいいのですが。
同じ著者で「霧の山」という小説がありました。こちらは純然たる小説だったと思います。内容は忘れましたが、当時読んで面白かったという感想だけが残っています。こちらも文庫で再刊されては如何と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本穂高に死す

2015/08/26 11:50

いつまでも色褪せない山岳史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者の安川茂雄氏は亡くなって既に40年以上経つのに今でもその書は古びていないと思う。
時代は確かに明治大正から戦後の時期まで取り扱っているので今の岳人やアルピニストを自認する人が読むと???みたいな部分があるかもしれない。
そう言った方は山の風俗も勉強するつもりで掲載の写真や他の著作などを通じて、予め予備知識を持ってほいて欲しい。
幾つもの遭難を取り上げながらリアルタイムに感じる筆者の筆力には感心する。
惜しむらくは昭和一ケタ世代故なのだろうか言い回しが多少古臭い部分が多く、鼻につくと言えば言えなくもないし、分り難いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する