サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全品ポイント最大50倍(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像
司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/28
  • 販売開始日:2014/03/28
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • ISBN:978-4-08-720705-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

著者 一坂太郎 (著)

国民的作家として読み継がれている司馬遼太郎。そのあまりの偉大さゆえに、司馬が書いた小説を史実であるかのように受け取る人も少なくない。しかし、ある程度の史実を踏まえていると...

もっと見る

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像

648(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像 (集英社新書)

821(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.8MB 無制限
Android EPUB 9.8MB 無制限
Win EPUB 9.8MB 無制限
Mac EPUB 9.8MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国民的作家として読み継がれている司馬遼太郎。そのあまりの偉大さゆえに、司馬が書いた小説を史実であるかのように受け取る人も少なくない。しかし、ある程度の史実を踏まえているとはいえ、小説には当然ながら大胆な虚構も含まれている。司馬の作品は、どこまでが史実であり、何が創作なのか? 吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作が活躍する司馬遼太郎の名作をひもときながら、幕末・維新史の真相に迫る。【目次】はじめに

著者紹介

一坂太郎 (著)

略歴
1966年兵庫県生まれ。大正大学文学部史学科卒業。萩博物館特別学芸員。山口福祉文化大学特任教授。防府天満宮歴史館顧問。著書に「高杉晋作」「長州奇兵隊」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

司馬ファン必読の書

2013/09/29 17:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は司馬氏の虚構を徹底的に追及していこうという内容ですので、司馬遼太郎信者は激怒するでしょう。
 一坂氏は、「本書では松陰・龍馬・晋作を主人公にした『竜馬がゆく』『世に棲む日々』を中心に、司馬遼太郎が描かなかったもの、避けて通ったものが何だったのかを探ってゆきたい。そうすれば、現代の幕末伝説とは違う、決して憧れだけでは済まされない部分が見えてくるだろう(13ページ)」 という意図で、司馬遼太郎作品の胡散臭さを暴いていきます。本書では「史実」と比較して司馬作品を論じていますので、司馬作品の矛盾点等が明らかになっています。
 とにかく、ノンフィクション風に仕上げている司馬作品は、史実をヒントにした「創作物語」と認識して読むことが肝要ということが理解できました。ところが、司馬遼太郎の術数にハマった武田鉄也のような司馬竜馬信者が盛んに宣伝するので、偽の「坂本竜馬」が拡大再生産されているのが現状です。司馬信者も本書を読み、司馬作品には創作が多く含まれていることを知ってもらいたいものです。
 一方、「坂本龍馬」は暗殺ターゲットとなるほどの人物だったことも確かであり、竜馬ではない龍馬の真の実像を知りたいと強く思いました。それにしても高杉晋作の「武勇伝三点セット」は、全て史実とは確認できないなんて驚きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/21 00:05

投稿元:ブクログ

中学生の頃に”竜馬がゆく”を読み憧れ、何度も読み直してる。
全8巻を人にあげたことも2回あるw

そして、卒論も坂本龍馬。
”坂本龍馬日記”という当時の最新資料を読みながら、”竜馬がゆく”ではない龍馬を発見。

山岡荘八さんの”徳川家康”を読んでから司馬遼太郎さんに対する”?”も生まれたから、卒論作成時から色々想うところあり、本書も全然違和感無く読めた。
ってか、秀逸。


ただ、それでも坂本龍馬が魅力的なのは変わらない。


あ、何度も伝えてるけど、良ければ俺の卒論もw
http://downpicker.com/sotsu.htm


というわけで、本当に良い本でした。

2014/08/14 12:28

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎の著作から松陰、龍馬、晋作の事実と違う部分を書いています。司馬史観というより、完全な事実の歪曲という部分もあり見方を変える必要があります。小説として司馬遼太郎の著作は、信念を持った日本人の生きざまを示し勇気をくれるものと愛読していましたが、小説である事を再認識しました。ただそのことを差し引いても魅力ある小説であると思います。

2016/02/14 01:01

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎が国民的作家であるがゆえに作品に登場する人物たちの評価やイメージを決定的にしてしまい、そこには歴史家としては看過できない創作や司馬の意図が下地となって歪められていると指摘し、作品を引用しながら特に松陰、龍馬、晋作について史実をあげて丁寧に誤解を解いている。

古くから指摘されている司馬史観批判であり、大の司馬ファンの私からすると反論もあるのだが、確かに司馬の作品では司馬自身が、時折、天の声のように登場し、「翻って考えると・・・・と言っていい」などと言う表現で読者に強いイメージを与え誤解を与えてしまっているのも事実。

この本は司馬の価値を下げると考えるのではなく、ファンとしてどの部分が史実で、どこが創作なのか、一段深い作品の楽しみ方を与えてくれるものとして推薦したい。

2014/03/21 08:58

投稿元:ブクログ

資料を基に司馬遼太郎作品の内容について審議。史実として誤解することに警告する。フィクションであることは司馬自身も明らかにしており、歴史家でなく小説家であり、その評価が変わることはない。14.3.21

