サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

KADOKAWA ライトノベル全品ポイント50倍(~5/5)

電子書籍

女王の花新刊

著者 和泉かねよし

亜国(あこく)の姫でありながら冷遇されている亜姫(あき)。幼いながらも母の世話をしながら、明るく生きる亜姫はある日、金の髪と天の色の眼(め)を持つ奴隷の少年・薄星(はくせい)と出会う。境遇の違いを超えて、強い絆(きずな)で結ばれる二人だったが、その先に待っていたのは…!? 和泉かねよしの描く歴史ロマン超大作、待望の第1巻!!

女王の花

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.3

評価内訳

ついに完結

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アンリエッタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

薄星と亜姫の生き様に涙。土妃との最終的な関係も意外だった。最後は亜姫が薄星と千年の花のおかげで会えて良かった。亜姫の体が消えてたり、二人が若返ってたりで謎が多く、解釈も色々できるけど、二人が今度こそ普通の男女として一緒になれて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少女漫画で一番好きな作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日 長く連載されていたこの作品も最終回を迎え 大好きな作品の続きがもう見れないなんて…と 地味に女王の花ロスに陥っている自分であります。 小さい所から主従関係とはいえ いつも一緒にいて励まし合ってきた姫様と金髪で青い目の少年は 成長していくほど 立場の圧倒的な違いに苦しみ、母を殺され 祖国を奪われた悲しみ、憎しみにも覆われ続け いつか訪れる別れをずっと予感しながら 戦に突入することになります。 登場人物は皆非常に丁寧に描かれていて 歴史ロマンに相応しい。 本当なら心が押しつぶされそうな状態で 国のために立ち上がるヒロインには心のよりどころはもはやただ一つなのに 添い遂げることが叶わないことに 人知れず涙する姿は 何度読んでいても こちらも泣きそうになります。 ここ最近のコミックの中では一番好きでハマった作品ですね。 全巻そろえる予定です。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いよいよ大詰め

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rinren - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦いも恋愛もいよいよ大詰めです。
この後どうなるかは、この巻の終わり方からある程度察しがつきますが、やはり目が離せません。
こんなに苦労したので、読者としては幸せになってほしいのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍女王の花 14

2017/01/29 02:59

切ない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aoringo - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻前と言うことでいっそう波乱なストーリーになっていました。そんな中で亜姫と薄星の幸せな場面もあり、とっても内容の濃い巻でした。各巻の最初に散りばめられていた伏線も次回分かるのかと思うと楽しみですが、暗示されている語りがバッドエンドを想像させ、読むのがすこし怖いです。どんな形でもいいので亜姫と薄星には幸せになってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

嗚呼遂に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう何だか表紙を見ただけで泣きそうです。嗚呼遂にここまで来てしまったんだなという感慨深さがあります。次巻ラストなので最後までしっかり見守りたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっぱり大好きな作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

母を失い 祖国を追われ はく星が支えてくれることで 強く生きていける亜姫にも心の変化、周囲の大人たちの気持ちに気が付ける成長が描かれていきます。 自分の立場、これからなさねばならぬ事、女王になるべく教育してくれる、母のかつて側にお仕えしていた人への感情が少しずつ高まっていく様子、それを少し離れたところで悲しく眺めるはく星の様子は なんとも切ないです。 この主従関係は このまま一緒にいることでは解消できないジレンマに気づきつつ 亜姫のためなら 命を投げ出す覚悟で剣術の鍛錬に精を出すのは なんとも言えませんね。 毎回 読むたび 気持ちが熱くなる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最初からどんどん引き込まれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな作品 女王の花の ヒロインの幼少時代を中心に描かれています。これほど母親思いの まだ幼い可愛い姫様。 女王である母が不当な扱いを受けていて 孤独を感じながらも まっすぐに育った明るくて賢い姫様は 奴隷として金髪で青い目の男の事出会います。主従関係ではありながら 友達であり家族でありといった間柄の2人は 母親が殺され 国を追われて尚更強固な絆となっていくわけですが 成長するにしたがって大きな渦に巻き込まれていく、国を背負うことの覚悟に 実感を覚えていき悩み生きていく事にもなります。 この作品は人物描写も丁寧でそれでいてユーモアも随所にあるので どんどん読み進めていけちゃいます。 オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そろそろ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:P子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人のもどかしい距離感が何とも切ないです
フラグ立ちすぎて薄星がすごく心配…
亜国の王子の容体も悪そうだし、次巻もすごく気になります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍女王の花 11

2016/11/30 23:32

素晴らしい姫と従者の青年との絆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近のコミックの中では一番好きな作品です。 長らく連載していましたが いよいよ12月に最終回になる作品なので 今からドキドキです。 スケールが大きく 美しい姫であるはずなのに 父である王にも 第2王妃にも ぞんざいな扱いを受けて 国をおわれてしまう、といった悲しいスタートなのですが 従者とし側にいる 青い目と金髪の美しい青年が支えてくれます。 姫は初めて恋を実感した相手は 死んだ母の愛人と世間で言われていた男性。 でも最後は壮絶な死を迎えるわけです。 この作品は読むたび 涙。民のために、国のために、母の敵のために、と進んできたヒロインはやがて最大の悲劇に向かっていくのかどうなのか。 ハッピーエンドは難しいのかもしれないけれど 実際そういった最終回だったら ちょっとショックが大きすぎる…なんて思っています。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遂に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:不思議の森 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよクライマックス!
第1巻の冒頭を
思いだしました。
薄星はどうなるのか!
ドキドキの別れです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いよいよ次巻ラスト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人が幸せに笑える日は来るのか?
こんな時代に生まれなければよかったのか?
亜姫と薄星、これが最後と結ばれるが、敵の追っ手を
亜姫から遠ざけるため置き去りにしてしまう薄星。
最後、春琴と名乗る少女の正体は?発した父と兄とは誰?
亜姫は女王となれたのか?
もう最終巻なんだと想うともう一度読み返したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

韓国ドラマみたいな面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:momoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓流ドラマの様にダイナミックに
女の子の人生が描かれてます
私は大好きです。また架空の国なので
歴史ものに弱い人でも
楽しめます。これからずっと巻数が続くようなので
いったいどうなるかが気になります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍女王の花 10

2016/04/22 16:49

最高です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

白もハクセイもがんばれー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍女王の花 13

2016/04/16 20:50

亜妃と薄星どうなるの??

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎回、近づいては遠ざけ、遠のきと。亜妃の母と青徹のように離れては欲しくないと思いつつ、悲しい結末はこの二人にはしてほしくないと願いつつ。旦の腹もいまひとつ分からない、複雑絡まる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悲しみがとまらない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シェリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

亜姫と薄星の恋愛が一瞬進みかけたが、やはりうまくいくわけはない。
未来はない二人。切な過ぎる。
死してなお、亜姫のを導き、守り、そして、今回は新たな絶望と恐怖を与えた青徹。
亜姫にとってもそうだけど、読者である私にとっても青徹がいなくなった時の喪失感はとてつもなかった。
亜姫はこれからどうなるのか・・・。
クライマックスは近そうだけど、まだまだ苦しんでいくのだろう。成長していくのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する