サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

SS 双葉社 ポイント50倍CP(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 企業参謀ノート[入門編]
企業参謀ノート[入門編]

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 60件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/07/27
  • 販売開始日:2012/07/27
  • 出版社: プレジデント社
  • ISBN:978-4-8334-2018-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

企業参謀ノート[入門編]

著者 大前研一・監修,プレジデント書籍編集部・編

大前研一のデビュー作にして不朽の名著、『企業参謀』が再編集でやさしくわかる!世界中のビジネススクールでロジカルシンキングの教科書として使われる『企業参謀』。大前研一氏の処...

もっと見る

企業参謀ノート[入門編]

1,080(税込)

ポイント :10pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

企業参謀ノート 超訳・速習・図解 入門編

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 5.5MB 無制限
Android .book 5.5MB 無制限
Win .book 5.5MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大前研一のデビュー作にして不朽の名著、『企業参謀』が再編集でやさしくわかる!
世界中のビジネススクールでロジカルシンキングの教科書として使われる『企業参謀』。大前研一氏の処女作にして代表作は文庫化もされ、累計50万人の読者に影響を与え続けている。
『企業参謀』とは、マッキンゼーのコンサルタントとして歩みだしたばかりの大前研一が、書き溜めた私的メモをまとめたもの。「経営とは何か」、30歳の青年が仕事を通じて学んだビジネスの本質は、当時の日本の名だたる経営者たちを驚かせた。以来35年以上にわたりビジネスマンに読み継がれ、企業の新人研修にも使われるこの本には「もっと早くに読んでおきたかった!」との声が多く寄せられる。
『企業参謀』のエッセンスを、図解を織り交ぜて再編集した『企業参謀ノート[入門編]』を読めば、問題解決のための戦略的思考がやさしく理解できる。大前研一の世界に初めて足を踏み入れる若手ビジネスマンにもぴったりの1冊である。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー60件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

わかりやすい。

2017/02/24 22:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

参謀という言葉の響きには心惹かれるものがある。

問題解決は、そもそも問題の本質核心を明らかにすること。
目的を妨げる要因は何か?その要因がなくなればどのような
メリットがあるかなど、読んでいて、”参謀”頭脳のつくり方が
よく理解できた。

本編も是非読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/04 00:53

投稿元:ブクログ

企業参謀は、以前挫折したのだけど、これは、めちゃくちゃ軽い感じなので名前の通り入門で読んでみました。

わかりやすい。

全体像が少し掴みにくいけれども、日本のビジネスマンは、よく考えろということですね。仕事をしてる人が読めば刺激になるかなと思います。

特に成功の鍵は?というのを常に考えるくせはつけたら強みになりますね。鍵を考えるには、目的やら市場を理解する必要がでて来ます。これは、目の前だけ進むだけやっててもダメだということですね。

答えは探すものじゃない自分で決めるもの。考える習慣をつけよう。

情報は企業参謀にくらべたら確かに少ないが、入門ということでわかりやすくとっつきやすく目的を達成しているため星4

2012/10/28 13:29

投稿元:ブクログ

分析力と論理力で導き出した結論を実行に結び付けやすく伝える力をもった参謀たることの大切さ、考え方、役に立つツールがコンパクトに紹介されており、理解しやすい。
成功の鍵(KFS : Key Factor for Success)を企業活動のステップ別にみていく説明は、戦略が具体的で説得力があった。
多分、次の実践編も読むと思う。
ノートなのでこれが狙いではあるのだろうが、左側の余白の多さには紙数を増やすために膨らませすぎなのではと感じてしまった。
12-134

2012/08/06 22:39

投稿元:ブクログ

■参謀

1.分析だけではなく、どういう行動をとればいいのかまでのロードマップを描くのが参謀の役目なのだ。一言で言えば「結論が言える人」。それが参謀だ。

2.まず、「自分は人と違う人生を生きよう!」と思わなければダメだ!
他人と変わらない人生や、他人の足跡をたどるような人生など意味がない!
それは他人の人生を生きているに過ぎない。私に言わせれば、それは生きながら死んでいるのと何ら変わらない。
人と違う人生を生きるためには、頭をフルに使わなくてはならない。
進む道が危険かどうかを察知するために、自分が置かれた状況を素早く正確に分析する必要がある。

3.何ができないかを考える前に、何ができるのか?を考えるのが、参謀の頭の使い方なのである。

4.思考の道具箱をまず一杯にし、その道具を駆使して常識を破り、パッケージの中身をバラバラにしなさい!

