サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

講談社BOOK全品ポイント50倍(~5/5)

何者
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1,003件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/05/17
  • 販売開始日:2013/05/17
  • 販売終了日:2015/12/17
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-333061-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

何者

著者 朝井リョウ (著)

就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この...

もっと見る

何者

1,296 (税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

何者

1,620(税込)

何者

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 902.3KB 無制限
Android XMDF 902.3KB 無制限
Win XMDF 902.0KB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。影を宿しながら光に向いて進む、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。

著者紹介

朝井リョウ (著)

略歴
1989年生まれ。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中の2009年「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に「チア男子!!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,003件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

今の大学生の目からみえる風景

2016/11/06 10:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

文系の大学出身私にとって、なにもかもがこっぱずかしくなっちゃうくらい 「はいすいません。そうでした」と思うことばかり。

あのとき読んでたらいったい、どう思ってただろ。

・・・で、あと10年後、100年後、私や子供、孫がこれを読んだらどう感じるんだろ。外国人が読んだら共感できるのかな。

そう思うと、ずっとこの世にあり続けてほしい。

今この瞬間の大学生の目から見える風景を、無添加・無着色で切り取って、真空パックしたような作品だと思いました。

朝井さんは初めて読みましたが、日常にひそむ得も言われぬもやもやっとした気持ちや、その場の空気を、絶妙な一言で切り出すことのできる感受性の豊かな方だと思いました。

Facebook、スマホ、Twitter、名刺、100年後には10年後にはポケベルみたいに懐かしいアイテムになっちゃうのかな。

ちょっとたったらまた読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上から目線を徹底的に叩きのめす。

2016/04/14 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

何者というよりも、「なにさま」という感じがするお話でした。
直木賞受賞作です。それ以前に、気に入っている作家さんであり、この作品
も受賞は納得の出来栄えでした。

若者特有のノリで薄められた危なっかしい人間関係と、ゴツンともの申す
若者の本音の部分が見事な対比を現わしていました。
面白かったですよ。

テーマは就活です。
朝井リョウさんは、身近な題材が多いですね。
高校の部活、大学生活、就活。
その時々で自分が経験したものを物語に変えています。
等身大に感じられるところが魅力です。

中表紙をめくると、Twitterのプロフィールが六人分載っています。
これが登場人物。現実の人間関係と、Twitterを通したガス抜きの関係。
いかにも現代風の仕掛けを用いていますが、根元の人間くささがそこかしこ
に現れています。

六人が六人なりの社会への旅立ちを模索しています。
就活。
真正面から取り組む人。シニカルに接する人。
カムフラージュする人。ドロップアウトする人。
これぞ人となりですね。

一番驚いたのは、題名にもある「何者」という概念です。
困難に立ち向かうと、一段階おおきいくくりに話を広げる人が描かれています。
高所に立っている人には意見をしにくいので、あたかもすごいことを言って
いる錯覚に陥ります。
そんな人を、足もとぐらぐらと評するセンスは、この作家さんならではでしょう。

日ごろから、特に仕事上では、ものごとの全体を意識するようにしていた
ので、冷や水をぶっかけられた気分です。
いやー、本当に面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぐさぐさ

2013/05/30 22:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:元就活生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の就職活動を振り返れば、思い当たるところがある。
「しんどかったけどいい経験だったし、やってよかった。もうやりたくないけど笑」って、きっとみんな思っています。
足元が全く定まらないあの数ヵ月。
自分の価値を疑い続けるあの数ヵ月。
内定という、ただの通過点を探して歩き回るあの数ヵ月。
ただ波に乗るしかできない。それすらできない人もたくさんいる。

自分と向き合うという意味で、とても有意義な時間です。だけど、本当にみんな、苦しい思いをします。

現代の大学生がたくさんたくさん悩んでいることがよくわかる。遊んでるだけじゃないぞと。
読みやすさとは裏腹に、現代社会の20代が背負うものの重さとその独特な生命力のようなものを、ぐさぐさと感じることができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつない…

2013/05/02 17:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっか。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わると、ただただ、せつない。就活って、なんだろ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何者でもないただの青臭いリクルーターたちの苦闘

2015/08/27 22:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.H. - この投稿者のレビュー一覧を見る

どう格好をつけようと、どう見栄をはろうとも、ただの青臭い若者に過ぎない。何者ですらない弱者たちが苦闘しなければならない現実のつらさ。どうか乗り越えて生きてくれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読了

2013/04/12 01:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あらひご - この投稿者のレビュー一覧を見る

