サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

20%OFFクーポン(1015-18)

悪魔とラブソング(マーガレットコミックスDIGITAL)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件

電子書籍

悪魔とラブソング 完結

著者 桃森ミヨシ (著)

十塚学園は偏差値やや低めの共学校。ある日、県でトップクラスの聖カトリア女子を退学になったという転入生が…。彼女の名前は可愛マリア。退学の原因は「教師への暴力事件」。飾り気なく真っ直ぐな言動のせいで、マリアはクラスから孤立していき…。

悪魔とラブソング 1

401 (税込)

悪魔とラブソング 1

ポイント :3pt / 紙の本より20おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 42.1MB 無制限
Android EPUB 42.1MB 無制限
Win EPUB 42.1MB 無制限
Mac EPUB 42.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

悪魔とラブソング 桃森ミヨシ「悪魔は世界を変えてゆく」

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:片山友彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の可愛マリアは相手の図星をつき、本質をみぬくから、周囲から嫌われる悪魔、ってわけじゃない。
相手が彼女の中に、鏡にうつった自分の嫌な姿を見させられる。
だから悪魔。自分の中に暗闇の心を持つ人にとってはマリアが悪魔に見える。

この悪魔の定義は、普通にファンタジー的な悪魔というよりも意味合いが深く気に入った。
「あんたは人を汚れさせる」と言われた主人公が、周囲の世界や人を変えてゆく話。と同時に、マリアも少しずつ居場所を獲得していく物語。
まわりのキャラも、自分のことを好きになれてない、つまり自分の生き方に負い目があったり自信がなかったりする人が多い。それがマリアによって、自分を受け入れたり自分のことを好きになっていったり変化するんだろう。

最終的な目的は、登場人物キャラ全員が胸をはって「自分のことが好きだ」「大好きな人がいるんだ」と言えるようになる事だと思う。その中心にいるのがマリア。
そしておそらく物語の終盤に関わってくるのが、マリアが退学になった学校に関係のある人達だと思う。
孤高で清廉潔白なマリアが、意識せずその不器用さにより人を傷つけている、そんな自分を嫌っている。それを乗り越えて自分を好きに、そして誰かを好きになる為には、周囲の人を変えるだけでなく、周囲によって自分も変えられなければならない。

しかしマリアがあまりにも孤高で潔癖で白く、精神的に強い為、それが魅力になってはいるのだが、彼女を変化させるのは相当な労力を要するとも思う。日常で見せる靴に名前をつけたり、ちょっとした表情の変化などはとても可愛らしく感じさせる。ギャップの勝利か。

つまりこれは、かなり長い話になるように思える。1巻だけ見ると序盤に感じられるのだ。まとめて読みたい漫画かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

信じるって何かを考えさせられる作品

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんだダッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人宅にあった雑誌でこの漫画を知り、一気に読みました。というわけで、
現在3巻か4巻くらい?に入る部分まで一気読みし、内容を知っているのですが、見てみてびっくり、
コミックはまだ1巻しか出ていなかったのかノという事で、この1巻の欄に感想を書きますが…


いいシーンが
いいセリフが
いいものがいっぱいあります!
特に3、4巻?あたり。(今読んだところ辺でして)

めぐ、優介、友世とマリアのやりとりのシーンはもうボロボロ泣きました。


最初はラブリー変換の意味さえ、マリアと優介では食い違っています。
感情はすれ違い、未熟さも見受けられ、相手への気持ちも報われない…
マリアが信じる事をつらぬき通そうとしてるのも、自己完結でしかなかった。

でも、少しずつ相手を知り、自分を知ってもらい、交流していき、
気持ちが通じ合う。

それだけではない、譲れない一線というのをそれぞれのキャラが持っていて
決して奇麗ごとだけではない事を見せてくれる。
でも、その奥にある気持ちは本当に純粋で…

最初の1話からずっと一貫して「信じる」という事はどういう事なのか
というのをテーマにされています。
話が進むにつれ、その意味がどんどん深みを増してくる。



信じるっていうのは自分だけで出来る事ではないんだと。



だんだんと明らかになってくるマリアの過去や、他の登場人物たちが抱えている背景も
なかなか興味深いですし、続きが気になります。
そしてめぐの恋心がまたきゅんきゅんします。優介の時も結構きゅんってくるものが
ありましたが、その次にきためぐのターンの方がかなり個人的に良かったです。

彼らの恋愛もどうなるか気になるけど、謎や伏線も多いし
アメイジンググレイスという曲ひとつにしても、この曲の成り立ちを知っているので
マリアが何故これを歌うかを思うとせつないんですよね。
ケルトクロス(○がついている十字架)は、一部ではマリア像信仰だったりするし、
なにげに話と絡んでいる部分がマニアックで丁寧でこういうところも好感。
というわけで早く続きが読みたいです。これからは雑誌で追いかけ決定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

強い言葉に心動かされるクラスメート

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

少々露骨というか、強引なやり方ですが、マリアの辛口がニッパチや優介の心を動かしていきます。

そしてマリア自身も、周りを傷つけずに自分の思いを伝えようとラブリー変換をマスター中。

というか、2巻は担任がヤな奴すぎる!!マリアの言葉には本当に力がありますね。担任でさえ、マリアに嫉妬してムキになるなんて。売り言葉に買い言葉のように引き受けた合唱コンクールのリーダー。波乱の予感てす。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

キャラの立ち位置がとてもハッキリしている作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにキャラクターの善悪がハッキリした作品はマーガレットだと珍しいかも。

少女マンガの主人公って、もっとふわっと可愛いようなのをイメージしているんですが、マリアはクセが強いですねー。正直友達にはしたくないタイプです。

みんなそれぞれ、ズルしたり我慢しているところがあって表面上うまくやっているところを踏み荒らすマリア。だけどそれが正しいがために周りから煙たがられてしまって切ない!!

悪気はないんです!!優介とかめぐとか、もっと彼女を理解しようとしてくれる人が現れてほしい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正直なマリアがいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

無料2巻しか読んでませんが、おもしろかったです。
人に対して適当にうまくやっていた優介が、マリアの影響でだんだん
自分を出していくようになります。
優介がマリアのクロスを取り返しにいく場面がいいですね。
ただ、巻が長いので続きはどうしようかなという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マリア

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

県内有数の学校を退学し、偏差値が低い学校へ転入してきたマリア。原因は暴力事件。タイトルから想像するとマリアが相当悪そうですが、そんなに悪くない。彼女を理解してくる人がどんどん増えていきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学校改善? 気を長くして待って

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:透子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルがタイトルだったので、学校改善していくのかなぁ、と思ったのですが……

きつい物言いに誤魔化されるけど、まっすぐないい子ですよね。不器用が過ぎるだけで!
教師どうかしてるんじゃないですか?
前の学校の暴力行為も、あれはきっと裏があるでしょう。
理不尽が続きそうなので、気を長くして待ってください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する