サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0201-28)

コミック最大50倍(~2/23)

開けっぱなしの密室(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/02/08
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-184016-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

開けっぱなしの密室

著者 岡嶋二人 (著)

親友の夏美が引越したばかりのアパートで殺された。前夜泊まっていた悦子は、警察の鈍い捜査にいらだち、自分で犯人捜しに乗り出した。なぜ犯人は密室の鍵を開けていったのか。表題作...

もっと見る

開けっぱなしの密室

486(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

開けっぱなしの密室 (講談社文庫)

605(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年2月1日(水)~2017年2月28日(火)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親友の夏美が引越したばかりのアパートで殺された。前夜泊まっていた悦子は、警察の鈍い捜査にいらだち、自分で犯人捜しに乗り出した。なぜ犯人は密室の鍵を開けていったのか。表題作や、乱歩賞受賞後第一作となった「罠の中の七面鳥」など、ユーモアと恐怖が交錯する6編を収録したミステリ傑作集。収録作「罠の中の七面鳥」「サイドシートに赤いリボン」「危険がレモンパイ」「がんじがらめ」「火をつけて、気をつけて」「開けっ放しの密室」。刊行1984年(講談社文庫)

目次

  • 罠の中の七面鳥
  • サイドシートに赤いリボン
  • 危険がレモンパイ
  • がんじがらめ
  • 火をつけて、気をつけて
  • 開けっぱなしの密室

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2007/04/14 21:47

投稿元:ブクログ

講談社文庫版では初めて競馬以外に題材を求めた短編集。競馬ネタ以外でも勝負できることを示した作品集である

2008/05/30 13:11

投稿元:ブクログ

罠の中の七面鳥
サイドシートに赤いリボン
危険がレモンパイ
がんじがらめ
火をつけて、気をつけて
開けっぱなしの密室

の6編。
わたしは「がんじがらめ」が気に入りました。
競馬などで借金を重ねた弟が姉の自宅へお金を借りようと
訪ねていくと、姉はガス自殺を図っていた。
姉はつい最近夫ではなく弟を受取人にした多額の保険に加入したばかりだった。
加入後1年以内の自殺については保険金が支払われないことから
弟は他殺に見せかけようと遺書を持ち帰ったり、指紋をふき取ったりと
様々な工作をする。
警察の質問にもおびえて答えられない弟。
いつ自分が他殺に見せかけようとしたのかばれるかと思うと気が気ではない。
捜査が進むにつれ、わかったことは姉の死は本当に他殺だったということ。
殺した犯人が、自殺に見せかけていたものを、また弟が他殺に見せかけようと
してしまったというのだ。意外な犯人とは・・・?

岡嶋さんはどちらかというと長編向きの作家さんだと思うのですが、この短編も
なかなか楽しめました。

2009/05/05 08:51

投稿元:ブクログ

久しぶりにミステリが読みたくなって、岡島二人。
この人の「99%の誘拐」は面白かった気がする。確か。
短編。愛想がないくらいミステリしたミステリ。
可もなく不可もなく…暇つぶしですな。

2007/05/07 03:20

投稿元:ブクログ

ユーモアと恐怖が交錯するミステリー傑作集。親友の夏美が引越したばかりのアパートで殺されてしまった。前夜泊まり込んでいた悦子は、警察の鈍い捜査にいらだち、自分で犯人捜しに乗り出した。なぜ犯人は密室の鍵を開けていったのか。表題作など、軽やかな都会派ミステリーの魅力があふれる6編を収録。

2008/01/18 03:30

投稿元:ブクログ

六つの短編集であります。
「罠の中の七面鳥」
会社の金を使い込んだ男と同じ会社で夜は水商売をしてる女の独白から、始まるミステリーです。

「サイドシートに赤いリボン」
広告代理店の製作部にいた同僚が無断で休んでいた。そのマンションから、出てきた若い女性がバックをひったくりに遭い、ひったくり犯を捕まえたが、被害者の女性は、消えていた。マンションでは、同僚の死体が転がっていた・・・。

「危険がレモンパイ」
工場の屋上から落ちた死体には、顔がレモンパイに塗られてた。彼は、大学の仲間と撮影をしてた。彼は、どうして落ちたのか?その真相を探る話です。

「がんじがらめ」
借金に追われて、お金を借りようと姉の部屋に来た彼は、姉の死体と直面する。遺書があり自殺だと保険金が下りないので、彼は、殺人に見せかけるように工作する。警察は、やがて事件の真相に迫る。彼は、どうなるのか?

