サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

本日最終日!修正:全商品10%OFFクーポン(0420-27)

数学文章作法 基礎編(ちくま学芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

学参

電子書籍

数学文章作法 基礎編

著者 結城浩

論文・レポートの執筆、教科書・プリントの作成など、数式や数学用語を用いた文章を書く機会は案外多い。しかし、数式の表す内容にあいまいさがないからといって、その文章自体がわか...

もっと見る

数学文章作法 基礎編

918 (税込)

ポイント :8pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫 Math & Science)

1,026(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年4月20日(木)~2017年4月27日(木)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月6日(木)~2017年4月27日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

論文・レポートの執筆、教科書・プリントの作成など、数式や数学用語を用いた文章を書く機会は案外多い。しかし、数式の表す内容にあいまいさがないからといって、その文章自体がわかりやすいとは限らない。“読者のことを考える”という原則に立って書くなら、もっと明解でもっとよく伝わる文章になるかもしれない。『数学ガール』シリーズを執筆し、文章の読みやすさに定評のある著者が自らの経験で培ったノウハウを伝授。本書「基礎編」では文章の順序、数式・命題の書き方、わかりやすい例の作り方、目次・索引の作り方などについて、豊富な具体例をもとに解説する。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (17件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理工系の方はもっていて損はないです

2016/10/25 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テキア - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はタイトルの通り数学の文章を書くための入門書です.とてもコンパクトにまとまっているところがよいので,理工系の方はもっていて損はないと思います.
また,数学の文章の意図を理解する方法を学ぶこともできると思いますので,理工系の問題を理解するのが苦手な方にもおすすめです.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/17 21:59

投稿元:ブクログ

人に何かを伝える文章を書くときに必要なことが、シンプルにまとめられている。数学に限らず、ぜひともお勧め。

2014/07/02 21:31

投稿元:ブクログ

《読者のことを考える》という原則。非常に明解な文章でした。索引の一番最後が「わかりましたか」という語句になっているのは著者の遊び心でしょうね。

2013/05/14 10:49

投稿元:ブクログ

数学文章とあるが、論文にも適用できる文章術。内容自身も簡潔に書かれており、文章の良い例悪い例と比較して、大変わかりやすく書かれていた。卒論生などには特にお勧め。

2014/12/07 21:01

投稿元:ブクログ

タイトルに数学と付いているが、それ以外の文章にも通じる良い話だった。

読者のことを考えることが本書の一貫した主張である。読み進めるうちに、「自分の言葉で書く」ことと矛盾しないという気づきも得られた。
「読者のことを考える」ことと「自分の言葉で書く」ことは独立しており、この二つは天秤にかけるものではないと反省させられた。

2013/11/20 23:53

投稿元:ブクログ

著者が数学ガールの人らしい、というくらいしかわかっていないのだが・・・、数学の本というよりも、論理的に整理された文章をかくコツのような感じの本。目次の並べ方とか。
電車で読むには良いと思われる。

2013/06/02 15:24

投稿元:ブクログ

「読者のことを考える」とは、よく言われるが、どのように考えればよいのかが具体的に書かれている。
変数の説明や数式混じりの文章の書き方について、細かに丁寧に述べられている。『理科系の作文技術』は定番だが、「数学的な文章の書き方」にまでは踏み入っていなかったはず。合わせて読むのが良いと思う。

理系なら少なからず数式を書く機会がある。
広く読まれるべき。

論文を書くときには、手元に置いて推敲したい。

2015/05/07 02:09

投稿元:ブクログ

某ラジオのプレゼントに当選し、読みました。

「数学」文章作法を謳っており、内容や例には数式が多く出てきますが、述べられているポイントは数学以外の文章にも参考になります。
特に、プレゼンテーションのような説明文書には親和性が高く、役立てやすかったです。

普段無意識に使ってた内容もありますが、こうやって参照しやすい形にまとまっているとありがたいです。
なかでも、パラレリズム(内容的に対比させるものは、形式的にも対比させる)は改めて意識してやってみると、より綺麗にまとめられますね。便利!

