サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全商品20%OFFクーポン(0922-24)

おかしな二人(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-263399-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

おかしな二人

著者 井上夢人 (著)

2人が出会って多くの傑作ミステリーが生まれた。そして18年後、2人は別れた――。大人気作家・岡嶋二人がどのようにして誕生し、28冊の本を世に出していったのか。エピソードも...

もっと見る

おかしな二人

810 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より157おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

おかしな二人 岡嶋二人盛衰記 (講談社文庫)

967(税込)

おかしな二人 岡嶋二人盛衰記 (講談社文庫)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.4MB 無制限
Android EPUB 9.4MB 無制限
Win EPUB 9.4MB 無制限
Mac EPUB 9.4MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る


電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月24日(日)23:59

電子書籍全品
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2017年9月1日(金)~
2017年9月30日(土)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2人が出会って多くの傑作ミステリーが生まれた。そして18年後、2人は別れた――。大人気作家・岡嶋二人がどのようにして誕生し、28冊の本を世に出していったのか。エピソードもふんだんに盛り込んで、徳さんと著者の喜びから苦悩までを丹念に描いた、渾身の自伝的エッセイ。ファン必携の1冊!(講談社文庫)

『honto+』連動企画 伊坂幸太郎が読んだ本

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

恋愛小説を読むような、苦しい気持ちになりました

2014/11/13 00:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊坂幸太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

共作作家の岡嶋二人がどのように生まれ、どのように作家になり、どのように仕事を進めていたのかが(井上夢人さんの視点から)書かれているのですが、これがまた、小説のようにドラマチックです。二人がコンビを組み、江戸川乱歩賞に挑戦し、受賞するまでのわくわく感は、それこそ、人気漫画『バクマン。』のようでありますし(思えば、あちらもコンビでした)、デビュー以降の大変な日々、井上さんと徳山さんとの関係がうまくいかなくなっていく様子は、とても切なくて恋愛小説を読むような、苦しい気持ちになりました。

【『honto+ vol.8』掲載】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

岡嶋二人のすべて

2001/02/24 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、ミステリー作家岡嶋二人が、どうやって誕生し、そしてなぜ解散したのか、そのすべてが書かれている。
 そして岡嶋二人の作品について、かなり細かいところまで触れられていて、作品が生まれた経緯や、トリックのアイディアなど、ファンにとって知りたかったことが多くの部分を占めている。逆に言えば、話のオチや犯人などがじゃんじゃんバラされているわけで、岡嶋二人の作品を読んでから、本書を読まないと意味はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間関係における永遠の命題「1+1=X」

2006/02/24 20:55

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ作家「岡嶋二人」は、井上夢人氏、徳山諄一氏の二人からなるコンビ名だ。28冊の本を世に出し、18年と言う活動期間をもって解散にいたった。本書は、岡嶋二人の1人である井上氏が、その18年間を中心に描いた自伝的エッセイである。
 副題が「岡嶋二人盛衰記」とあるように、本書は「盛の部」「衰の部」2部構成になっている。盛の部は、コンビ結成から黄金期まで、衰の部は、円熟期から衰退期、消滅期が描かれている。注目すべきは、盛の部の最終ページは、岡嶋二人が江戸川乱歩賞受賞の電話を受ける、まさにその瞬間で終わっていることだ。そして衰の部は、受賞式のため出版社に出向くところから始まる。つまり受賞作(デビュー作)が書店に並ぶ頃、ミステリ作家岡嶋二人は既に破局への道を歩んでいたのだ。これは謙遜や自虐、皮肉の類でなく、紛れもない真実なのだろう。江戸川乱歩賞受賞を小説家としての就職試験と見なす2人は、顔を突合せ、とことんまで話しあい、作品を完成させていった。だが最大の目標に到達してしまった時、2人の間で何かがズレ始めたのだと思う。
 プロとしてこなすべき仕事量に追いつかない作業速度、から回るモチベーション、役割分担の不公平感、性格的な齟齬、パソコン通信導入により遠くなる互いの距離、苛立ち、苦悩。よくここまでと言うほど赤裸々に描かれている。本書は、井上氏の目から見た岡嶋二人だ。徳山氏の言い分が入っていないという点では、一方的な視点となるのだが、これが意外な程、2人の姿が見えてくる。「悪者」がいたのではなく、ただ、2人で続けることができなくなったのだと。

 さて問題は、本書は、岡嶋二人の作品を読んでから読むべきか? そんなこともないと私は思う。確かに本書では、岡嶋二人の作品が各所で取り上げられ、その創作過程が明かされているから、ネタばれの危険はある。もとの作品を読んでいれば、舞台裏を覗けて面白いだろう。だが、岡嶋二人の作品を一冊も読んだことがない人、ミステリに興味のない人でも、「おかしな二人」は十分に楽しめる。人間に興味がある人なら、必ず。ちなみに私は、それまで「チョコレートゲーム」しか読んだことがなかった。
 本書を読むと、単に、岡嶋二人というミステリ作家の盛衰だけでなく、あらゆる人間関係の盛衰を感じることができるだろう。2人はミステリ作家でなく、漫才コンビでも、音楽ユニットでも、野球のバッテリーでも良いのだ。夫婦でも恋人でも……つまり、価値観の違う他人同士が、同じ目標に向かって、どう進んでいくか。その光と影を見ることができる。単に頭数の問題なら「1+1=2」であるが、そこで生み出されるものは「3」かもしれないし「1」以下かもしれない。人間関係は難しくて、興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/26 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/22 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2002/07/14 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/01 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/27 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/24 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/27 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/28 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/01 03:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る