サイト内検索

詳細検索

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

新規会員登録 電子30%OFFクーポン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本の特別地域
  5. 日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 茨城県【日本の特別地域_通巻27】
日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 茨城県【日本の特別地域_通巻27】(日本の特別地域)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 茨城県【日本の特別地域_通巻27】

著者 地域批評シリーズ編集部,岡島慎二,松立学

『日本の特別地域』シリーズで、丸ごと一県を取り上げることになった初作品が本書「これでいいのか茨城県」である。もっとメジャーな県はいくらでもあるというのに、なぜ今茨城なのか...

もっと見る

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 茨城県【日本の特別地域_通巻27】

823(税込)

ポイント :7pt / 紙の本より581おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

これでいいのか茨城県 第1弾 3.11前と後ではどうなった!? (日本の特別地域特別編集)

1,404(税込)

これでいいのか茨城県 第1弾 3.11前と後ではどうなった!? (日本の特別地域特別編集)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 65.0MB 無制限
Android EPUB 65.0MB 無制限
Win EPUB 65.0MB 無制限
Mac EPUB 65.0MB 無制限
エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

こちらは「電子書籍ストアポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月9日(金)~2016年12月15日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『日本の特別地域』シリーズで、丸ごと一県を取り上げることになった初作品が
本書「これでいいのか茨城県」である。

もっとメジャーな県はいくらでもあるというのに、なぜ今茨城なのか?
そこには茨城の哀しき現状が理由としてある。関東地方にありながら関東の県だと思われていない茨城。
農業が盛んで田舎呼ばわりされている茨城。
県民の訛りが非常に強く、言葉が汚いと揶揄される茨城。
イバラキなのにイバラギと県名を正しく覚えてもらえない茨城。
そしてトドメは、全国47都道府県の地域ブランド調査で2年連続最下位に甘んじた茨城。
現在、これだけ負のイメージにさいなまれている県は全国的にも珍しいぞ!

茨城のこうした現状を踏まえて、県全体が一枚岩となってイメージの打開を図りたいところだが、
県内の各地域(行政区分は県央・県北・県南・県西・鹿行の5つ)は、
それぞれ「勝手にやっぺ」とひとつにまとまらない。

特に水戸を中心とした県央と、つくばを中心にした県南がなかなか手を取り合おうとしないのである。
今のままではイメージが最悪のまま、時代に取り残されるだけ。
見栄っ張りで頑固な水戸周辺の茨城県民にしてみたら、この状況が続くのは我慢ならないだろう。
彼らは郷土に誇りと自信を持っている。
だが、外にアピールする「タマ」を残念ながら持っていないのだ。

そこで本書では茨城が内包する様々な魅力的要素を取り上げつつ、データと取材を元に各地域の特徴や問題点を指摘。
一般的なイメージやレッテルに流されず、茨城の本質と今後の進むべき方向性を探っていこうと思う。
是非最後までお付き合い願いたい。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/09/06 21:30

投稿元:ブクログ

コンビニで立ち読みしていたらつい気になって買ってしまった。よくある県民ものかと思いきや、茨城出身の2人の著者が書いており、東日本大震災を踏まえての提言に愛の感じる。参考文献や資料も豊富でたんなる県民ものの域は超えているように思う。