サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

ダイヤモンドダスト(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-754501-7
一般書

電子書籍

ダイヤモンドダスト

著者 南木佳士 (著)

火の山を望む高原の病院。そこで看護士の和夫は、様々な過去を背負う人々の死に立ち会ってゆく。病癒えず逝く者と見送る者、双方がほほえみの陰に最期の思いの丈を交わすとき、時間は...

もっと見る

ダイヤモンドダスト

500 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より40おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ダイヤモンドダスト (文春文庫)

540(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.7MB 無制限
Android EPUB 5.7MB 無制限
Win EPUB 5.7MB 無制限
Mac EPUB 5.7MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
全商品 ポイント最大40
キャンペーン
「電子書籍ストア 全商品ポイント最大40倍キャンペーン」実施中!
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

火の山を望む高原の病院。そこで看護士の和夫は、様々な過去を背負う人々の死に立ち会ってゆく。病癒えず逝く者と見送る者、双方がほほえみの陰に最期の思いの丈を交わすとき、時間は結晶し、キラキラと輝き出す……。絶賛された第百回芥川賞受賞作「ダイヤモンドダスト」の他、理想の医療に挫折し、タイ・カンボジア難民キャンプ地での特異な体験に活路をもとめる医師と末期癌の患者として彼の前に現れたかつての恋人との日々を描いた「冬への順応」など短篇四本を収録する。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

死をみつめる目、生をみつめる目

2011/05/25 08:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第100回芥川賞受賞作(1988年)。自身医者でもある南木佳士(なぎけいし)はこの作品でも医療の現場を描いている。但し、主人公の和夫は医者ではなく、火山のそばの高原の病院に勤める看護士である。
 そうであっても同じ医療現場で働く者としての視線が和夫にこめられている。冷静に生命を見る視線、命の終焉を見る視線。南木の作品は医者としての視線と作家としての視線を交差させることで、生きるということ死ぬということを問い続けている。

 この中編には実に多くの死が描かれている。和夫の母、和夫の妻、和夫の勤める病院に入院しているマイクという宣教師。そして、最後には和夫の父である松吉の死も描かれる。
 火山のそばの高原の病院に看護士として勤める和夫は幼い頃母を亡くした。その「あまりにも頼りない人の命」に興味をひかれて医学部をめざす和夫だったが、父松吉の突然の病気でそれも断念せざるを得なくなる。
 そしてようやく看護士という職業を得、そこで妻となる女性と知り合い、結婚する。だが、妻もまた生まれたばかりの息子を残して短い生涯を閉じてしまう。

 人は多くの人と関わりをもつ生き物だ。同時に、その関わりは死という終結で終わりを迎える。
 悲しい死ばかりではない。美しいともいえる死もある。ベトナム戦争で飛行士として戦ったマイクは死について達観している。迫りくる死に彼は揺るぎない心で立ち向かおうとする。
 呆けた父松吉はマイクとのみ正常な交感を交わすことができる。死を目前にした人の前で、父松吉は正しい人として描かれている。

 そんな松吉が人生の最後にこだわったのが水車づくりだった。水を汲み、その水を生かす水車。そんな水車を役割を、南木は文学に込めたのかもしれない。
 すべての人が和夫のそばから去っていった冬の朝。
 壊れかけた水車の上に煌めくダイヤモンドダストが舞っている。それを見つめる和夫と息子。それは終焉した世界に残された新しい人の誕生のようにも見えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芥川賞受賞作品

2002/02/18 01:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本には、「ダイヤモンドダスト」の他に「冬への順応」「長い影」「ワカサギを釣る」の4作品が収録されている。このうち、「ダイヤモンドダスト」は第100回芥川賞を受賞したときの作品で、これだけでも読む価値はある。また、冬への順応も大学入試センター試験の現代文で使われたことのあるという作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/09 06:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/02 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/01 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/14 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/20 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/20 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/29 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/11 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/23 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/06 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/28 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る