サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

つねならぬ話

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/11/29
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-109847-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

つねならぬ話

著者 星新一 (著)

海の下の、奥の奥で眠っている神の夢。大地をうごめき、すべてを食い尽くす不快なブガン。アステカの怪しげな薬草に酔って義経がみる昔日の幻。満月の夜にとらえた人魚を食べてしまっ...

もっと見る

つねならぬ話

432 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

つねならぬ話 (新潮文庫)

497(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.1MB 無制限
Android EPUB 8.1MB 無制限
Win EPUB 8.1MB 無制限
Mac EPUB 8.1MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

海の下の、奥の奥で眠っている神の夢。大地をうごめき、すべてを食い尽くす不快なブガン。アステカの怪しげな薬草に酔って義経がみる昔日の幻。満月の夜にとらえた人魚を食べてしまった男たちのゆくえ――。天地の創造、人類の誕生などを語りつがれてきた物語が、いま奇抜な着想で生れかわる。あなたを空想の小宇宙へ誘う、幻想的で奇妙な味わいの52編のワンダーランド。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これが....

2015/08/16 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.s - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショートショートの巨匠がおくるつねならぬ話。え、読めば分かりますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

薄い本だが質は劣らない。

2015/09/28 22:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

天地の始まりに関する物、義経・マルコ=ポーロの弟・秀頼の“その後”の物語、夏目漱石の「夢十夜」を翻案したもの、昔話風の物語など、64編のショートショートを収めた一冊。だけど一つ一つは短く、極めて薄い本である。でも、読んでみるとおもしろい。短いのに起承転結がはっきりし、読者を引き込むものがある文章を、こうもたくさん書けるとはさすがである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つねならぬ状態となった作者が綴る物語。

2011/09/12 16:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 粗いなぁ、といった感じ。
 星新一作品の味わいは、人物の心理描写などを省いたシンプルさと、絶妙に組み立てられた物語の構成、ユニークな着想、意外な結末などが、高度にバランスされていること。
 しかし、本書に収録の作品は、どれも、まとまった形を成しているが、文章や構成に、かなり粗い印象を受ける。
 そう思うのは、「できそこない博物館」で紹介されている、作品にならなかったものの、それなりに物語として出来上がっているメモの文章と似ているからだ。そして、そこに共通するのは、思い浮かんだ着想と話の展開を、そのまま文章にしていった、という感じなのだ。
 と、思っていると、それを示唆するようなものがあった。

「二月九日の夜、なにかが私に乗り移った。これらの話が、三時間半ほどのあいだに、頭のなかに語られた。……中略……作家生活は長いが、苦しまずにアイデアがひらめくなど、年に一作あるかないかだ。この十四枚のメモは、次の日になっても、書斎の机の上に残っていた。順序は、そのまま。私の文章になったのは、いたしかたあるまい」

 これは、本書の最後に収録されている【話】(ささやかれた物語の章)という作品の一部である。
 ささやかれた物語の章は、この話を除いて十四話。上の十四枚のメモと重なるし、ささやかれた物語という章のタイトルも意味深だ。きっと、つねならぬ状態になった作者自身を描いたに違いない。

 この、なにかが乗り移って話を語り、それを記した文章スタイルが、収録作品全体にも感じられて、先の感想となる。
 星新一作品の味わいが薄まって、なんとなく物足りない。
 そんな中から、気に入ったものをピックアップ。

【夜空】
 UFOを見ていないなんて、おかしいと言う友人。山のペンションに泊まり込み、UFO目撃を試みる。努力するものの、なかなか見えない。
 悲哀感が不安に変わり、感情が揺れ動き、やがて、持ってゆきどころのない怒りがこみあげてきたとき、それを見た。

 UFOを見た男への、友人の助言が面白い。小咄的。

【古い家】
 迫力ある霊が現れるという幽霊屋敷の所有者の元に、コンサルタントをしている男が訪れた。
 その男が提示した、その屋敷の利用法とは。

 ブラックジョークのたぐいか、それとも迫力ある幽霊の有効活用か。お化け屋敷じゃ芸がない。

【筒】
 海岸に流れ着いた太い竹の筒。口を当てて声を出してみると、理解不能な別の言葉が出てきた。使い方は分からない。
 ある日、子供が妙なことを口にした「クカロレン、ソラキバツ」。思いついて、竹の筒を当ててみると、理解できる言葉が出てきた。「あすの夜、大津波」と。

 この筒があったなら……。

【収録作品】
〈はじまりの物語〉
 風の神話、表紙の神話、天空の神話、海の神話、やじうま神話、さざれ神話、ブガン神話、しらけ神話。

〈もしかしての物語〉
 花も嵐も、旅情、海の若大将。

〈お寺の昔話〉
 天狗、宿屋、古戦場、満月、花、門前町。

〈夢20夜〉
 旅館、夜空、背中、老人、スパイ、ヨウカン、船、古い家、社会、花の女、災厄、夜の話、白い粉、風景、ネズミ、福、虫、営業、昔の話、部屋。

〈ささやかれた物語〉
 壺、川、緑、雪、鳥、光、海、竹、鏡、筒、水、夜、寺、空、話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想!

2017/03/25 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シゲ - この投稿者のレビュー一覧を見る

星新一さんの本は、読書嫌いの私を読書好きにしてくれた本です。

一話が短く、そしておもしろい。

懐かしくなり、購入しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/26 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/27 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/20 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/10 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/23 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/17 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/31 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/17 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/31 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/22 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む