「火をつけて、気をつけて」
彼は、放火魔だった。ある日彼の郵便ポストに、隣の人の手紙が間違って入っていた、そこには、放火の依頼が・・・。放火をしても隣の人に疑いがかかると思った彼は、その依頼を実行する。この放火の真相とは?

「開けっぱなしの密室」
親友の彼女は、部屋に誰かが入っている痕跡があるのを知り、大家のおじいちゃんが怪しいと睨んでいた。とっちめてやろうとある計画を立て実行する。彼女の部屋に泊まり、彼女のふりをして朝出勤して、彼女は部屋に残った。彼女の部屋に帰ってくるとそこには、彼女の死体が・・・。ドアは、開いていたが、調べて見ると密室だった・・・。事件の真相とは?

個人的には、岡嶋二人は短編より長編の方が面白いですね〜でも、短編でも読みやすく、真相が解らないいいミステリーを書きます。ん〜トリックが良いです。ん〜どのくらいトリックを持ってるのですかね?

2009/01/17 22:32

投稿元:ブクログ

『罠の中の七面鳥』
会社の金を使い込んだ宮本太郎。親の借金のために夜のアルバイトをする佐々木花子。アサミと名前を変えている花子の前に現れた宮本。花子とアザミが似た2人の人物と勘違いした宮本の計画。横領を花子に着せる計画。計画の真相に気がついた花子。アザミの正体に気がついた宮本。お互いの反撃の結末。

『サイドシートの赤いリボン』
奥山喜代次の元に女が通っているのを目撃した友人・若槻。発見された奥山の自殺死体。ひき逃げ事故を起こした絶望からの自殺との遺書。不審を持った若槻の調査。若槻の調査の結果を聞いた友人柚木。柚木を脅迫する謎の人物。3人が原因で起きた交通事故の謎。

『危険がレモンパイ』
自主製作映画の撮影中にビルから転落死した芳野純夫。事故の直前ふざけ合った芳野と臼田。臼田が芳野の顔にぶつけたレモンパイ。ドッキリを計画していた臼田と芳野。臼田の計画変更と芳野の計画変更。その様子を撮影していた園部。園部の元に送られた脅迫状。園部を告発する手紙の秘密。

『がんじがらめ』
競馬の借金を返すため姉の千鶴子に金の無心に来た和彦。和彦が発見した千鶴子の自殺死体。姉の保険金を受け取るために姉の自殺を他殺に見せかける偽装を行った和彦。離婚を考えていた姉の良人・繁雄。

『火をつけて、気をつけて』
叔父に借金を断られ帰宅中に放火を目撃した男。放火犯に脅迫状を送り付けた男。脅迫状の誤配を受け取った小林昭二。放火犯の代わりに金を受け取ろうと叔父の家に火を付けた小林昭二と放火犯・小村正孝の関係。

『開けっぱなしの密室』
管理人が自分の家に侵入しているのではないかと疑いを持った沢田夏美。夏美に頼まれ彼女の代わりに出勤した桐山悦子。家で侵入者を待ち伏せしていた夏美の殺害。開けらたドアの謎。夏美の前に部屋に棲んでいた貫井という男の失踪。貫井が夏美のアパートに持っていた金ずるの秘密。

