サイト内検索

詳細検索

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

新規会員登録 電子30%OFFクーポン(~12/31)

ちはやふる(26)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 91件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/31
  • 販売開始日:2014/10/31
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-380442-3
コミック

電子書籍

ちはやふる(26)

著者 末次由紀(著)

周防久志の5連覇と永世名人がかかった名人位決定戦。激戦は、周防名人の防衛により幕を閉じた。5連覇して引退を公言してきた周防の発言に注目が集まる中、新は自分が来年倒しに来る...

もっと見る

ちはやふる(26)

432(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ちはやふる 26 (BE LOVE KC)

463(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 35.3MB 無制限
Android EPUB 35.3MB 無制限
Win EPUB 35.3MB 無制限
Mac EPUB 35.3MB 無制限
【2016年 年間総合ランキング】対象商品

キャンペーンはこちら

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月15日(木)23:59

エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

こちらは「電子書籍ストアポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月9日(金)~2016年12月15日(木)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

周防久志の5連覇と永世名人がかかった名人位決定戦。激戦は、周防名人の防衛により幕を閉じた。5連覇して引退を公言してきた周防の発言に注目が集まる中、新は自分が来年倒しに来ると宣言。どよめきに包まれる会場で、周防は新に1年の猶予を与えたのだった。そんな二人の姿に立ち尽くす太一は、翌日開催の高松宮杯大会で新と対戦し――? 揺るぎない決意、果てしなき挑戦を誓った者たちが、新しい一年への一歩を踏み出してゆく!

著者紹介

末次由紀(著)

略歴
福岡県生まれ。「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー91件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

太一、元気出して! の巻

2016/08/18 07:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻は、バレンタイン、太一の誕生日、と続くイベントで、落ち込む太一を女子たちが励まそうと頑張る巻です。
少年漫画、とも言われるほどアツいスポ根漫画の「ちはやふる」ですが、少女漫画らしい一面が見れてほっこりします。
最後にはなんと…!?
ドキドキのラストも注目です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

太一派

2016/05/16 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

の私としてはつらい巻でした。新にはどんなに努力してもかなわないってのが分かったみたいで。対戦で負けて帰りの電車で涙ためてた姿切なかった。ちはやに告白した時の太一もとても切ない。周防名人が何かと太一の周りにいて何か安心するみたいな変な感じがします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切ないです・・・

2015/11/29 06:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても切ないです・・・でも分からなくもないけど・・・太一がんばって乗り越えてほしいです・・・。
でも太一も好きなので、複雑ですが、千早の思いもわかるような・・・今後が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

太一、ついに!

2015/10/31 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チーズバーガー - この投稿者のレビュー一覧を見る

新の告白はとても衝撃だったけど、太一のほうはやっとだなって感じだった。
千早の反応が対照的すぎ…
新のときはあんなにときめいていたのに笑
太一はいつも1番身近にいたのに、ほんとに気が付かなかったんだー
太一が退部してからかるた部はどーなるんだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新と太一

2015/09/30 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

かるたでも恋愛でもライバルである二人の対戦でしたね~。

千早が太一の気持ちを知ってしまって
今後、どんな展開になっていくのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちはやふる(26)

2015/08/25 10:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

団体戦日本一という目標を達成したのに、いつの間にか溝が深まっていた千早と太一。新との試合に敗れ意気消沈する太一を励まそうと、千早は彼の誕生日に「太一杯」を開催する。それから数日後、太一は千早に告白するが、この二人はいったいどうなってしまうのだろうか?「かるたを嫌いになったら、仲間とのつながりがなくなる」ことを恐れる太一。太一とかるた部、そしてかるた部の仲間たちを心配しつつ受験生モードに突入した千早。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しい歌の世界

2015/02/06 02:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

百人一首がとても身近に感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

続きが・・・。

2015/02/03 19:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり続きが気になる終わり方です。
千早の鈍感さにちょっとどうなるのか気になるし、私的には最初は新とくっついて欲しかったけど、この巻を読み終わると太一が可哀想で太一にも幸せになって欲しいと思った。
でも、太一は千早じゃない方がある意味幸せになれる気がしてきた(笑)
27巻では太一を含めてみんながどう進んでいくのか楽しみにしてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次巻も楽しみ

2015/12/31 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちはやふるは少女コミックの繊細さを持ちながら、男性コミックのスポコンものの雰囲気があってとてもおもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/07 17:15

投稿元:ブクログ

近江神宮高松宮杯に出場し、新に負けた太一だったが、文京新春かるた大会に出ていた競技かるた部のメンバーはその話を聞き出すことができなかった。微妙に打ち解けなくなってしまった部の雰囲気を変えるためにバレンタインでチョコレートを作ったり太一の誕生日に太一杯を企画するのだが……。
菫の告白に後押しされて、ついに積年の想いを千早に告げる太一。果たしてその結末は……。

2014/12/04 21:43

投稿元:ブクログ

太一みたいに、傍から見たら何でも持っていそうな人って、一番手に入れたいものは手に入らないんだろうね…
千早は最後自分の気持ちを太一に押し付けてて、残念だなって思った。

2016/02/03 21:47

投稿元:ブクログ

高松宮杯から高校3年の新歓まで。

新と太一の組み合わせって、見てるこっちも本当に冷や冷やするんだけど、
二人がなんだか小学生の頃に戻ったみたいで、
なんかいいな、とも思ったり。
太一の心の余裕の無さ。笑

小学生の太一と高校生の太一を見比べると、
やっぱり遥かにイケメン。
面影は、千早や新と比べると薄い?
優しくて、強い太一が、どうかずっとこのままでいて欲しい。

太一杯も感慨深かったけど、
ついに言ったな、太一。
なんでこんな瞬殺。。いや、ま、これはこれで。。
千早がボロボロにならなきゃいいけど…。

でも、こんなドロドロの巻も若々しくて好き。w

2014/10/11 09:39

投稿元:ブクログ

太一ーーー!!!太一派の私号泣。ひええついにこの日が来てしまった、こんなあっさり…。千早にとっては断りってよりかはそんな風に今まで思ってなかったし気付かなくてごめんってな気もする。みんな一緒がいいんだろうね。恋とかじゃなくてね。
菫ちゃんもほんとかわいかった。

2014/10/15 00:28

投稿元:ブクログ

恋愛パートはもういいんで、かるたの試合はよ。と言ってはみたけど、太一がどうなってしまうのかとても気になる。

2014/10/10 23:57

投稿元:ブクログ

まことばれんたいんの区切りが曖昧なのがちょっと読みにくかったです。でもこの26巻1冊通し、とても切なくて、盛りあげられたのが落とすための伏線だったのかと思うくらい。お話、百人一首、かなちゃんの部活説明と上手く重なっていて震えました。私太一派なので、辛い…。辛いですが最後のシーン、綺麗でした。カーテンと桜も綺麗だし、表紙も紺地に彼岸花が映えていてとても綺麗だなあと思いました。彼岸花の花言葉は、
情熱、悲しい思い出、独立、再会、あきらめ、思うはあなた一人、また会う日を楽しみに、などだそう。結構どれも合うような…。因みに一番好きなのは、周防さんです。八ツ橋指し出す周防さん可愛いです。