サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 鹿の王
  5. 鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐
鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐(角川書店単行本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 379件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐

著者 著者:上橋 菜穂子

"何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守...

もっと見る

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐

1,728 (税込)

ポイント :16pt

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

鹿の王 下 還って行く者

1,728(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限
Win EPUB 11.6MB 無制限
Mac EPUB 11.6MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

【リニューアル】新規会員30%OFF

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

"何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守るため、選んだ道は――!?

『鹿の王』の世界 上橋菜穂子氏インタビュー公開中!
こちらのページをチェック!"

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー379件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

あっという間に読み終わりました!

2014/10/27 19:45

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すわっそん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めると、話の中に引き込まれてしまい、気付くと読み終わっていました。
医学的な内容や政治的な内容がかなり深く盛り込まれているのに、かなり面白く、その面白さが損なわれないのが「凄い!」と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読みしました

2014/12/03 15:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pen - この投稿者のレビュー一覧を見る

今の世の中を投影したようなテーマで、色々と考えさせられるました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思いが勝りすぎでは?

2015/02/13 11:13

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:長脛彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幾つかの巻に分けても良かったと思われる構想がたっぷり盛りこまれていて、相変わらずの菜穂子節が満載。現代のウィルス学の知識が駆使されているが、時代設定を考えると無理があると感じた。作者が最新の情報を使って物語に現代性を持たせようとしたのだろうか。そうした思いが勝りすぎて、疫病の治療にあたる医療陣の話が理屈っぽくなり、あまりにもこしらえすぎになったのが残念。この作者なら、もう少し知識を咀嚼して膨らませ、余裕のある展開にできたのはと惜しまれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞ですか、これが

2015/05/31 18:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「海賊と呼ばれた男」の受賞や、川村元気作品がノミネートされるようになり、「本屋大賞」の看板が信じられなくなってはや数年。
ノミネートされたこの作品と、ノミネート&直木賞の「サラバ」を読みました。
この作品は、何といっていいのか。はぁ、そういう話なんですか、というくらいの印章しか持てませんでした。上巻の出だしは、これから始まる物語に期待ができたので、わくわくしながら読み進めましたが、徐々に尻すぼみと言うか、はぁ、そういう話ですか……としか。
キャラクターもバラバラ出てくる感じで、誰がどんなキャラなのだかわかりづらくついていけませんでした。もっと飛鹿との生活を丹念にえがいて欲しかったなぁ。
個人的には「サラバ」のほうが面白いとは思いましたが、それにしても、「大賞作品」としては疑問符がつくもので。本屋さんが今年一番売りたいと思った本がこれなら、出版不況と呼ばれる現在の状況はやむを得ないかなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代医学を本書の世界観にもってきたところが秀逸。

2015/08/17 01:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Z戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻に引き続き、寝食を忘れて3日で読了。タイトルからはあまり良い終わり方を期待出来なかったが、もともと童話作家であるからなのか、予想に反したエンディングであった。やはり私は上巻の第一章が一番のお気に入りだ。そのあと失速した感は否めない。とはいえ、人体を森に例えたところなどは、医療関係者が読んでも感心してしまった。総じて満足のいく作品ではあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バランスが悪い

2015/08/21 14:18

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北の本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクションを多く読むせいか、感染症や免疫に関する件は「何を今更」と思いながら半ば飛ばし読み。作者が一番語りたかったであろうこの部分が楽しめるかは、読者の情報量に大きく左右されるのでしょうね。説明に終始したようで、非常にバランスが悪く感じられました。
現実世界でも通用する常識が書かれる一方で、この世界でしか起きないこともあり、何か納得がいかない。魂が飛ぶとか、命の糸が見えるようになるとか、リーダーのように群れをコントロールできるだろうとか、ちょっとご都合主義に過ぎる気が。これもバランスの悪さを感じる一因だろう。
真の黒幕の動機も、標的も、ここまでのストーリー展開から見て、「えっ、そこなの?」と肩透かしを食らった気分です。
多分この作者の本はもう読まないだろうな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった!!

2015/10/04 19:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんじゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白かったです。
読みやすいのでいろんな方に読んでほしいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辛かった

2015/10/21 05:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読んだからには、下巻もとチャレンジはしたものの、正直、辛かった。未だに良い作品だったとは思えない。少なくとも、子供向けではない気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鹿の王

2016/01/04 16:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎっちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな上橋菜穂子さんの作品だったので迷わず読みました。この本も期待を裏切らない菜穂子さん独特の世界観が描かれていてよかったです。
下巻が楽しみです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勢いで読めます。

2016/01/06 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻で書かれてる謎、秘密や人間関係や国の在り方などが徐々に無理なく明らかになっていきます。面白かった。
勢いよく読めました(上巻はどうしても説明が多いからね)。
これは児童書ではない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

医療と生き物とファンタジー

2017/01/20 02:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絵屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い。さすがというべきか、言葉が頭の中に大きな引っ掛かりもなく入ってくる。完全なファンタジー要素と現代にも通じる医療の技術・知識が違和感なく解け合っていて斬新さがあり、ただのファンタジー、ただの医療ものではないと思わせる。一番気に入ったのは遊牧民や飛鹿乗り特有の、鹿やトナカイたちへの思いのあらわし方だ。少なくとも日本の都市部では思い付かない気持ちではないだろうか。主人公の相棒飛鹿への深い感情に心動かされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちよっと正し過ぎて

2017/01/23 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いくつかのルートにいた登場人物が集結していくくだりは素晴らしいので一言。パンデミックなど医学の知識を取り入れて進む物語には厚みがある。ただ、不真面目なキャラクターが好きな自分としては登場人物が皆 立派な人ばかりでどうも疲れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれました!

2017/02/13 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

深いお話でした。物語でありながら、医学や細菌の世界が、これまでにないくらい、とても魅力的に感じました。研究者というと理系の、固いイメージだったのが、一気に鮮やかな世界に見えてきました。またゆっくり読み直したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みました

2017/02/14 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

上下一気に読みました。
人気作みたいだけど、私はそこまで好みでもなかったかな。
余韻がある感じの終わり?
外伝出たりするのかね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

だからこそ人は足掻く

2015/03/26 09:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

足りない。『鹿の王』に対する満足感が。外伝に図らずも期待してしまっているのが、広大かつ深淵、それでいてなじみ深い上橋ファンタジーの魅力。この世に生を受けたその時からどう足掻こうが死とは隣り合わせ、だからこそ人は足掻く。やわな共生、共存なんてもんじゃなく無数に複雑に紡ぎ合い絡まり合う命の糸がこの世界の私たちの「網」となっている。最後のホッサルの独白で<光る葉っぱ>がかすかに光る場面。光ったのではなく「ピカ・パルがかすかに笑った」そう思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む