サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全品ポイント最大50倍(~3/31)

蓬莱橋にて(祥伝社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/07/02
  • 販売開始日:2010/07/02
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • ISBN:9784396331610

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

蓬莱橋にて

著者 諸田玲子 (著)

「なあ、後生や。後生やさかい、うちの亭主(ひと)返しとくなはれ」坂本龍馬の妻・お龍の怨嗟に、刺客・今井信郎の妻は困惑した…(表題作)。東海道の宿場を往き交う儚い想い。すれ...

もっと見る

蓬莱橋にて

486(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より110おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

蓬萊橋にて 時代小説 (祥伝社文庫)

596(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「なあ、後生や。後生やさかい、うちの亭主(ひと)返しとくなはれ」坂本龍馬の妻・お龍の怨嗟に、刺客・今井信郎の妻は困惑した…(表題作)。東海道の宿場を往き交う儚い想い。すれ違う男と女の心…。運命のほころびに翻弄される人々の哀切を描く時代小説集!

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日頃、“時代物はちょっと”と敬遠されてる方にも恰好の入門書となるに違いない。

2004/08/22 10:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に諸田さんの作品を読んだが、やはり女性の情念を描くのが秀逸である。

この場を借りて少し諸田玲子さんの作風について述べたい。

ライバルである宇江佐真理さんはどちらかというとキャラクターの魅力で文章を紡いでいる。
集約すると従来のパターンの時代小説に人情語をより深く感動的に読者に提供してくれているのが特徴である。
女性登場人物が啖呵を切ったりするシーンも良くあるのであるが、基本的には“かわいく生きる女”を描いている。

一方、諸田さんは多彩なジャンルで対抗している。
新しいタイプの時代小説の書き手である。
時代背景が江戸(平安もあります)時代であって、内容的には現代物、もっと言えば翻訳物に近い感覚で読める。
いわば、普段時代小説はちょっと苦手であるという固定観念を持たれてる方にも是非手にとって欲しい作家なのである。
時代小説という大きなカテゴリー分類じゃなくに、時代サスペンスや時代ミステリーという分類分けで読みべき作家だと言えよう。(現代物のサスペンスやミステリー好きの方も1冊挑戦して欲しい。)

彼女は宇江佐さんと違って“強く生きる女”を描きたいのだろうなと私は思っている。
 
三人ははぐれ者だ。出会ったばかり、素性もろくに知らない。だが、そんなことはどうでもいいような気がした。おぎゃあと生まれてから死ぬまで、だれもが運任せの渡世をつづけてゆくのだ。(はぐれ者指南より)


--------------------------------------------------------------------------------

さて、本作であるが諸田玲子入門編としては恰好の1冊となっている。
全8話からなる短編集であるが、舞台はいずれも東海道の宿場。
静岡出身の諸田さんにとっては思い入れの強くて題材にしやすい土地柄なんだろう。
いきなり冒頭の「反逆児」にて由比正雪が登場して驚いたが、その後もバラエティに富んだ人物が続々と登場します。
読者は目を離せないのである…

本作の話って本当に哀しい話が多い。
運命に翻弄されつつも、真っ直ぐに生き貫いている主人公達を活写している。
読者は主人公が不器用であればあるほど心が動かされる。
読者の心情を精通している諸田さん、心憎いばかりである(笑)

私は「深情け」が一番儚かったな。
はたしてあなたはどの作品の主人公を一番儚く感じただろうか?
じっくり語り合いたい衝動に駆られる作品集である。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む