サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

全商品30%OFFクーポン【先着18,000名限定】(~6/25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ボーイズラブ
  4. 最後に好きと言ってやる
最後に好きと言ってやる(もえぎ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/02/24
  • 販売開始日:2012/02/24
  • 出版社: 学研
  • レーベル: もえぎ文庫
  • ISBN:9784059041467

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

最後に好きと言ってやる

著者 火崎勇 (著)

傲慢なトップモデル鳴海の前に、小林と名乗る可愛い男が現れた。ほんの気まぐれからマネージャーに採用すると、小動物系の外見からは予想できない有能さを発揮する。その小林から憧れ...

もっと見る

最後に好きと言ってやる

648 (税込)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

最後に好きと言ってやる (もえぎ文庫)

596(税込)

最後に好きと言ってやる (もえぎ文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.9MB 無制限
Android EPUB 7.9MB 無制限
Win EPUB 7.9MB 無制限
Mac EPUB 7.9MB 無制限
【電子書籍】ボーイズラブキャンペーン情報
ボーイズラブの限定キャンペーンやhontoだけのお得情報満載!開催中の特集が一覧でご確認いただけます♪
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

傲慢なトップモデル鳴海の前に、小林と名乗る可愛い男が現れた。ほんの気まぐれからマネージャーに採用すると、小動物系の外見からは予想できない有能さを発揮する。その小林から憧れの目で見つめられることが、いつしか鳴海のやりがいに…。そんなとき世界的ブランドのモデルオーディションへの参加が決まった鳴海は、今までにないプレッシャーから小林を押し倒してしまう。翌日、彼は忽然と姿を消した…。初めて自分の気持ちに気づいた鳴海は…?

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

爽快!

2017/03/19 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小林くんの正体は、始めの方でわかってしまっていましたが、とにかく、鳴海の天敵への切り返しが爽快でした。読んでいるこちらまで、すっきり前向きになれるような楽しい作品だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

俺様モデルと謎な小動物系

2016/07/13 19:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紺野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

俺様好きなので最初から期待しまくって読みましたが、すごくすごく良かったです。攻めの後半の心情がぐっときました。また受けが謎めいてていったいどんな職業だろうと思うのですが最初はそんなの気にせず読めちゃいます。おかげで話に集中できます。後半でなんとなく受けの職業がわかってしまう展開ですがその展開でも話に集中できるように攻めが動いてるので最後まで飽きずに読めました。とても面白く満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/22 16:25

投稿元:ブクログ

傲慢俺様トップモデルの鳴海と、ただのファンから攻のきまぐれでマネージャーに抜擢された清流の、かわいめなラブストーリー。
俺様攻の視点で描かれる面白さは火崎ワールドならではの味ですが、この作品は俺様がいつもより甘めです。そして、鳴海はモデルという仕事に対する気概が充分感じられて、その分話がお仕事モノとしても俄然面白くなっている気がします。いい加減な仕事をするマネージャーは何人もクビにしたりする一方で、的確な清流のアドバイスは真面目に受けるところなんか、仕事にちゃんと向き合っていて読んでいて楽しかった。

そして清流が目がでかくてかわいい雰囲気なのに、なかなかデキる有能なマネージャーというのが、読んでいて快感です。「休職中」という、いろいろ謎の部分が多い設定なのも興味がわきます。しかし、清流が消える前あたりから何となく彼の正体が分かってしまったのがちょっと残念。

自信満々で自分についてくると思っていた清流が消えてからの鳴海、最後までかっこよくブレなかったところがよかった。それに自分が清流に甘えていたことにも気付いていたし、追いかけて謝ろうと考えていたことも、オーディションにちゃんと前向きになっていたのも全部胸キュンにさせられました。

再会した後の、俺様をあきらめない鳴海のセリフ全部に赤面したり、笑ってしまったりしたけど、憎めない愛しさでいっぱいにさせられました。エロ的にはちょっともの足りなさがあったかも。番外編、清流視点での甘々でラブラブなSSです。やっぱり俺様だけど、そこに清流はぞっこんみたい。鳴海のセリフ、どれも傲岸不遜だけど、恥ずかしいくらいメロメロな愛があふれていて、ステキすぎです。

2011/12/07 00:30

投稿元:ブクログ

面白かった!人気が出始めている売出し中の俺様モデル×自称会社員のワンコちゃん。実は超エリート。
この組み合わせは面白かったです。
攻の鳴海が自分のことを、実力はあるけどいまから成長していく途中ということをよくわかっていて頑張って自分を大きく見せているところがいいですね。これからどんどんいい男になっているんだろうなぁ。
そして超エリートの受小林はそんな鳴海を純粋に一生懸命追いかけていくところが可愛いですね。

2011/11/20 14:52

投稿元:ブクログ

★★★受けの小林が何者なのかラストまで分からなかったので、ワクワクしながら読めました。俺様なんだけれど、仕事に関してポリシーもあってカッコイイ攻めでした。小林は鳴海に憔悴して褒めちぎっているけれど、ポイントを得ているし、仕事もきっちり出来ていてこちらも好感の持てました。 ただ、ラストに二人の立場っていうのが明確になった時にこの二人どうなるんだ?とちょっと心配になったかな。お話自体は面白くてサクサク読めるのですが、恋愛視点で見ると萌えがちょっと足り無いかな?

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む