サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 残り全部バケーション
残り全部バケーション(集英社文芸単行本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 553件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/02/22
  • 販売終了日:2015/12/24
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文芸単行本
  • ISBN:978-4-08-771489-0
一般書

電子書籍

残り全部バケーション

著者 伊坂幸太郎 (著)

離婚する夫婦とその一人娘が、ひょんなことから「岡田」と名乗る若い男性とドライブに行くことに。男の素性がつかめないまま、起こった出来事とは(「残り全部バケーション」)、路上...

もっと見る

残り全部バケーション

1,132 (税込)

ポイント :10pt / 紙の本より380おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

残り全部バケーション

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン
「電子書籍対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

離婚する夫婦とその一人娘が、ひょんなことから「岡田」と名乗る若い男性とドライブに行くことに。男の素性がつかめないまま、起こった出来事とは(「残り全部バケーション」)、路上で見かけた小学生男子の体に、あるべきはずのない傷跡を見つけた「岡田」と「溝口」。少年の家庭状況を知った二人は、突拍子もない策で少年の父親に近づこうとする(「タキオン作戦」)、女は突然、車の後部座席に押し込められ、ガムテープを口に貼られる。運転席には、相棒に「溝口」と呼ばれる男が座っていた。前方に迫る検問をこの車は通過することができるのか(「検問」)、クラスメイトの「岡田君」は、問題児なのか? 普段は目立たない彼が重ねる、意味不明のいたずらに「僕」は興味を持つ(「小さな兵隊」)、仕事中に交通事故に遭い入院した「溝口」。同室の患者たちと和やかに過ごしていたが、同じ病院には意外な人物がいて……(「飛べても8分」)の5篇で構成される裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」の物語。

著者紹介

伊坂幸太郎 (著)

略歴
1971年千葉県生まれ。「オーデュボンの祈り」で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。「ゴールデンスランバー」で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー553件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

うーん

2013/05/19 18:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎さんの本を読むのは初めてだった
だからだろうか
なんだか後味の悪さを覚えた
しかしながら次から次へと出てくる登場人物とその関連性
楽しく最後まで読み切ってしまった
「残り全部バケーション」とはよく言ったものだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残り全部バケーションを読了して。

2013/06/15 15:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんの本は本当に面白いです。悪いことしてるのに、悪人がストーリーを進めてるのに全然怖くなくて、むしろ憎めないし、どこか可愛らしさを秘めてる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルから

2015/09/15 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからして楽しくなる気持ちになる。
 短編として掲載sていたものが単行本になるまでに広がるとはすごく面白いな・・・と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

頭の中

2016/01/30 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

溝口・岡田の裏家業コンビが繰り広げる、小さな奇跡をベースにした連作短編。単純に面白いし、別々に書いたものを一冊にまとめたとは信じられない。初めから単行本化を狙っていたように思えるが、それこそが伊坂ワールドという土俵があって実現できるのだろう。タイトルも伊坂氏らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きてるかな岡田

2016/03/22 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読。自然に溝口が「寺島進」で脳内変換。映像化したら、絶対寺島さんが適任だよね。あの無責任で、無鉄砲で愛想があるかないか分かんない感じ。毒島は誰かな?ずっと闇の人物だったけど最後で姿が現れてしまうしな。ビートたけしかな。早坂父のあの能天気さ、嫌いじゃないな。でも思春期の娘からしたらバカにしたくなっちゃうか。威厳はないものね。早坂母のミステリアスな感じ。真似したい。いいなー、物事に動じないでハプニングも「楽しそう」で割り切るところ。人生結構得するタイプ。岡田、生きててよ。じゃないとバケーションじゃないもの!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪い人でも良いところが

2017/11/23 08:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

当たり屋を仕事にしている主人公は、もちろん悪い人たち。でも、どこか憎めないところがあるというお話。現実はこんな事はないと分かっているのですが、こうだと良いなあと思ってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/08 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/20 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/24 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/11 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/12 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む