サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

全商品30%OFFクーポン【先着18,000名限定】(~6/25)

龍馬脳のススメ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/09/19
  • 販売開始日:2013/09/19
  • 出版社: 主婦と生活社
  • ISBN:978-4-391-13901-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

龍馬脳のススメ

著者 茂木健一郎 (著)

脳科学者として多方面で活躍する著者が坂本龍馬の思考法を分析し、「脳が喜ぶ10のレッスン」としてまとめた一冊。器が大きく、大事を成し遂げ、21世紀となった今でも多くの人を魅...

もっと見る

龍馬脳のススメ

540 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より756おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

人生が驚くほど変わる龍馬脳のススメ

1,296(税込)

人生が驚くほど変わる龍馬脳のススメ

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.3MB 無制限
Android EPUB 8.3MB 無制限
Win EPUB 8.3MB 無制限
Mac EPUB 8.3MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳科学者として多方面で活躍する著者が坂本龍馬の思考法を分析し、「脳が喜ぶ10のレッスン」としてまとめた一冊。器が大きく、大事を成し遂げ、21世紀となった今でも多くの人を魅了する龍馬に、あなたが近づくには? 茂木健一郎×杏のスペシャル対談も。主婦と生活社刊。

目次

  • LESSON1小さな自分の「殻」を飛び出してひとり高度成長する
  • LESSON2危機に動じないしなやかさを身につける
  • LESSON3自分を決めつけなければ脳はどこまでも伸びていく!
  • LESSON4男からも女からもモテる「龍馬型会話術」を身につける
  • LESSON5男は女脳に、女は男脳に学び、自由とパワーを手に入れる
  • LESSON6運と出会いを自分に引き寄せる「幸運の行動力」を磨く
  • LESSON7予想がつかない状況で場を仕切り、問題解決能力を育む
  • LESSON8小さな成功体験を積み重ねて自信を大きく育てる
  • LESSON9「楽観回路」を働かせて幸福感で心を満たす
  • LESSON10聞き上手になることが器を大きくする近道

著者紹介

茂木健一郎 (著)

略歴
1962年東京生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。「脳と仮想」で小林秀雄賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.4

評価内訳

2011/01/04 11:49

投稿元:ブクログ

1月4日読了。柔軟な思考と行動力で明治維新に向けて大きな役割を果たし、現在でも高い人気を誇る幕末の英雄・龍馬のような脳を手に入れるための10のヒントを説く本。「龍馬はこのような思想の持ち主、だったのではないか」と明らかに憶測の記述もあるが、こじつけめいた印象は受けない。非常にやさしく当たり前のことを述べており、龍馬ブームの最中でもあり内容は理解しやすい。本にしても、読む側に受け入れ態勢があるかどうか・でその理解度も変わってくるもの。世の中がいかに激動しようと、身の回りにいかに面白いものが溢れていようと、自分の心が頑なではそれを吸収することは出来ないよなーと思う。

2010/06/20 07:59

投稿元:ブクログ

龍馬の行動を読み解き、現代人に通用する龍馬の考え方を説く。非常に心が楽になる一書。エッセンスは以下のとおり。
組織に頼ろうとするな。
常にフリーになる意識を持て。
8割は本来の仕事を行い、2割は関係ないことを行え。
常に仕事を首になったらどうするか?というシミュレーションせよ。
普段から悩み、揺れ動くことが大切。
ムダなことをいやがるな。
偶有性(何が起こるか判らない状態)のとき、脳は力を発揮する。
自分のだめなところを認めよ。
自分の駄目ぶりをアピールし、警戒心をとれ。
主張は、その主張自体を相対化せよ。例えば「こういう見方もあるが、私は××の立場を主張します」というスタンス大事。
自分を客観視し、突っ込みを入れてみよう。
遠回りをいやがらない。
一つのことでなく、複数のことをせよ。
一生懸命行え。
全体に目を配れ。
迷ったら行動せよ。
ビジョン持て。
何でも良いからプロデュースできることをやれ。飲み会の幹事でもかまわない。
自分の弱点をきちんと見つめよ。
常に生まれたときのように好奇心を持て。
いろんな事を短期集中で覚えることはよい。

2010/11/07 19:47

投稿元:ブクログ

偶有性、アドリブに強くなる。
無意識の声に耳を傾ける。
幹事もろもろ経験。
セレンディピティを高めるんだ。
『おーい!竜馬』『巨人の星』読んでみたい。

2010/07/06 05:46

投稿元:ブクログ

○77自己欺瞞 「自分の言っていることがすべてじゃない」ということにうすうす気づいているにもかかわらす、その「うすうす」を否定しているのです。
★まさに、今の自分だ。素直じゃない。

2011/04/25 07:16

投稿元:ブクログ

「龍馬脳のススメ」 茂木健一郎

・自分という人間を変えるためには、自分から何が起こるか分からない
世界へと飛び込んでいかなければならない。

・「負け組」から龍馬は生まれた=逆境は人を大きく成長させる

・脳は本来新しいこをや刺激的なことが大好物。

・龍馬は自分の才能の大きさで事を成したというよりも、人と人を結びつけ
自分が求心力になって人を巻き込んでいくことで事を成した。しっかり「自立」
していないと、個人の力で人を巻き込んでいくことはなかなかできない。

・普段から悩み、迷い、揺れ動いていることはとても大切=事を成すエネルギーに
 「世に生を得ることは事を成すことにあり」

・何が起こるかわからない「偶有性」に向き合ったとき、脳は潜在的な力を
発揮する

・龍馬は自分自身の確かな評価基準「自分のものさし」を持って生き、
それを追求することによって道を拓いていった。=優等生レールを外れてみよう!

