サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全品ポイント最大50倍(~3/31)

世界十五大哲学(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/21
  • 販売開始日:2014/03/21
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • ISBN:978-4-569-76141-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

世界十五大哲学

著者 大井正 (著),寺沢恒信 (著)

作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏が、自著のなかで「説明が丁寧でわかりやすく、この本のおかげで哲学の入り口を間違えずに済んだ」と紹介。以来、入手困難な稀覯書として注目を集...

もっと見る

世界十五大哲学

850(税込)

ポイント :7pt / 紙の本より230おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

世界十五大哲学 (PHP文庫)

1,080(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 14.4MB 無制限
Android EPUB 14.4MB 無制限
Win EPUB 14.4MB 無制限
Mac EPUB 14.4MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏が、自著のなかで「説明が丁寧でわかりやすく、この本のおかげで哲学の入り口を間違えずに済んだ」と紹介。以来、入手困難な稀覯書として注目を集めていた名著を復刊。ソクラテス、プラトンから、デカルト、カント、ヘーゲル、そしてマルクス、サルトルまで。哲学史に多大な影響を与えた15人の大哲学者の思想、生涯、著作、時代背景を平易に解説。西洋哲学の歴史がわかる「第一編 哲学思想史」や、巻末の用語解説も充実。教養のベースとなる哲学の基礎知識と思考法が1冊で身に付く、哲学入門書の決定版! また、知る人ぞ知るロシアの哲学者・チェルヌィシェフスキーについて1章をさいて解説しているという点でも貴重な1冊である。「本書では15大哲学者の個性をつうじて、その前後とその背後の時代思潮をつかむことができるように留意した。こうすることによってはじめて、15人のべつべつな哲学者としてではなくて、2000年の哲学史を代表する15の偉大な哲学体系として理解することができよう。さらに、哲学というものの概要、哲学の短い歴史、哲学上の重要用語の解説をつけた。これによって、もともと哲学には関心はあるけれども、かんたんに哲学問題に深いりできなかった人々に道をつくったつもりである」(本書「序」より抜粋)「実は、この本は、私が初めて買った哲学書で、その後も人生の伴侶となっている本だ。あちこち線を引いて、書き込みをしたので、ぼろぼろになってしまった。今回、解説を書くために本書を再読した。現在の水準で考えても、素晴らしい入門書と思う。思いつきを、筋道をたてて整理して、きちんとした考えにまとめるためには、哲学的な基礎訓練が不可欠だ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哲学という山脈を辿る

2014/04/06 18:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やびー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の全文より、「復刊によせて」を佐藤優氏が書かれているが、本書の存在を佐藤氏の著書の中でその存在を知っていた。

 偶然、書店で見かけた時にはびっくりしたが、本書は1962年に富士書店から刊行され、新たに今回、復刊に至ったとの事。

 今、流行りの「超訳~」みたいな、適当に文章を抜き出し手前勝手に解説した薄い内容を読んで哲学を解ったつもりになるよりも、解りやすい文章で哲学の歴史を順に追って説明し、その深淵な思想への入口へた誘ってくれる。

 具体的には二部構成で本書は書かれており、一部は哲学思想史を具体的に解説。二部では、十五人の哲学者に焦点をあてて、詳しくその思想に触れるだろう。

 哲学に興味を持つあなたのガイドを努めてくれる、頼りになる一冊だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/23 20:15

投稿元:ブクログ

偶然ブックオフで見つけた。いつもは100円コーナーしか見ないが、少し気持ちが大きくなって、違う値段帯のコーナーを見ていたらふと目についた。開きもせずに買うことにしたが、序文に佐藤優の推薦文が乗っており、彼もこれを持って哲学の入り口としたとあった。中学2年の頃だったというので恐れ入るが、しかしとても読みやすい、今までの入門書が何だったのかと思うような語り口である。今までの煩雑だった知識が見事に整理され、哲学史含めすっきりと自分のものになっていくことを感じた。マルクス主義の立場で書かれているが、一般的な理解も含めて平易に書かれ、自身の哲学的姿勢を持っているならば偏りなく学び取れる。これぞ良書。

構成は3部でできている。第一部は哲学思想史、第二部は15人の世界的哲学者の人生と思想をそれぞれわかりやすくまとめている。そして第三部は哲学用語辞典である。これも丁寧でわかりやすい。