そんなに読み込むタイプの本ではなく、スラスラと読めます。が、クライマックスに近づくにつれて作風が一変し、読み終わる時にはもう一度読み直したいと思わせる一冊となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

等身大

2016/01/31 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

就活の情報集めが目的でスクラムを組んだ学生群像小説。早稲田の学生だった朝井氏のとっては等身大ともいえ、ゆえにリアリティーがある。もちろん、ノンフィクションとは受け止めていないが、途中からは、ある意味の私小説として読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こわくてこわくて。

2015/02/05 21:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪空スウィング - この投稿者のレビュー一覧を見る

服装で、髪型で、お化粧で、装う。
いつからか、ことばでも、私たちは装うようになった。ことばと写真だけで、他者と繋がる。
現実とは別の現実、何者かになりたくて、どちらの世界でも装い続ける。この作品を読むと、自分を見ているよう。タクトもリカもミヅキもタカヨシ、登場人物の言動には見覚え、または思い当たる節がある。リアル。こわくてこわくて、ページをめくる手が止まらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平成生まれにはついていけず

2013/01/28 09:46

14人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:niko - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまの大学生の就活をめぐるあれこれの作品。
webでエントリー、ソーシャルメディアの活用…各社に葉書で資料請求した世代にはついていけませんでした。
若い作家の作品なので、そういうものかなと無理やり納得させましたが、流行りものを小道具として使い、話し言葉も砕け過ぎで、読んでいて疲れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/03 00:59

投稿元:ブクログ

映画の予告を観なければ、もっとストーリーの展開に驚けたのかもしれない。
痛さを自覚しながらも、自分をやっていくしかないのですよ。凹むこともありますが。

2013/12/04 08:24

投稿元:ブクログ

直木賞ということを外して読むと、少しピリピリ感が心地良い青春小説という程度で特に感激しない。今の若い人のメンタリティってこれで十分描けてるのだろうかよく分からない。

山場は二つあって、「会社って、考え方が合うわけでもない人たちと同じ方を向いて仕事しなくちゃいけないんだろう?その方向っていうのも、会社が決めた大きな大きな目標なわけで。納得せずに、自分を殺して、毎日毎日朝から晩まで働くって、そんなの何の意味があるんだよっと俺は思う。自己実現が人間にとって一番大切だって、どこかの哲学者も言ってただろ。」
というのに対し、
「最近わかったんだ。人生が線路のようなものだとしたら、自分と全く同じ高さで、同じ角度で、その線路を見つめてくれる人はもういないんだって」 「生きていくって、きっと、自分の路線を一緒に見てくれる人数が変わっていくことだと思うの」 「今までは一緒に暮らす家族がいて、同じ学校に進む友達がいて、学校には先生がいて。常に、自分以外に、自分の人生を一緒に考えてくれる人がいた。学校を卒業するって言っても、家族や先生がその先の進路を一緒に考えてくれた。いつだって、自分と全く同じ高さ、角度で、この先の人生の線路を見てくれる人がいたよね」 「私たちはもう、たったひとり、自分だけで、自分の人生をも見つめなきゃいけない。一緒に線路の先を見てくれる人はもう、いなくなったんだよ。」
「会社勤めをしている世の中の人々全員よりも、自分のほうが感覚が鋭くて、繊細で、感受性が豊かで、こんな現代では生きていき辛いなんて、どうせそんなふうに思ってるんでしょう」「そんな言い方ひとつで自分を守ったって、そんなあなたのことをあなたと同じように見てる人なんてもういないんだよ。あなたが歩んでいる過程なんて誰も理解してくれないし、重んじてない、誰も追ってないんだよ、もう」
と論破される。

もう一つが、私的心情吐露のツイッターで、他者を見下した内容ばかり書いていることについて、 「あんたは、誰かを観察して分析することで、自分じゃない何者かになったつもりになってるんだよ。そんなの何の意味もないのに」となじる。「何者」というタイトルはここから来てるのだろう。

「自分は自分にしかなれない。痛くてカッコ悪い今の自分を、理想の自分に近づけることしかできない。みんなそれをわかってるから、痛くてカッコ悪くたってがんばるんだよ。カッコ悪い姿のままあがくんだよ。だから私だって、カッコ悪い自分のままインターンしたり、海外ボランティアしたり、名刺作ったりするんだよ」

「カッコ悪い姿のままあがくことができないあんたの本当の姿は、誰にだって伝わってるよ。そんな人、どの会社だって欲しいと思うわけないじゃん」

ともにもっともなんだけど、社会に出て組織に巻き込まれたくない。評論家的態度 って、昔から言われてるテーマで新しさを感じない。過度にとんがった言い方をさせて、場面を緊張させる手法の透けて見えるところがある。比喩や言葉はうまいと思うが、それ以上にはり響かない。

