サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

修正:コミック ポイント最大50倍(0603-30)

珊瑚色ラプソディ(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/02/08
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-263553-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

珊瑚色ラプソディ

著者 岡嶋二人 (著)

結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は2日間の記憶を失い、女友だちの乃梨子は行方不明。乃梨子の兄の赴任先にと...

もっと見る

珊瑚色ラプソディ

486 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より100おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

珊瑚色ラプソディ (講談社文庫)

586(税込)

珊瑚色ラプソディ (講談社文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.3MB 無制限
Android EPUB 7.3MB 無制限
Win EPUB 7.3MB 無制限
Mac EPUB 7.3MB 無制限
【48時間限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月28日(水)~2017年6月29日(木)23:59

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は2日間の記憶を失い、女友だちの乃梨子は行方不明。乃梨子の兄の赴任先にともにでかけるはずだったのに、「彩子が男といた」という証言に動揺しながらも、婚約者を信じ真相を追い求める里見の前に立ちはだかるのは……。 南の楽園の悲しみが明かされる長編サスペンス。1987年刊行。(講談社文庫)

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

2010/12/24 12:39

投稿元:ブクログ

いかにも、2時間ドラマができそう話。
前半から中盤あたりは、読むのに時間かかったなぁ。

必要ないのに一番リスクがないからって盲腸の手術をさせられるのは、いくらなんでもかわいそう・・

2006/12/09 02:08

投稿元:ブクログ

南国の海は、何を隠すのか?沖縄旅行に友人と向かった彩子が、2日間の記憶を失った。
空白の時間。赴任先のシドニーから帰国した婚約者の耕作の胸に疑惑が広がる…。

2008/10/09 07:22

投稿元:ブクログ

10月8日読了。旅行に出かけた先にて盲腸で倒れた婚約者を追って南の島に渡った主人公が遭遇する、美しい島の住民たちの秘密、とは・・・?舞台が沖縄南なのと、書き手のドライな個性からかどこかカラッと乾いた風が吹くようなミステリだ。やや淡々としている気もするが・・・楽しめた。

2007/03/11 14:43

投稿元:ブクログ

<内容>
結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は二日間の記憶を失い女友だちは行方不明。彩子が男といたという証言に動揺しながらも、婚約者を信じ真相を追い求める里見の前に立ちはだかるのは…。南の楽園の悲しみが明かされる長編サスペンス。

2007/05/07 16:47

投稿元:ブクログ

結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は二日間の記憶を失い女友だちは行方不明。彩子が男といたという証言に動揺しながらも、婚約者を信じ真相を追い求める里見の前に立ちはだかるのは…。南の楽園の悲しみが明かされる長編サスペンス。

2009/08/17 22:05

投稿元:ブクログ

帰国してみると、婚約者は沖縄で入院中。
慌てて飛んでみれば、ただの盲腸。
よかった、と安堵した次の瞬間に生まれる謎。
婚約者は、数日の記憶が無くなっていた…。

空白の時間に一体何が起こったのか。
2週間しかない帰国時間に、あちらこちらと調べてみるが
不可解すぎる事が増えるばかり。
読みながらせっせと繋げてみましたが
さっぱり分からず…。
まさか、と思いながら読んでしまいました。

結末は、あれはあれでいいのかと。
道徳的に、ではなく、心情的を取ったのには納得です。

2012/02/07 06:03

投稿元:ブクログ

離島の医者がどれ程大切なのか、島中の人が医者が行った殺人犯の臓器移植を黙認し、必死に医者を守ろうとしたために、主人公の婚約者が事実を歪められてしまう話。一気に読めるが岡嶋らしい爽快感がないのでちょっと残念。

2014/01/18 23:45

投稿元:ブクログ

岡嶋二人『珊瑚色ラプソディ』
ミステリというかサスペンス・・・

ん?ミステリーとサスペンスの違いは・・・?
犯人が最初から分かってるのが「サスペンス」で、犯人が最後に分かるのが「ミステリ」・・・なんていう分類もあるみたいだけども、『【サスペンス】小説・ドラマ・映画などで、筋の展開や状況設定などによって、読者や観客に与える不安感や緊張感。』
てことで、サスペンスになるのかな?(正直、どっちでもいい)

物語の舞台は春先の沖縄、記憶を失った花嫁の奇っ怪な出来事を解明しようとするオーストラリア帰りのフィアンセの一人称で進められる。
ずっとハメられている感で敵を探るのだけども、終末には、なんと・・・そういう・・・という展開。
事件の真相は、さすが岡嶋二人の描く物語だ!と思わせるものになっている。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより)】
結婚式を控えシドニーから帰国した里見は、婚約者の彩子が沖縄旅行中に倒れ入院したと聞く。しかも、彩子は二日間の記憶を失い女友だちは行方不明。彩子が男といたという証言に動揺しながらも、婚約者を信じ真相を追い求める里見の前に立ちはだかるのは…。南の楽園の悲しみが明かされる長編サスペンス。
———————
【目次】
第1章〜第7章
解説(小池真理子)
講談社文庫版のための解説(小池真理子)
----------------

2012/05/20 22:12

投稿元:ブクログ

昭和感あふれるタイトルからつい後回しに積んであったけど久々に岡嶋二人。
岡嶋二人らしい構成は健在で、軽いながらも予想外に楽しめた。
でもやっぱりこのタイトルはどうかと思う。

2017/02/28 20:39

投稿元:ブクログ

2017年14冊目。
何だかありがちな2サスを見ているような感覚で一気読みwまあ嫌いじゃないけどねこういうの。
自分が知らないところで何がどうなってそうなったのか・・。自分の主張が愛する人に信じてもらえるのかどうか不安だったろうなー、と。
ただ手術の真相に気付くのが唐突過ぎて、え?なんでそういう風に思ったの?ってなってしまった。島民全体で嘘ついてるのは最初からそうだろうなーと思ってたから、そこからはまぁそうだろうなという展開。
あまり岡嶋二人らしさは感じなかったかなぁ・・。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る