いい本との巡り合わせは「出会い」と表現したくなる。そこには人生観があり世界観があり、深い情的な交わりがある。

2015/2/23

2014/12/27 18:25

投稿元:ブクログ

 1962年に出た『世界十五大哲学:哲学思想史』という本を文庫版で復刊したもの。まず哲学とはどういう学問か、哲学思想史の概観が解説され、その後にソクラテス、プラトン、アリストテレス、トマス・アクィナス、デカルト、ロック、ディドロ、カント、ヘーゲル、キルケゴール、マルクスとエンゲルス、チェルヌィシェフスキー、中江兆民、デューイ、サルトルの15の思想について、時代背景と主な著作の内容、著者らの分析を合わせて解説される。巻末には「用語解説」として、本文中に出てくる哲学用語を解説した部分があるので、第一編が読み終わったら用語解説に飛んでから第二編を読む、という流れがいいかもしれない。
 文庫版においては佐藤優という作家の解説が冒頭にあるが、「この本は12歳の時に買いました」みたいなことが書いてあって、いきなり気分を害してしまう。分かりやすいし面白いけど、30のおれが読んでも結構何回も読み直したりして、決して簡単なものではなかった。
 まず哲学の精神とは「人民の中にあって人民のために考え、かつそれを実現するために働くこと」(p.534)であるという著者の強い考えが伝わってきた。そして思想史全体としては、「感覚的には知ることができない精神とか神とか、あるいは自我とかを原理にして、そこからすべてを説明」(pp.559-60)する観念論と、「原子とか、なんかの法則とかを原理にして世界の諸現象を説明」(p.560)する唯物論という、存在に関する思考の2つの出発点があるということが分かった。さらにそれを越えようとした現代思想(プラグマティズム、実存主義など)がある、という構図が見えてきた。
 以下、興味深いと思ったところを列挙すると、ギリシャ哲学が衰退し、エピクロスやゼノンのような「どうすれば各個人が心の不安なしに生きられるか、という生活術を説くもの」(p.97)が現れたかということについては、ギリシャ哲学がそもそも統治者による哲学であり、労働者(奴隷)には開かれたものでなかったから、という分析は面白いと思った。「統治者とは」という視点しか持っていないと、コスモポリタンとして世界人民の平和をという発想に至らない、ということだろうか。
 ソクラテスの後への影響について述べられた部分が興味深い。「主体的な側面がより全面にでるか、比較的背後にしりぞいているか、ということは、それぞれの哲学者によってちがいがある。しかしそれにもかかわらず、主体的な問題をまったく含まない哲学はない」(p.205)と解説され、理論と実践の統一を目指す哲学像はソクラテスによって及ぼされた影響とされているのが重要な部分だと思った。
 また、思想と言えばよく「形而上」、「形而下」ということが言われるが、もともと形而上学とは、アリストテレスの遺構を編集したアンドロニコスが自然学の後に(=メタ)置いた学問(第一哲学)という編集上の都合を表す言葉に過ぎない、という部分に驚いた。「わかりにくくいやな言葉」(p.251)と著者が書いているのが面白い。
 次にカントの認識論における悟性、というのが高校の時勉強しても訳わからん、と思ってたけど、要するにドイツ語のVerstandの訳語で「理解力」ということだ(p.614)、というのは知らなかったし、理性とは違うものだ���いうことは分かった。そして一見すると要するにヒュームの「目による主観主義から頭による主観主義に変った」(p.383)というのは分かりやすい。
 そしてヘーゲルと言えば弁証法だけど、そこから三分法によって体系化するということが言われたが、「あくまでも対象の内的運動を追求するという弁証法的方法の主旨を裏切り、かえって、外的、偶然的な理由をあげて事柄にとって余計な説明をもっと捕捉しなければならぬ破目に、ヘーゲルをおとしいれている場合が多い」(pp.424-5)というのは、なんかヘーゲルに限らず、いろんな学問の理論や、あるいは組織の規則なんかでありそうなことだなと思った。そしてこれが「観念論的弁証法」であり、エンゲルスが言う「唯物論的弁証法」というのは、「対象における矛盾の解決は、出発点にあったものより以上の具体化であり、より高い発展である」(p.491)と述べたのも面白いと思った。
 最後に、チェルヌィシェフスキーという人を初めて聞いたが、この人は「25才で結婚するまえに、その婚約者に、自分には苦難の運命が、おそらくは死がまっているかもしれない、と語っていた。しかも彼は、敢てその道を進み、自らこの苦難の生活を選びとった」(p.514)人で、25年も流刑地にいたというすごい人らしい。哲学者というのは、実際はこういう人たちのことを言うのだろうか、と思った。そしてこの人の言う「あたらしい人」とは「打算」に基づいて行動し、「善と真、誠実と知識、性格と知性は、同一の概念」(p.525)となり、「気にいった有益な労働にむけられた知性は、人類の真の利益と一致するような個人的利益に合致すること、したがってもっともきびしい正義ともっとも鋭敏な道徳的感情とがもつ諸要求に合致することだけを、つねにすすめる」(p.525)という思想は、なんか悟っている感じがする。打算、というのがどういうことなのか、もっとよく知りたいと思った。
 他にも、デカルトの用意周到な性格や、キルケゴールの恵まれな生涯など、思想というのはその人、その時代を見ることによって、よく見えてくるんだな、と思って、高校の時はそういう学習をしなかったので、分厚い本ではあっても飽きずに読むことができた。(14/12/27)