削除

2009/06/28 15:29

投稿元:ブクログ

『クラインの壷』を読んで完全に岡嶋二人にはまった。
夫もすっかりはまってしまい、岡嶋二人の本をかたっぱしから買ってきたため、我が家には私がまだまだ読んでいない岡嶋二人本がたくさんある。楽しみ。
さて、この本。
「罠の中の七面鳥」「サイドシートに赤いリボン」「危険がレモンパイ」「がんじがらめ」「火をつけて気をつけて」「あけっぱなしの密室」の6編を収録した短編集。
どれもこれもものすごく気がきいていて面白かった。
岡嶋二人の本を数冊読んでいて思ったことなのだけれど、彼らの本って、ものすごく研究されているようなかんじがする。
二人は、推理小説の研究家というイメージを受ける。
ありとあらゆることを研究し、自分たちの小説で試しているような。
そんな隙のないかんじがとても気に入っている。

2009/09/14 20:29

投稿元:ブクログ

題名を見て、一体どういう殺人なのだろう? と思いきや
中は短編でした。
6つも謎が入った短編。
これはこれでかなり満足でしたw

2本目の短編ですが、この前読んだものとやり口が似てるな…と。
先にこちらを読んでいれば、もしかしたら分かったかも知れません。
多分気が付かないと思いますが…w

よくもこれだけ違うような話を詰め込めたな、という感じです。
人を呪わば穴ふたつ、どころでなく掘られてました。

2009/10/25 00:13

投稿元:ブクログ

岡嶋二人の中では、まあまあ面白かったレベル。会話が多く読みやすいが、あまりハラハラしなかった。トリックも驚くレベルではなく、ふーん、なるほどと思ってしまった。お暇なら、どうぞレベル。

2010/10/31 13:37

投稿元:ブクログ

「罠の中の七面鳥」「サイドシートに赤いリボン」「危険がレモンパイ」「がんじがらめ」「火をつけて、気をつけて」「開けっぱなしの密室」の6作品が収録された短編集です。

基本的に短編集は好きです。
でも岡嶋二人は一つ一つの作品をもっと深く読み込みたいんです。
これらの作品を短編で終わらせるにはもったいない気がします。

一番好きなのは「火をつけて、気をつけて」かな。
うわー!そういうことかよ!って思いました。
自分の手を汚さずに事件を起こすことってできるんですね。
あんまり深く書くとネタバレになります(笑)

あー。でもやっぱり岡嶋二人の世界を楽しむには短編じゃ物足りない。
その一言につきます。

2009/12/29 21:04

投稿元:ブクログ

上手いなあ。特に表題作。「開けっぱなし」なのに「密室」ってどういうことよ? って思ったけれど。納得。ある程度予測できた結末にたどり着いたように見せかけて、実はまだまだどんでん返し。やられた。

2012/02/06 07:45

投稿元:ブクログ

短編集「罠の中の七面鳥」「サイドシートに赤いリボン」「危険がレモンパイ」「がんじがらめ」「火をつけて気をつけて」「あけっぱなしの密室」の6編。短編ながら安定したしっかりとしたストーリ展開。楽しめる。

2011/05/14 16:25

投稿元:ブクログ

ミステリー短編集。
どれもクオリティーは高い。
「開けっぱなしの密室」開けっぱなしなのに密室?読んで見るとなるほど納得。

2011/08/30 22:33

投稿元:ブクログ

作品の紹介
都会派ミステリーの旗手がおくる傑作推理集親友の夏美が引越したばかりのアパートで殺され、悦子は自分で犯人探しにのり出した。なぜ犯人は密室の鍵を開けていったのか。表題作など、快作6編を収録する。 。

2011/09/03 17:07

投稿元:ブクログ

 久しぶりの岡嶋二人。ユーモラスな語り口が好きなんだが、新しい作品は出てこないらしいからさびしい。未読作品を見つけたので即効で入手。なんとふざけたタイトルなんだが、とても楽しみにしていたものだ。

 期待通りに楽しい作品が満載。特に玄関が開いた状態での殺人という表題作は傑作かな。もちろんオチはつまらないといえるのだが、密室を逆手に取った考えはユニークである。軽いタッチが好みかな。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む