5.考えることを楽しみなさい!そうすれば、日本人に欠けているブレイクスルーする力が必ず手に入る!

6.日本のビジネスパーソンよ!後ろ向きの人が多いからこそ、前向きになった人から成功するのだ。

2012/12/19 21:45

投稿元:ブクログ

企業参謀をわかりやすく抽出したもの。
自分の頭で考えること、論理的に分析すること、世界に目を向けること、そして様々な問題解決のツールが説かれてます。

2013/05/28 00:12

投稿元:ブクログ

第1章 問題から目を背けるな。“決断"ができない人は生き残れない! !
第2章 問題の中身はどうなっているか?事の本質を手にする方法を教えよう
第3章 日本のビジネスパーソンはアメリカより「2時間」遅れている
第4章 企業の生き残り! その“天国と地獄"を分ける大事な要素
第5章 「成功のカギ」を素早く見つけ出す方法

2012/11/06 23:23

投稿元:ブクログ

大前研一さん著書は「戦略論」から入り、「企業参謀」はまだ手にとってない中、
このエッセンシャル版なるものを読んでみた。

「経営者の本質とは、『潮の流れ、成り行き任せ―と思われていた基本ケースから、
どのくらいの経営努力によって変革できるかによって、測られる』」と書かれており、
本書にはまさにその「変革のための思考の切り口となるエッセンス」が詰め込まれていました。

ちょうどビジコンの審査員をやる直前に読んでいたので、
自分の着眼点の整理にも役立ちました。

2012/08/26 21:09

投稿元:ブクログ

 本人曰く、企業参謀自体が考え方をまとめたサマリーなのに、それを更に簡単にしないと理解できないということの方が問題だと。一方で、本書のおかげで企業参謀も売れているそう。参謀とは、「こうしなさい」と社長に言える人。その為に、KFSを見つけ出す、徹底的に考えること。常に考えること、これをさぼったら落っこちる。

2015/01/27 08:42

投稿元:ブクログ

読みやすく、発奮させられました。
経営者でなくとも、自分の人生の参謀にならねばなりません。スケジュール帳に「考えることを楽しみなさい!」(P182)をメモしました。日々楽しみたいと思います。
*[実践編]も読むつもりです。

【読了メモ】(150127 6:47) 大前研一『企業参謀ノート[入門編]』/プレジデント社/2012 Aug 5th

2013/05/04 13:06

投稿元:ブクログ

【130504】
・「自分の頭で考える」時間を作る
・自分で考えて、その考えをジャッジしてもらうやり方にシフトする
・断片的な知識の吸収より、因果関係のパターンを増やす
・「しょうがない」と諦めずに代案を考える癖をつける

2015/09/27 17:50

投稿元:ブクログ

汗をかいて情報を収集し、分析、わかりやすい方法でトップマネジメントに報告する

what ifで考え、意思決定をする

2014/11/16 22:41

投稿元:ブクログ

自分の頭で考えること。
会社の値札で生きるな。自分の値札で生きろ!
問題の本質をわかって無い人が多すぎる。
ダンボールを開けずに解決策を考えてもダメ。ダンボールを開け中身を精査し何に手を打つかを考えるべし。

考えることを楽しめば日本人に欠けているブレークスルーする力が手に入る!
日本のビジネスパーソンは後ろ向きの人が多い。
前向きになった人から成功する!!

2012/09/03 07:58

投稿元:ブクログ

大前研一の「企業参謀」は読んでいないが、その入門書ということでスラスラ読みやすい。メーカー向けの基本戦略で小売関連への応用には縁遠い。

2013/01/15 13:13

投稿元:ブクログ

企業参謀はとても良い内容だけど文庫版だと文字が小さいので、Kindleでノートの方も買いました。企業参謀ノートを読んでから企業参謀を読むと内容がとてもわかりやすくなりました。

働いている人全般に役立つ本です。仕事の際に自分の頭で的確な判断するための考え方が紹介されています。

企業参謀はやや書き方が難しいと感じていました。ですが、ノートでは企業参謀の大事なところを入門編としてまとめてあるので、いきなり企業参謀を読むよりも理解しやすい気持ちがします。

2015/05/15 00:40

投稿元:ブクログ

読み飛ばさずにちゃんと読め!ってあたりから、KFS周りを読み直したら、面白かった。

一片的な情報ばかり集めて満足するのではなく、きちんと向き合い消化して考えられるようになるのが理想か。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む