2014/10/26 10:48

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
国民的作家として読み継がれている司馬遼太郎。
そのあまりの偉大さゆえに、司馬が書いた小説を史実であるかのように受け取る人も少なくない。
しかし、ある程度の史実を踏まえているとはいえ、小説には当然ながら大胆な虚構も含まれている。
司馬の作品は、どこまでが史実であり、何が創作なのか?
吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作が活躍する司馬遼太郎の名作をひもときながら、幕末・維新史の真相に迫る。

[ 目次 ]
第1章 吉田松陰と開国(『竜馬がゆく』と龍馬「愚童」説;象山塾入門を無視した司馬の意図 ほか)
第2章 晋作と龍馬の出会い(晋作、佐久間象山に会う;『世に棲む日日』に登場しないもう一人の師 ほか)
第3章 高杉晋作と奇兵隊(松陰改葬に秘められた政治目的;「三枚橋の中の橋を渡った」のは本当か ほか)
第4章 坂本龍馬と亀山社中(龍馬と横井小楠の会談;亀山社中創立時に龍馬はどこにいた? ほか)
第5章 描かれなかった終末(長州藩の戦意高揚作戦;英雄に甘かった司馬遼太郎 ほか)

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2015/03/30 22:18

投稿元:ブクログ

ええ、かくいう私も司馬遼太郎の著作を読んで感動したクチです。
そして本書を読み、大いにがっかりしました。

作家は嘘をつくのは当然だし、創作をまじえるのもありだと思う。
でもねえ、ちょっとねえ。やり口がそりゃないでしょ。
他の歴史作家のなんかはあとがきに「創作ノート」的なものがついていて「この話のベースはこれとこれで、主人公の活躍にしたけど本当は別人のものです。それは盛った話です」と創作した部分、誇張したところはちゃんとバラすんだよね。
ところが史料レベルで捏造して、創作とわかりにくくするとか、論外だろう。

本書で再確認したけど、荒山徹の「ニセ史料を捏造し出典にして自説を強化する」はシバリョーもやってたんだな。
荒山先生は大半の人が嘘だとわかるやり方だけど、シバリョーの場合は大半の人がだまされるやり方だから悪質度は…まあ、荒山先生は良心的。
フィクションとして楽しむぶんにはいいけど、悪質なやりくちだなとほとほと呆れる。
二度とシバリョーで感動はできないな、と思った。

2014/09/29 13:36

投稿元:ブクログ

本書は司馬遼太郎の名作「世に棲む日々」、「竜馬がゆく」に描かれる吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬といった幕末の英雄像に対して、歴史の専門家の立場として史実に則った検証を試みているものである。
作者は国民作家である司馬遼太郎の作品を通して描かれる英雄像に対して、国会議員をはじめとして無邪気に受け入れる読者への影響を危惧しているらしい。ところどころ「司馬史観」に対する危惧が感じられる。

Amazonのレビューではかなり高評価が多いのだが、ボクとしては本書の意義が感じられない。
影響力が高いとはいえ司馬遼太郎が描いたものは歴史小説なのである。けして歴史書ではない。
小説家は『ものがたり』を紡ぐのが職業であるため、当然のことながら物語のストーリーを重視して描くものである。乱暴な言い方をすると「嘘ついて客を喜ばせてなんぼ」の商売である。
それに対して、いちいち『小説の中ではこうだが、史実は異なる。実際はこうであった。なぜ司馬遼太郎はこれを描かなかったのか?』といちいち反論することになんの意味があるのだろう?

司馬作品の時系列に対して実際の吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬の行動・判断はそれぞれこうであったという資料に基づいた検証ということであれば、そういうスタンスでまとめたほうが歴史好きなボクとしては素直に受け入れやすい。
いちいち司馬作品の中身に触れての反論というスタンスは、作者自らが危惧している司馬遼太郎の影響力を当てにしてのプロモーション的な意味合いがあるのではないかとかえって穿った見方をしてしまうのだ。
そういう意味では、ボクにとっては本書は非常に残念な印象なのである。

あくまで司馬作品に対する検証というスタンスを崩したくないのであれば、歴史家としての検証だけでなく、『史実はこうだが、なぜこのとき司馬遼太郎は異なるストーリーとしたのか?時代背景を考慮すると司馬遼太郎の思惑はこういうところにある。また、前後のストーリーを考慮するとこの流れが自然である。』とか文芸批評のような形でまとめるべきではなかったか?と。

2014/02/07 21:39

投稿元:ブクログ

一坂太郎『司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像』集英社新書、読了。「司馬で歴史を学んだ」という人が後を絶たないように、日本人の歴史観に大きな影響を与えたのが司馬遼太郎。しかし司馬小説はあくまでフィクションであり歴史教科書ではない。 http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0705-d/