2016/04/17 19:29

投稿元:ブクログ

酔っぱらった状態でたまたま買った本だけれどおもしろかった。哲学は文学的で難しいというイメージがあったけれど、哲学者とその考え方が歴史を追って書いてあるためわかりやすかった。
哲学は自然科学とも関連性があるということがわかったことが発見だった。
本の最後に「用語集一覧」が掲載されているため
またちょっとしたときに使えそう。
50年前に出された本だけど、その時代の筆者とも会えて良かったかな。
たまには酔った勢いで買ってみるのもいいものだ。

2014/02/20 23:40

投稿元:ブクログ

哲学の初学者は、まずはこの書籍から読み始めたら良いかと思う。

西洋哲霊は、「Plátōnに対する一連の脚注である」というのは有名な言葉である。
ただし、最初からPlátōnを読み始めるのはチャレンジングであると思う。
まずは土台を固めてから建物を作ったほうがよいのである。ここでの基礎とはつまり、哲学を俯瞰的にみた視点であり、古代から現代まで哲学が何を論点としてきたのか、ということを意識してまず眺めてみる。
本書はこれにぴったりの一冊である。

1人数十ページでまとめられており、15人の哲学者が登場する。
かなりメジャーな哲学者が多く、歴史の潮流を完璧に捉えている。が、ページ数の制約から、哲学自体の紹介はかなり荒いと思われる。

さて内容であるが、哲学とはその本質に、究極まで物事を疑いなにが真理であるのか、ということを探る学問である。数学でいう公理系を世界に対して構築するようなものである。
ある人は、物事の本質が「あり」、それが存在として表面化すると言う。ただし、その本質は見ることができない。
一方で、実在主義者は確かに本質はあるかもしれないが、それを見ることができないのでそれに意味はなく、その存在が本質であるという言う。
(さらにSartreは実在主義の観点から上記の理論を精密化している)
というように、哲学とは新しい人が新しい理論を構築するというよりも先人の理論に対して新しい解釈や反対する論理を構築するという歴史的な背景があるのだ。
(この意味で、哲学はPlátōnの脚注といわれるのであるが)

また、哲学の書籍で頭を悩ませるのが難解な単語が多いことである。その点で、本書は巻末に簡単な辞書が載っており必要に応じてそちらを参照することで理解の助けとなる。
が、常々思うのであるが、哲学の専門用語を調べると、それを説明している単語もわからなくなる。
例えば、「実在」とは真実の存在とある。そこで問題となるのは「真実」と「存在」の意味するところであるが「存在」の意味は載っていない。存在するってなんでしょうか。

哲学って難しいし、この一冊で哲学を理解したならば、たぶんそれは哲学をわかっていない証拠であろう。

2015/04/13 10:19

投稿元:ブクログ

序文では含蓄がある哲学についての概観、哲学への取り組み方などが端的な言葉で述べられている。続いて、第1章哲学思想史のⅠでは「哲学のすすめ」が詳しく書かれている。この数十ページを読むだけでもいかに私たちにとって哲学的考え方が大切であるかを理解することができる。哲学者については、主にデカルトを読んだ。他のデカルトに関する本の内容とも比較しながら読んだが、デカルト像が今までにも増して立体的に深くとらえることができた。

2016/02/17 23:21

投稿元:ブクログ

再読確定。一度じゃすべて理解できない。

観念論(アイデアリズム)⇔唯物論(マテリアリズム)


