サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

12時 修正:20%OFFクーポン(1116-18)

【全1-6セット】凍りの掌 シベリア抑留記
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 販売開始日:2015/10/05
  • 出版社: 講談社

電子書籍

【全1-6セット】凍りの掌 シベリア抑留記

著者 おざわゆき(著)

凍りの掌 シベリア抑留記の全1-6をセットにした商品です。物語は昭和18年、東京から。主人公・小澤昌一は東洋大学予科の学生。東京・本郷の下宿先で「おかわりは無いんです」が...

もっと見る

【全1-6セット】凍りの掌 シベリア抑留記

540 (税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ ダウンロード期間 閲覧期限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象商品はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

凍りの掌 シベリア抑留記の全1-6をセットにした商品です。物語は昭和18年、東京から。主人公・小澤昌一は東洋大学予科の学生。東京・本郷の下宿先で「おかわりは無いんです」が口癖の女将さんや、志を共にする友人と、銃後の暮らしの中にいた。戦況が悪化する昭和20年1月末、突然名古屋から父が上京し、直接手渡されたのは、臨時召集令状だった。第44回(2015年度)日本漫画家協会賞コミック部門大賞作! 同名単行本より、「第一章 出征編」前編を収録!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

何もわからずに、ただ命ぜられ、処遇されることの辛さこそ耐え難いものではないかと想像するしかないのだが

2016/11/26 19:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和時代の初め日本が戦争を行っていたということが今語られる時には、いわゆる太平洋戦争のことが多く、中国大陸での戦争についてはあまり語られていないように思う。私たち世代でもすでに歴史の教科書の事項としてしか知ることがないが、それでもやはり中国大陸での戦争はある種単語の羅列でしかないように思える。
そこには色々な理由があるのだろうが、日本人として知らないでいるわけにはいかないだろうとは思う。だが、どのようにして知れば良いのか。
すでに戦後も70年以上が経過し、戦争体験者もかなり少なくなってしまった。私の周囲には幸いにして(?)従軍経験者もおらず、勤労動員や空襲の経験をわずかに聞いたことがあるだけだ。
同じ著者による『あとかたの街』を知り、その著者の父親の体験を描いたマンガもあるということでこのマンガを読んだのだが、本当に歴史用語としてしか知ることのなかった「シベリア抑留」「強制労働」を体験者の言葉として知ることができたというのは大切なことだと思う。
しかし、聞き描きはやはり聞き描きだ。この著者のマンガのタッチのせいもあるのだろうが、どこか淡々と聞き知った事実を描いているように思えてならなかった。もちろん、リアルに描けばいいというものではない。単純な線の淡々としたタッチで描かれているからこそ、抑留体験がいかに悲惨なものであったのか、そういう境遇に置かれた人間が諦念の境地に至ってしまうものなのだということが、かえってよく伝わってきたように思う。
それにしても、戦争の捕虜として扱われることがあるにしても、理由もなにもわからないままに強制的にいろいろなことを命令され、処遇されることこそ辛いことはないのではないかと思ってしまった。自分がなぜ、何をしなければならないのかということがわからずに、ともかく何かをしなければならないということは、人が人として寄って立つところを木っ端みじんにしてしまうのではないかと思う。そんなことすら私にとっては想像でしかないのだが、それを実際に体験した人の心のありようはどんなものだったのか、改めて考えざるを得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦争 ランキング

戦争のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む