通俗小説のような読みやすさがあって、小説家としてはうまいなぁと思う。ただ上のとんがったところ以外の日常の描写は少し退屈する。

表現はうまいですね。
「4月なると、キャンパス内にスーツ姿の学生がぐっと増える。スーツを着るということが特別なことではなくなってきたからか、ネクタイや髪型などへのこだわりもなくなり、よりシンプルになっていく。マフラーや手袋やコートも身に付けなくなった真っ黒な姿は、余計な脂肪を削ぎ落して体重測定をパスしたボクサーに似ている。あとはもう闘うしかないのだ。」のようなところ。

2013/06/28 21:00

投稿元:ブクログ

+++
「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。影を宿しながら光に向いて進む、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。
+++

五人の就活生の日常に、Twitterでのつぶやきという現代を象徴する要素を取り入れて、就活生の生態を描いた物語。と単純に考えていたら、それだけではなかった。ラスト近く、理香の爆発で、もしやと思っていたあれこれに納得する。タイトルの意味にも。それにしても、ここまで自分自身のことを考え見つめられる時期は、就活中以外にそうはないだろうとも思う。そのこと自体がたぶん恵まれているのだ。がんばれ若者、と言いたくなる一冊である。

2014/10/21 07:37

投稿元:ブクログ

まさに、こいつら痛いと思っている自分が一番痛いという話し。冷静な視点がぐるっとひっくり返るような感じの。

2013/07/14 19:38

投稿元:ブクログ

直木賞ってことなんだけど、ダメ、波長が合わなかった。好き嫌いでしか評価できないので、単に嫌いと言うか苦手な感じの本でした。

2015/09/04 15:51

投稿元:ブクログ

就活中の大学生を主人公に、現実の人間関係に加えSNS社会の要素も盛り込んだストーリー。…と書くと、取り立てて就活らしい就活もしないままに社会人になり、大学生時代には当然SNSも存在していなかったすでにアラフォーの私には遠い世界の物語という感じだが、実際にはこの物語、ネット上で何らかの「意見」だの「感想」だの発信している人なら誰でもそこそこ身につまされる部分のある、普遍性のある物語なのではないだろうか。「学校」という、評価の軸も優劣の価値観も見極めやすい(それゆえ、「人と違う」「個性的」なアピールもしやすい)小さな世界から、「社会」という茫洋とした、確固たるものさしで自分を測ることのできない大きな世界へ足を踏み出すタイミングに差し掛かった就活生たちの、自分とは何者なのかという不安や焦り、そしてそこから生まれる“自分は何者かである”とアピールしたくなる欲望。そうした不安や欲望は、現代の厳しい就活(簡単にたくさん受けられるが簡単にたくさん落とされる、「お祈り申し上げます」という言葉に負のイメージがつくほどきつい体験)の真っ只中にいる若者たちだけのものではなく、現実の生活と並行してネットで“自分について”発信している人間にも、少なくとも私にも、確かに存在するものだと、ラスト近くのどんでん返しのくだりで気付いた。
こんなものを食べた、こんなところへ行った、これを見た、あれを読んだ、そうしたことをSNSで発信する行動の裏の、「こういう(流行の/あえて流行じゃない)ものを食べているわたし」「こんな(話題の/あえて話題じゃない)ところへ行くわたし」を見せたい、「これを(客観的な目で/夢中になって)見るわたし」「あれを(批判的に/共感を持って)読むわたし」を見て欲しい、そういう思いの存在に、気付かされるこの何とも言えない恥ずかしさ! SNS時代より前の、ブログ時代より更に前の、ホームページビルダーにお世話になるところからネットで発信し始めた世代である私は、この作品に出てくる若者たちとは「現実」と「ネット」の距離感が全く違うが、それでも、発信する言葉によって“何者”かになった気になる、というネットならではの効能には、確実に酔っていた時期があったし、今もそういう効能から得られる満足感を全く味わっていないとは決して言えない。恥ずかしさのあまり、ブログもTwitterももちろんブクログもやめようかと一瞬思った程度には主人公へのしっぺ返しが自分にとっても突き刺さったけど、冷静に考えればそこまで恥ずかしい態度は今現在は取っていないと思うので、とりあえず、HNで発信する言葉を、もっと素直な、謙虚なものにしていこうと自戒するにとどめた。主人公たちと同じ時代を生きる同世代の読者とは全く重ならない感想かもしれないけど、これが私の感想です。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む