---

1. ソクラテス:古代ギリシア。「無知の知」。科学と哲学を区別した、哲学はソクラテスから始まった。

2. プラトン:ソクラテスの弟子。『国家』、イデア論。

3. アリストテレス:プラトンの弟子であり、批判者。三段論法。アレクサンドル大王を教えた。

4. トマス・アクィナス:13世紀イタリア。アリストテレスの哲学とキリスト教の教義を結びつけた。『神学大全』

5. デカルト:17世紀フランス。「我思う、故に我あり」すべてのものを疑った。『方法序説』。生得観念。機械論的唯物論という自然観。

6. ロック:17世紀イギリス。生得観念の否定、観念は経験を起源にしている。社会契約説

7. ディドロ:18世紀のフランス啓蒙思想家。

8. カント:18世紀。ドイツ古典哲学者。フランス革命、イギリス産業革命、ドイツ精神革命に影響を与えた。

9. ヘーゲル:19世紀。カントを発展させた。ドイツ古典哲学の完成者。弁証法的方法。

10. キルケゴール:19世紀デンマーク。

11.マルクス、エンゲルス:19世紀ドイツ。マルクス主義は、弁証法的唯物論(哲学)、剰余価値学説(経済学)、階級闘争理論(社会主義)を含んでいる。

12.チェルヌィシェフスキー:19世紀ロシア。農奴解放。フォイエルバッハの弟子。

13.中江兆民:19世紀日本。唯物論。「わが日本、いにしえよりきまにいたるまで哲学なし。すべての病根ここにあり」

14.デューイ:20世紀アメリカ。プラグマティズム(観念論でも唯物論でもない第3の哲学)目に見える現象だけを哲学の問題とする。

15.サルトル:20世紀フランス。実存主義。存在論。

---

memo:

31
できる限り前提をはっきりさせて議論をすすめるのが、哲学のやり方である。常識でははっきりしていると思われている前提でも、少なくとも一度は疑ってみて、再検討するのが、哲学の主要な仕事の一つである。

47
自分自身の理性と経験にもとづいて、何ものかを、それが真理であるかどうか、と吟味することになる。

94
明治の初年に西周がphilosophyの訳語として作った「哲学」という用語

99
ローマは、軍事的にギリシャを征服したことによって、文化的にはギリシャに征服された、といわれている。だが、この場合のギリシャ文化とは、東方化したヘレニズム文化であった。

399
今日、哲学上でどんな立場に立つ人でも共通して認めなければならない哲学史上の巨大な山系に二つある。一つは、古代ギリシァにおいてソクラテス、プラトン、アリストテレスと続く山系であり、もう一つは、カントからヘーゲルに至るドイツ古典哲学の山系である。

466
この思想体系(マルクス主義)の根底に弁証法的唯物論とよばれる哲学を持ち、さらに剰余価値学説を中心とする経済学と、階級闘争理論を中核とする社会主義理論とを包含している。

475
唯物論は、世界が神の被造物で��るとか、世界が何か知られない原因によって無から創造されたものであるとか、と主張する思想(観念論)に対立して、世界は自然である、つまり、世界はひとりでに出来上がっている、ーー「自然」とはこういうものであるーーと主張する思想である。

479
マルクス主義は、哲学を「唯物論」と「観念論」との2つの党派、2つの陣営に区別した。(中略)哲学史を、自然を根拠とみなし、自然から精神が発生するという「唯物論」と、精神に対して自然を根源とみなす「観念論」との対立であると明確にとらえたのは、マルクス主義であった。

493
マルクス主義によれば、このさい人間と他の動物とを区別する特徴は、人間が「労働する」ということである。「道具」を用いて生産することである。

500
マルクス主義は、社会の「土台」の段階的な変化に応じて「上部構造」が変化すると説明する。(中略) 「上部構造」のこのような、全体的な変化は「革命」と言われる。

2014/05/09 08:09

投稿元:ブクログ

【読書その140】尊敬する佐藤優氏の推薦の哲学書。哲学を学びたいと思っている人にはお勧めの入門書。アリストテレス、プラトン、カントなどの哲学者の考え方をコンパクトにまとめた本。