松陰はテロリストだし、龍馬一人で薩長連合を成し遂げた訳でもないし、晋作の奇兵隊も実像とは程遠い。本書は作品を読み解きながら歴史的事実との解離に迫る快著。根柢に流れるのは弱者を無視したヒロイズムで歴史を読み解く手法。英雄待望論で難挙打開への頼ろうとする精神文化は司馬遼太郎の副産物か。著者の手厳しい批判が痛快。

著者は司馬史観の問題を、特別な英雄が時代を変えてしまう「英雄史観」で貫かれていること、その人物を本人の好き嫌いで過大過小評価していること、そして重要な歴史的事件が意図的にスルーされていること。司馬遼太郎を読むなということではないし、この問題は司馬遼太郎だけに限られてしまう訳ではないが、どこか「ネットde真実」とつながっているような気もする。

2014/07/02 17:41

投稿元:ブクログ

吉田松陰、高杉晋作、坂本竜馬、、幕末史を彩る英雄たちの活躍について、我々現代人が認識している歴史は、実は司馬遼太郎という稀代のストーリーテラーによって“創作”されたものが多い。

彼らの行動が日本の歴史を変えた、という英雄礼賛なコメントは多くの政治家や経営者から聞かれるものである。だがよくよく歴史を検証してみると、後付けで英雄に仕立て上げられたケースは枚挙に暇がない。

吉田松陰と坂本竜馬は実際には会っていないし、高杉晋作の辞世の句は亡くなる際に詠まれたものではない。。等々、我々が心を動かされるエピソードが実は司馬遼太郎による演出の結果だという。

もちろんそれは英雄たちの価値を下げることには繋がらないし、我々が得た感動が間違いだということでもない。それは個人に翻ってみても、想い出は美化されるし過去のそれぞれの点が繋がって一つの流れになる。

歴史は異能の傑物たちによってドラマティックに変えられるのではなく、市井の名もなき人々の暮らしの積み重ねこそが新しい時代をつくっていくのだ。

2016/05/07 15:47

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎氏の小説(あくまでも小説)は好きで
学生のころからよく読んできました。
大体のものは読んだのではないかと思います。
また今、街道をゆくを最初から読みはじめました。

確かに、氏の小説は小説であることは重々理解している
つもりですが、本書にもありますが、どこまでが史実で
どこからが創作なのかがよくわからない部分があり、
史実のほうがあまり面白くなかったりすることが
あるのは確かだと思います。
ただ、本書にもありますが、だから司馬氏の小説の輝きが
失われることはないし、司馬氏が書いた登場人物像を
完全に否定してかかる必要もないことについては全く
同意します。
司馬氏の小説を読んだときのわくわく感や、
登場人物に対する、思い入れ、親近感や一体感は、
本当に楽しいし、また自分を見つめること、見返すこと、
その道筋を感じることが糧になるものだと思います。

2015/07/05 11:54

投稿元:ブクログ

実は司馬遼太郎作品を一つも読み切ったことがありません。ドラゴンボールやワンピースと同系列のはずなのに、さも史実のように、日本人かくあるべし的に推されるのが違和感でして。んなわけないでしょ、と(※ただし僕が唯一最終回まで見た大河ドラマは「龍馬伝」)。本作は、司馬さんの記述にツッコむスタイルに終始するのが残念で、もっと半藤さんのように「こうです」と別筋を提起しても良かったんじゃないかと思う。

2014/03/28 13:19

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎の作品は、幕末物を中心に読んだけど、独特の呼吸を忘れるような文章の進め方と、息が苦しくなる頃に、逸話や作者の意見を織り込んでくる、話の緩急のつけかたが、話の内容にのめり込む要素の一つと思っている。一坂さんのこの本を読んで、改めて司馬遼太郎の作品を拾い読みすると、資料に裏打ちされたように、主人公達は生き生きと力強く行動している。それが、司馬遼太郎が創作した偽物の資料も混じっているとしても、「司馬さん、貴方、やってくれたね。さすが、小説家!!」と、思わずにはいられない。歴史の真実と小説の作られた部分とを、見極める目を読者はもたなければならないと、あらためて思った。

2014/06/03 18:21

投稿元:ブクログ

司馬作品を数多く読み、幕末のこの国の歴史にある程度詳しく又歴史好きの読者ならば、吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作らの考え方、生き方をもとにこの本を参照できるだろう。
司馬作品は小説である。小説には当然作者の考え方でつくられる場面や考え方が登場する。ゆえに、司馬遼太郎が描かなかった・・・。と考察する姿勢については面白く参考にしたが・・・?「司馬史観」を恐れすぎかな?

2014/08/26 22:02

投稿元:ブクログ

2014.8.26読了。Kindle版。司馬作品の記述と著者研究による事実との相違といった客観的記述と著者の司馬氏やその作品に対する主観的記述とが並立して存在。よって、歴史書でもなくエッセイでもなく中途半端に感じられ、読後感がスッキリしない。
客観的記述に関しては興味深い点があるだけに残念。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む