サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【OP】集英社コミックセット 30%OFFクーポン(~4/23)

勝つための論文の書き方(文春新書)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-660295-7
一般書

電子書籍

勝つための論文の書き方

著者 鹿島茂 (著)

「──論文というのは、自分の頭でものを考えるために長い年月にわたって練り上げられた古典的な形式。だからこそ、ビジネスだろうと政治だろうと、なんにでも応用がきく」そう看破し...

もっと見る

勝つための論文の書き方

540 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

勝つための論文の書き方 (文春新書)

756(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.2MB 無制限
Android EPUB 5.2MB 無制限
Win EPUB 5.2MB 無制限
Mac EPUB 5.2MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「──論文というのは、自分の頭でものを考えるために長い年月にわたって練り上げられた古典的な形式。だからこそ、ビジネスだろうと政治だろうと、なんにでも応用がきく」そう看破した鹿島先生が、ビジネスの企画書にも、日常生活にも役立つ論文の書き方を聴講生相手に指南。経験豊富な社会人にこそ、思い当たるヒントが満載。いい論文が書ければ、あなたは優秀なビジネスマンにも名政治家にもなれる! という訳で、本書はビジネスにも応用可能な汎用性があります。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

論文でも書いてやろうかという気にさせる

2007/08/30 05:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1回講義 日常生活と論文
第2回講義 問題の立て方
第3回講義 資料の集め方
第4回講義 論文の組み立て方

著者は1949年(横浜市)生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業後,東大で学部と院を修了。本書刊行当時は共立女子大学文芸学部(教授,54歳)。専門は19世紀のフランス小説。『馬車が買いたい!』(90年)で第13回サントリー学芸賞,『子供より古書が大事と思いたい』(96年)で第12回講談社エッセイ賞,『職業別パリ風俗』(?年)で第51回読売文学賞,『愛書狂』(98年)でゲスナー賞(金賞)を受賞。受賞作だらけだ。羨ましい・・・。

数多くの受賞歴からして,こうしたテーマの著作には最適の著者で,本書は標準的な論文作成の手引きとなっている。でも,「東大でも京大でも,早慶でも,大学生に論文の書き方を教えるというのは,動物に芸当を教えるよりも困難になりつつあるのです」(21頁)とか,「論文指導をする先生ご自身が,良い問いを見つけたことのない人,あるいはそうした経験の少ない人である」(37頁)とか,「文部科学省は大学教員の業績にはいちいちうるさいことを言って,紀要論文何点とか,学会発表論文何点などと調査してくるくせに,肝心の紀要論文や学術雑誌を一堂に集めて集中管理し,後世の研究者の便宜をはかるなどということには関心を持っていません」(116頁)とか言っていて,学生らに対してだけでなく大学教員や政府行政官に対しても手厳しい。でもやはり標準的で,しかも無理やりなことは言ってない。なんだか新しく問いを立てて,論文でも書いてやろうかという気にさせる。でも,実際はそんなに簡単なことではないんだけどね。

本書を読めば卒論がすらすら書けるというのではない(だろう)けれど,とまっている筆(PC入力?)が動き出すかもしれません。という意味で,誠実な著者の姿勢に敬意を表しつつ,本書をお薦めいたします。(790字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バーバラ・ミントにも対抗できる!

2003/06/04 01:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 非常に示唆に富んだ論文ハウツーものだ。ロジカルシンキング、ロジカルコミュニケーションを取り扱う類書は巷に溢れかえっているが、本書のとっつき易さと読みやすさ、コストパフォーマンスを考えれば、「考える技術・書く技術」(ダイヤモンド社)や「実戦!問題解決法」(小学館)の対抗馬にもなり得る。

 論文の書き方や論理的コミュニケーションを取り扱った類書と本書を大きく差別化する点は、問いの立て方に関する詳細な記述にある。多くの類書は、文章表現としての論理展開のハウツーを展開するが、起点となる問いの立て方、問題設定の方法論には触れないことが多い。問題設定の方法論について、本書では多数のページを割き、かつ平易で判り易い事例を用いながら説いているから、頼もしい。
 また、本書のレトリックや取り上げる事例も面白い。「ピンク映画」や「わが国でのカフェの生い立ち」など、ちょっぴりエロティシズムを絡めながら進む筆者の語り口はページが進む。

 大学教授である著者らしく、講義仕立ての構成となっている。第一回講義「日常生活と論文」、第二回「問題の立て方」、第三回「資料の集め方」、第四回「論文の組み立て方」と進む。

 本書で示す書き方講座は、無論、ビジネス・レポートにも応用可能である。特に「問いの立て方」は、新規事業アイデアなどを求められる企画マンにも参考になると思う。学生だけではなく、考えること、書くことを求められるビジネス・パーソンにとっても非常に役立つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/11 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/17 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/17 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/08 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/27 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/05 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/02 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/16 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/16 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む