サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. その他
  5. 図書館は、いつも静かに騒がしい
図書館は、いつも静かに騒がしい(SKY HIGH文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

図書館は、いつも静かに騒がしい

著者 端島凛

就職活動で挫折し、半年間ひきこもっていた23歳の菅原麻衣。偶然見つけた区立詩島図書館の求人に応募したところ、あっさりと採用される。いざ出勤してみると、本を手放したくないと泣きじゃくる女性や何でもミステリーにしたがる男性、妙な歌を自作するおはなし会が得意な主婦など、同僚は変人ばかり。
これまで図書館に興味がなかった麻衣は周囲の情熱に後ろめたく思いながらも、仕事を通じて来館する人々と触れ合ううちに自分の気持ちが変わっていくのを感じ――。

図書館は、いつも静かに騒がしい

734 (税込)

図書館は、いつも静かに騒がしい

ポイント :6pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.4MB 無制限
Android EPUB 8.4MB 無制限
Win EPUB 8.4MB 無制限
Mac EPUB 8.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

図書館に興味のない人こそ読んでほしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館でのお仕事をテーマにした作品は多いのですが、そこに出てくる司書さんは大抵が「本が好き」だったり、「図書館が好き」だったりしている人が多い。
「本当に本が好き!」か、あるいは「何となく好き」なのかという《好き》の程度は違っても、どこかで「好き」を感じさせる描写があるのですが…このヒロインは、図書館や本に執着をまったくと言ってもいいほど持っていない。
図書館司書の採用枠はかなり狭いため、ここまで情熱を持っていない人を雇うかどうかという疑問はありますが…物語としては大成功!
図書館や読書にまったく興味のなかった人だからこそ、図書館司書という仕事はこういうことなんだと細かく反応してくれて、図書館にまったく馴染みのない人に、見えない部分での仕事の大変さを伝えてくれます。
「図書館が好き」「読書が好き」という人が主人公となった作品の場合、多少の理想像が描かれるため、図書館素人さんは置いてけぼりにされてしまったり、思想の押しつけが感じられることもあるのですが、この本ではそういった大きなテーマはなく、図書館で働いている人には「あるある」と思ってしまうネタが満載。
図書館小説の初級編として楽しむことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する