サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0731)

	東洋経済新報社 週刊東洋経済ライフシフト特集施策 ポイント最大50倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet
「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet(新潮45eBooklet)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet

著者 野口剛夫

『NHKスペシャル』で取り上げられて以来、佐村河内守の名声と人気はいや増すばかりの天井知らずである。本稿では、テレビ出演以来くすぶる「本当に氏は全聾なのか?」は棚上げする...

もっと見る

「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet

108 (税込)

ポイント :1pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月24日(月)~
2017年7月27日(木)23:59


電子書籍全品
ポイント最大50
キャンペーン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2017年7月1日(土)~
2017年7月31日(月)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『NHKスペシャル』で取り上げられて以来、佐村河内守の名声と人気はいや増すばかりの天井知らずである。本稿では、テレビ出演以来くすぶる「本当に氏は全聾なのか?」は棚上げするにせよ、音楽自体にマスコミが絶賛するような価値があるのか否かを考えてみた。心ある音楽ファンなら誰もが溜飲の下がるしごく真っ当な批判であろうと自負している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

感心しました

2014/02/09 18:55

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koma - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の冷徹な鑑識眼には感心させられました.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

子どもの作文

2015/06/01 14:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ズッチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「全聾の天才作曲家 佐村河内守は本物か」、「佐村河内問題とフルトヴェングラー」も読んだものの、子どもの作文に過ぎない。こんな文章をなぜ、電子書籍で販売する意味もない。
 佐村河内問題はフルトヴェングラー・マニア、野口剛夫の売名行為である。「全聾の天才作曲家 佐村河内守は本物か」に「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を出すようでは、日本のジャーナリズムの恥である。そんな、子どもの作文でテレビ出演も厚かましい。「週刊金曜日」にも新垣氏のことを持ち出したことにも呆れている。もう、いい加減にしてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今話題

2014/02/14 20:22

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kanetada - この投稿者のレビュー一覧を見る

興味津津

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する