2014/05/10 11:17

投稿元:ブクログ

「万有の真相は唯一言にして悉す。曰く『不可解』。我この恨みを懐いて煩悶終に死を決するに至る」藤村操 批判が印象的。考える事を放棄した人間が自殺をする。答えが欲しければ宗教に向かえばよい。但し無数の教義の中から1つを選択する素朴さが必要だろう。逆に哲学は人生観の探究である。という「人生と哲学」の他に「科学と哲学」「社会と哲学」の3つの側面から、「哲学とは何か」を論証。この中で最も重要なのは「社会と哲学」である。人間は社会的動物であり社会と切り離して人生の意義について考える事は不可能だからというのがその理由である。よって「哲学とは科学的世界観に関する学問である」というのが本書のスタンスになっており、やや社会科学的側面が強いかなという印象。1部は興味深く読んだ。3部の用語集も参考にはなる。
メインは2部で、15大哲学として15人が紹介されているが、やや過不足感があるように思う。ハイデガーやニーチェが抜けてるし、著者の主観好みで入ってしまったような入門書にはどうかなって人物もいる。50年前に出版された本なので仕方ない部分もあるが、各々の説明の古臭くてわかりにくい。ある程度の知識があって、批判的に読むのが妥当な感じで、私のようなあまり知識のない人間が入門書として読むには相応しくないような。佐藤優推薦だからといって全ての読者に有益であるかというと、そんな事はないという当たり前の事実を認識した。ただし、前書きの塾講師との師弟関係の記述はちょっと感動的で、この本が彼の思い出の1冊であるというのは伝わってきた。

2014/09/17 17:27

投稿元:ブクログ

中江兆民より
「わが日本、いにしえより今に至るまで哲学なし…すべての病根はここにあり」
「哲学なき人民は、なにごとをなすも深慮の意なくして、浅薄を免れず」
日本人について…哲学なきものの小利口。あらゆる変革がつねに不徹底、妥協的、表面的。
教育の根本を改革して人民を鍛え上げるよう努力することだ。
…と書いてあるのを読むにつけ…納得しかない。

2015/01/29 23:17

投稿元:ブクログ

入門書とあるが、難しいと思う(私自身哲学は門外漢)。
特にキルケゴールがきつかった。時間をおいて再読する。

2014/02/01 12:18

投稿元:ブクログ

祝復刊、祝文庫化

PHP研究所のPR
「佐藤優氏が自著の中で「この本のおかげで哲学の入り口を間違えずに済んだ」と紹介し、現在入手困難となっている哲学入門の名著を復刊。」
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76141-1

2016/01/30 16:31

投稿元:ブクログ

佐藤優氏が初めて買った哲学の概説書、ということで、PHP文庫で復刊されたもの。著者らはマルクス主義哲学の立場にあること、刊行が1962年であり、古くなっていること、OCRによる誤字が幾つか見られるなど、問題点がありますが、哲学史、15名の代表的哲学者の思想のコンパクトな解説などは、なるほど、確かに価値があると思いました。これで、1000円は安い。

2014/03/17 01:50

投稿元:ブクログ

朝、出張に行く前に東京駅構内の本屋で手にした本。帯に「佐藤優推薦!」とある。そういえば、この本を紹介していた記憶があった。買うしかないじゃないか!

冒頭に佐藤優さんが「復刊に寄せて」とコメントを書いている。彼がこの本を手にしたのは中学1年生のときらしい(今から42年前!)。確かにこの本は分かりやすく書いているが、なんと中学1年生がこれを読んでいたのかと思う。赤線をたくさん引きながら、ボロボロになるまえ読んだ本らしい。いまの佐藤さんがある理由を垣間見れるような気がする。

本書がいいのは、最初に哲学の歴史的流れ(概観)がある点ではないか。2部構成になっていて、前半が哲学の歴史的流れ、後半が個別の哲学者の紹介となっている。人の営みの根底に流れる考えが、古代から近代までにどういう風に変遷してきたのか。それをザッと理解してから個別の哲学論に入るというスタイル。そこが秀逸のように思う。

2014/02/28 21:39

投稿元:ブクログ

大きな哲学史の流れを十五人の哲学者を紹介する形で述べられた書。表紙もポップだし、平易でわかりやすい文章で書かれているので、割とすらすら読める(といってももちろん哲学の書物です…)。600ページに哲学史の概観と15人のさわりの説明なので、やはり物足りない。ここから気になったものを深く掘り下げる形がいいだろう。私はやはりサルトルの実存主義が気になる。哲学に少しでも興味があるのなら読むべし。

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む