サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 趣味・ホビー
  4. アウトドア
  5. ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難
ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難(ヤマケイ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件

電子書籍

ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

著者 羽根田 治

人気の高いヤマケイ文庫ドキュメント気象遭難がついに電子化!

山で起きる大きな事故のほとんどは、気象の急激な変化による事故、いわゆる「気象遭難」であろう。
その原因はどこにあるのか、防ぐ方法はあるのか……。

新旧の気象遭難事故から、季節別に「雪崩」「落雷」「低体温症」など7件のケースを取り上げ検証する。
「文庫のためのあとがき」では近年の気象遭難事例をフォロー。

ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

691 (税込)

ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 17.6MB 無制限
Android EPUB 17.6MB 無制限
Win EPUB 17.6MB 無制限
Mac EPUB 17.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本を持っていましたが省スペースに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄梅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍版をみつけたのですぐ買いました。文庫版の電子書籍化で、てもとの初版からさらに文庫版あとがきつき。遭難ケーススタディシリーズのうちでもこの気象遭難が一番読むのがしんどいかも。亡くなるお話が多いので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドキュメント気象遭難

2018/06/30 15:17

危険なのは山よりもそもそも天候の急激な変化!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

7件の気象遭難(予想できない急激な天候の悪化)事故を取り上げ、実際の出来事を当事者から聞き込んだ事故までの流れと原因の究明と検証。
どこかのんきだった『道迷い遭難』に比べてこの本の空気は重い。気象遭難は大規模遭難を引き起こすことが多いから。実際、これまで読んできたシリーズの中でも死者の数は多い気がする。なんでこんなにやりきれない気分になるのに山岳遭難本を読んでしまうのだろう、やっぱり根本的に理解できない何かがそこにあるとしか思えない。
2002年の7月に起きたトムラウシ山での遭難事故は、この前読んだ2009年7月の大量遭難事故のルポをまた読んでいるような気になるほど類似点が多い。
筆者が『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』の中で何回も痛恨の極みを見せていた理由がわかった、7年前の教訓が何一つ活かされていないからだ。
北東北もわりとそうだけれど、北海道の山は標高に関係なく日本アルプス等の本州の真ん中あたりにある山とは空気が違う。そういうことを知らない登山者・・・恐ろしいとしか言いようがない。
最後の剱岳での遭難の話、どこかで読んだことがあるような・・・。

やはり“遭難”というのは非常事態だからなのだろうか、それとも常にそういうことを念頭に置いて登山部やら山岳会に所属している人たちは行動しているからなのか、体験談をこうやって読むと「あ、もう駄目だな」と仲間の死をあっさり受け入れていることが多いんですよね・・・その感覚が、わからない。
自分自身が生命のやりとりをするような仕事でもないし趣味もないから、と言ってしまってはそれでおしまいですが、この本に登場する人々は別に登山は仕事ではないわけで、「なんでわざわざ?」という気持ちを消し去ることができないのです。
「山をなめるな」とか「山は恐ろしい」とか言われますが、ほんとに恐ろしいのは“天候の急変”なわけで、山はその急変する兆候が平地よりはるかに読みにくいし何か起こったとき逃げ込む場所がないという意味で「なめてはいけない場所」なわけです。
天候に問題なければ全然普通の場所だったりするし。だからこそ、天候の異変を感じ取る力をつけたものしか登ってはいけないし、引き返すという瞬時な判断ができる人じゃないと無理、ということになるんだと思う(それでも遭難することはあるのだから人間の力なんてちっぽけです)。
そして後付けではあるのだが、遭難して亡くなってしまった人について「なんとなくいつもと違う感じがした」と直前に会った人や生存した同行者が証言していることが多い感じ。違和感に自分で気づいたら強行しない勇気、もしかしたらこれがいちばん大事なことなのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する