・劣等感は脳の成長をストップさせる→できない自分を認め受容しよう!
 「他人と比較した劣等感を持たない」
 「自分のことを決め付けない」

・「偶然はそれを受け入れる準備ができた精神のみに訪れる」
 アンリ・ポアンカレ(フランス数学者)

・運と出逢いを引き寄せる3つの行動のコツ
 1)寄り道や遠回りを嫌がらない
 2)ひとつのことではなく、いろんなこと、複数のことをやる
 3)そのどれに対しても一生懸命集中して取り組む

・予想のつかない状況下で「場」を責任持って仕切るという経験を数多く
積むと、「偶有性」に対応する力が増す。→幹事を進んで引き受けよう

・熱や情熱は伝染しやすいもの

・気づいたら日が暮れていた子供の頃のように夢中になって遊ぶ。
 おもしろそうだと思ったらアクセル全開!

・もっともらしい人はモテない。×いかにも先生

・「明日は生きているかどうか分からない」というような状況って、人間を
みずみずしく生きさせる。

2010/05/05 22:56

投稿元:ブクログ

ふ〜ん。ふ〜ん。
ある意味、それはやってしまっているかも。
最後のインタビューの杏さんにびっくりした。

2010/05/03 18:36

投稿元:ブクログ

大好きな坂本龍馬と大好きな脳科学。これがリンクした話は、読まずにはいられない。
内容としては、わかりやすい。
例え話に対する納得性も、当然ながら高くなる。
意識という制御機能が働いているのは、意識的にはずそうと思う。
そして論理的な男脳は身につけようと、改めて思う。

2010/05/15 15:27

投稿元:ブクログ

・偶有性にチャレンジすることで脳の力が伸び、その結果自分の殻を破って豊かな人生を切り開ける
・プチ脱藩で偶有イベントを体験する機会が増える
・他人とのコミュニケーションはとても偶有性の高い経験

2010/09/24 19:54

投稿元:ブクログ

★それぞれの脱藩ー例えば、 長年の片思いの相手に思い切って告白することも ☆自分を高度成長 ★メタ認知 自分を外から眺めている状況 自分の価値を客観的に捉える 自分ツッコミで鍛える ★女脳 おねえ力 共感能力、柔軟性、感性 妻に仕事のことを相談し本気で参考にする ★ビジョンを持つ→心に北極星を持つ ★セレンディピティをつかむ どちらかというと、行動を起こす準備を始めるのは無意識のほうであり、意識とは後追いで理由づけするもの、さらに、行動の拒否権発動に近い ★楽観回路 感動の種を毎日見つけに行く 今日生まれたような気持ちでいる

2010/04/13 17:50

投稿元:ブクログ

坂本龍馬さんの能力や人間性に感動しました!水のような人。理想的です。
対談の杏さんもすごい人だと思いました。

2010/04/23 21:00

投稿元:ブクログ

まだ途中ですが優しい言葉で書かれていて、茂木さんの人柄があらわれているようでホッコリします。「脳科学的」的なモノを科学的にはどうもアヤシイといぶかしんでいるんですが、龍馬を軸に脳科学の知識をサラリとスパイスに知的に生産的な生活を勧めて、応援したいという感じをうけました。

ていうか、自分の誕生日に発売され、田舎が高知なもので運命的な出会いと思い買ってみました。意外と今の自分の状況によいアドバイスにもなっていて好印象でした!

まだ途中なんですが、レポでした!

2010/05/09 10:13

投稿元:ブクログ

みんなが尊敬する坂本龍馬
彼の脳と、僕の脳はどんなちがいがあるのかという視点で見た。

あの時の坂本龍馬の脳は
こういう状態だったのかってのが
現代社会ではこういうこと
という風に分かりやく書かれてて
ものすごく勉強になった。


茂木先生の本は
とてもシンプルで
読む人にやさしいし
具体的にな例がたくさんあって
取り入れやすい。

2010/07/19 16:13

投稿元:ブクログ

脱藩して自律せよ。偶有性を楽しめ。もがき苦しめ、それが次への準備だ。場を経験せよ。
日常の中で活かせる気づき。ちょいと元気になる。

2010/11/09 16:10

投稿元:ブクログ

揺動散逸定理(ようどうさんいつていり)
あるシステムが、変化に対してどれ位対応できるかは、そのシステムが普段からどれくらい揺らいでいるかに比例する。

セレンディピティ
偶然の幸運に出会う力

2011/06/19 17:40

投稿元:ブクログ

行動がすべての原点になる。行動しない限り変化は訪れない。いろいろ考えて悩んでしまうくらいなら、行動したほうがラクということはよくわかります。

わたしはどちらかというと考え込んでしまう方で、一度考えてしまうと、どんどんああでもない、こうでもないと考えてしまい結局行動できなくなってしまいます。
そこで、最近はいろいろ考えそうになったら、まず考えるのをやめて動くことを心がけています。「あぁ、動く前にいろいろ考えている」と思ったら即、考えることをやめて動きます。席を立つだけでも変わります。あるいはとりあえず電話をする。とりあえず上司に聞くなどです。一度、躊躇すると動けなくなってしまうので、いいのか悪いのかは別として、あまり考えずに「行ってまえ」という感じです。実際やってみると、あれこれ考えるより精神的にはラクです。
また、龍馬は熱狂的に何かに集中することが多かったようですが、わたし自身、最近何かにハマルことが減ってきたように感じていました。しかし、最近ハマっていることが「立ち飲み」です。立ち飲みに行く前は、飲むときぐらいゆっくり座って飲みたいと思っていましたが、意外と立って飲むことは苦になりません。なぜか逆に楽しいくらいです。不思議です。(←大阪に戻ったときも立ち飲みいってみよう!)

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む