サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

全品ポイント最大50倍(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 芸術・アート
  4. 日本の色辞典 紫紅社刊
日本の色辞典 紫紅社刊(紫紅社)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

辞事典

電子書籍

日本の色辞典 紫紅社刊

著者 吉岡幸雄

日本の色辞典について 日本の伝統色を植物染料で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色名解説の集大成。襲の色目 (かさねのいろめ) 42種も掲載。 日本には美しい色...

もっと見る

日本の色辞典 紫紅社刊

3,564 (税込)

ポイント :33pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

日本の色辞典

3,564(税込)

日本の色辞典

ポイント :33pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 108.6MB 無制限
Android EPUB 108.6MB 無制限
Win EPUB 108.6MB 無制限
Mac EPUB 108.6MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年4月20日(木)~2017年4月27日(木)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月6日(木)~2017年4月27日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の色辞典について 日本の伝統色を植物染料で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色名解説の集大成。襲の色目 (かさねのいろめ) 42種も掲載。 日本には美しい色の名前がいくつもあります。この「日本の色辞典」では収録した466色のうち209色の日本の伝統色を完璧に再現するとともに、和の色の歴史や文化を平易に解説。 万葉から江戸時代の終わりまでの染職人が行っていた、自然の植物から日本の色を出す業を半生をかけて再現したのは、日本の染色界の第一人者、吉岡幸雄氏と染職人の福田伝士氏。日本の伝統色を、自然の恵みから得た天然染料や天然顔料をもとに再現し、色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成です。和の伝統を身近に感じられる格好の一冊

目次

  • はじめに
  • 目次
  • 赤系の色
  • その他の赤系色
  • 紫系の色
  • その他の紫系の色
  • 青系の色
  • その他の青系の色
  • 緑系の色
  • その他の緑系の色

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

豊かな色の世界

2015/09/29 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あこのん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、大まかに赤、紫、青、緑、黄、茶、黒・白、金・銀に分かれています。そこからどんどん細やかな色が登場してくるのですが、その美しいことと言ったら。百聞は一見に如かず。ぜひ見てもらいたいです。
また、色の名前も奥ゆかしく素晴らしいです。甕覗、桔梗、今様色、柳色などなど。こんなにも豊かな世界だとは思いもよりませんでした。
襲の色目も収録されていますが、とても趣深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 09:26

投稿元:ブクログ

染司よしおか五代目当主吉岡幸雄氏は染師福田伝士氏と植物染による日本の伝統色の再現に取り組んでこられた人です。
その再現された日本の伝統色を、466色色名にまつわる
逸話や歌をまじえながら紹介されています。

2005/10/10 18:11

投稿元:ブクログ

ホント、きれいな色〜ながめてたのしくて、色の名前を読んでまたたのしい。こんなふうに色の名前を呼んでみたい。

2008/01/24 14:20

投稿元:ブクログ

深い研究を感じる内容ですばらしい辞典です。誰かがおもしろいと思って研究して作り上げたものがおもしろくないわけない、の法則

2007/03/07 12:34

投稿元:ブクログ

こんなにたくさんの色とその色のためのすてきな名前があることを知り、私は日本人であることをうれしく思う。

2007/04/01 19:55

投稿元:ブクログ

その圧倒的に美しいカラー写真とともに、見るものを日本独自の伝統的歴史と美意識の世界観の素晴らしさへ引き込む一冊。

2007/09/13 18:55

投稿元:ブクログ

日本の文化、そして美ってなんて素晴らしいのでしょうか。
襲の色目がたくさん載っています。
染色する人たちが染め上がる過程を
どんなにか喜んで仕上げていくかが
思い浮かびます。

2008/07/15 23:15

投稿元:ブクログ

見てるだけでホクホク!加えて日本だけじゃなく世界の染色の起源も盛りだくさん。ユスティニアヌスにここで出会うとは思わなんだ
臙脂の説明の冒頭に失笑。

2009/03/27 16:28

投稿元:ブクログ

?
えっと、、、
おもしろそうですが、
中身見てないのでなんとも。。。

だけど、十二単かくときの色塗りの参考までに

図書館でかりようかな

2012/03/14 22:35

投稿元:ブクログ

日本古来のさまざまな色を、美しい写真とその色の作り出し方とともに紹介する本。

色を作り出す材料には、顔料と染料があるという。顔料は金属の酸化したものか硫化物、染料は水に溶けて繊維の中に入り込んでいくものをいうのだそうだ(本書巻末の「色をあらわす材料」より)。
著者は染織家であるので、本書では、後者に重点を置いて解説している。

非常に美しく、興味深い本である。
赤は(夜が)「アケル」、黒は(日が)「クレル」を語源とするそうだ。
本書では、赤系・紫系・青系・緑系・黄系・茶系・黒白系・金銀系に分け、夥しい数の色が取り上げられている。
赤だけでも、朱色、珊瑚色、梔子色、紅梅色、柿色、紅など50種を越えるとりどりの色味がある。すごいのはその色見本を実際に染めて載せていること。
植物染めについては、巻末の解説に少々説明されているが、材料集めから抽出、染色に至るまで、とにかく手間暇の掛かるものであることが窺える。
その手間を掛けても、昔の人々は美しい色を作り出そうとしてきたのだな、と感心する。
平安時代後期の鎧兜の茜染はいまだに色鮮やかで、明治に修復した際の化学染料の部分が白っぽく退色してしまっているのを見ると、古代の技術の高さに唸らされる。

色とりどりの写真を見ているだけでも楽しいが、著者の解説がまた興味深い。
色の元となる分子が何であるとか、媒染液に酸が入るとこのような色でアルカリだとこのような色だとか、鉄分が色にくすみを加える等、色というものを科学的に見ている。なるほど、色というのは化学反応なのだ。著者自身、染色をしているので、実践に根差し、かつ理論的にも深く考察している点が信頼できる感じがする。
一方で、『延喜式』『万葉集』『源氏物語』などの文献を読み込み、その中に登場する色について考察している。
古来の色に関する著者の研究姿勢を感じさせてすばらしい。
色味については、残されていないものに関しては著者の推測が混ざっているものもあるようだが、その旨、はっきり書いているところがまた真摯だ。

巻末の解説群も興味深かった。

*五行思想の話がおもしろかった:木火土金水(もっかどごんすい)はそれぞれ、青赤黄白黒に対応するのだそうだ。

*黒の中に、吉岡憲法(直綱)ゆかりの「憲法黒」(黒褐色の染め物)が取り上げられている。憲法は吉岡清十郎かとも言われる人物(但し宮本武蔵に敗れたくだりは創作である可能性が高いらしい。このあたり、なにが史実なのかはっきりしない点も多い模様)。
私は聞きかじって、著者自身が直系の末裔なのかと思っていたのだが、どうもそういうことではないようだ。吉岡一門は、江戸時代には兵法を捨て、染色業に携わるようになった。吉岡染は非常に流行り、分家して染色業を営む家も多く、一時期、「吉岡」といえば染屋の代名詞のようなものだったのだそうだ。
ということで、「吉岡一門のゆかりの家」というくらいが適当かと思われる。

*本書中、特に、源氏物語への言及が多いが、源氏についてのみ取り上げた『源氏物語の色辞典』も美しい本です。

2011/07/10 23:26

投稿元:ブクログ

見た目より重くてビックリした本。見たくなったら図書館で借りている。読むというより色の名前と写真を見ているだけで幸せな気持ちになる。いい加減買えばいいのかもしれない。