2014/07/21 01:45

投稿元:ブクログ

当たり前に感じるが、自省してみるとかなり出来ていない、初歩の初歩を思い出すために。
内容も、豊富な例示と考えられた構成で非常に読みやすい。
類書は数あれど、今、大学生あたりに薦めるなら本書が良いのでは。

2013/05/16 15:27

投稿元:ブクログ

テクニカルライティングに必要とされることが網羅され、しかも簡潔にして、読みやすい。例はタイトル通り数学の問題が多いのだが、下手な例文より、よっぽどわかりやすいです。
テクニカルライティングの本は読んでて面白いものは殆ど無いのですが、これはテクニカルライティングの本として、テクニカルライティングに興味の無い人に勧められるレベル。
斎藤美奈子の『文章読本さんへ』とあわせて読むと、またいいかも。

2013/04/16 00:32

投稿元:ブクログ

本書はわかりやすい文章書く方法がかいてあります。特に数式を含んでいる場合に視点が置かれています。
けれども、文章書く人々に役に立つと思います。それだけでなく、誰かに伝えたいことがある人に読んで欲しい一冊です。

本書は一貫して、「読者のことを考える」ことを伝えています。どんなときでも読者のことを考えます。
* 読者のことを考えて、言葉を選びます。
* 読者のことを考えて、順序立てします。
* 読者のことを考えて、例を作ります。
* 読者のことを考えて、問いかけをします。
迷ったときは読者のことを考えることが道標です。

本書からは本当に読者のことを考えていることがたくさん伝わってきます。
相手のことを考えてるのは数学文章をかくときだけでしょうか。違います。

いつだってなんだって相手に伝えたいことがあるときは、相手の立場で考えなければなりません。

もちろん文章を書き慣れていない方は書くことから気楽に始めていきましょう。書かないとなにも伝えられません。そこから一歩踏み出したくなったら本書に会いにいきましょう。

2014/12/31 13:24

投稿元:ブクログ

http://22minutes.hatenablog.com/entry/book_review/141230
とtwitterの情報から購入を決定した。
Amazonへ注文したばかりなので、まだ、手元には到着していない。

2013/06/23 16:22

投稿元:ブクログ

プログラミングの入門書を多数執筆されている著者による,数学の文章を書くときに気をつけることをまとめた本.
著者のいいたいことはただひとつ

「読者のことを考える」

これは数学に限らずHPでも説明書でもパワーポイントでも,ほとんどすべての書き事にとってもっとも大切なことだと,改めて思いました.

粒度を揃える/語尾を揃える/語句を統一する/二重否定を避ける/順序,階層は一方通行に/メタ情報与える/適切な例示を/問いと答えの呼応
などなど

正に「神は細部に宿る」という丁寧さです.

著者の本,『数学ガール』にもでてくる次の言葉も大変によいなと感じ入るところです.

「例示は理解の試金石」


一部の小説などのように,文章そのものが目的なものもありますが
ほとんどの文章とは「誰かに何かを伝える」ために書かれているはずです.
「読者のことを考える」の原則は文章をかく上で常に最も大切な原則となるはずです.


数学に関係なくすべてのひとにオススメです.

2013/04/21 09:54

投稿元:ブクログ

文章讀本のような本が好きで、2005年5月にmixiで日記を書き始めてからだけでも、『理解する技術』、『大人のための文章教室』、『みる わかる 伝える』、『大人のための文章道場』、『文章の書き方』、『わかりやすく〈伝える〉技術』、『知的な科学・技術文章の書き方』、『日本語作文術』、『SEを極める 仕事に役立つ文章作成術』、『文章添削トレーニング』、『翻訳夜話』、『伝わる!文章力が豊かになる本』を読みました。

ブログにも良いのがたくさんあるのですが、なかでも、山本和彦さんの「正確な文章の書き方」(http://www.mew.org/~kazu/doc/japanese.html)、そして、本書の著者、結城浩さんの「文章を書く心がけ」(http://www.hyuki.com/writing/writing.html)が大のお気に入りでした。

★★★

本書は、ものすごく分かりやすい数学解説小説=『数学ガール』で有名な著者が、数式や数学用語を用いた文章を書く際の注意事項をまとめた本です。

Twitterでは、「『数学文章作法』スルスルと、読み易すぎて、引っ掛かりがないよー。息抜きコラムとかあったらさらによかったのに。」とか、「でも、たまーに本当かなぁと怪しい例があったりして、それを楽しんでます。102ページの改善例とかね。」と、ちょっとマイナス面を書きましたが、懇切丁寧に書かれていてとても分かりやすく良い本です。

こんな文章讀本好きな私でも、「列挙の順序を入れ替えてもかまわないときには,列挙の区切りにはナカグロ(・)を使います.順序を入れ替えないときには、読点(、)やカンマ(,)を使います.」といった新しい発見(忘れていただけの可能性も高いけど(笑))がいくつかありました。

本書を読み終わった後に、是非、目次をじっくり読みなおしてみてください。
そして、目次の中に「これって何だっけ?」っていう項を発見したら本文を読み直すといいですよー。

おすすめっ。

2013/05/06 11:23

投稿元:ブクログ

『Software Design』5月号の特集、お勧め書籍で『理科系の作文技術』が二回紹介されていたが、この本も併せて読むべき

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る