サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史
龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/02/25
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • ISBN:978-4-02-330832-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史

著者 榊原英資

維新以降の日本の「歴史」は、勝者である明治政府によって描かれた。しかし、尊王攘夷思想を肯定する明治中心の歴史観は、国内政治の混乱を招き、後に四度の戦争を引き起こすことにな...

もっと見る

龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史

1,296 (税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史

1,620(税込)

龍馬伝説の虚実 勝者が書いた維新の歴史

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.3MB 無制限
Android EPUB 9.3MB 無制限
Win EPUB 9.3MB 無制限
Mac EPUB 9.3MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
10%OFFクーポン
「電子書籍ストア 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

維新以降の日本の「歴史」は、勝者である明治政府によって描かれた。しかし、尊王攘夷思想を肯定する明治中心の歴史観は、国内政治の混乱を招き、後に四度の戦争を引き起こすことになった。薩長同盟を仲介し、倒幕・明治維新を実現したヒーローとして描かれる龍馬。日本近代史におけるその真の役割を検証しつつ、江戸、明治、昭和の歴史を問い直す。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸幕府の視点で幕末維新を見る

2011/06/26 10:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうどう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 坂本龍馬は薩長側ではなく、幕府寄りの人間だった?

 龍馬は倒幕による薩長独裁の新政府を目指していたのではなく、大政奉還後、公武合体による連合政権を目指していた。徳川慶喜も含めた、諸侯による合議制の政体である。決して徳川幕府を滅ぼそうとしたのではなく、オール・ジャパンの政体を志向していたのである。それゆえ、武力による倒幕を目指した西郷隆盛は龍馬を受け入れることができず、龍馬を暗殺させたのだと説く。龍馬暗殺に関する西郷黒幕説だ(ただし、その物的証拠についてはほとんど言及されていない。憶測と状況証拠だけだ)。

 また著者は、開国、尊皇攘夷の混乱を招いた根本の原因は、攘夷に固執した孝明天皇にあるとまで言う。日米修好通商条約の勅許を与えず、幕府に攘夷決行を迫ったことにより、安政の大獄という事態を招き、それに対抗するために攘夷の嵐が吹き荒れ、社会は混乱した。孝明天皇が幕府の開国案に理解を示していれば、多くの尊い血を流さずに済んだのかもしれない、というわけだ。

 しかし、通常の歴史観では孝明天皇に同情的だ。勅許もなく条約を結んだ井伊直弼は悪者である。そりゃそうだ。幕末維新の歴史は、勝利した新政府に都合よく解釈されたものばかりなのだから。歴史を語るのは常に勝者の側である。敗者は沈黙する。

 それに対し、著者の視点は、敗れた徳川側から幕末~明治維新を見よう、というものだ。勝者である薩長目線の明治史に対する反論である。そういった視点から坂本龍馬を捉えてみると、決して薩長による維新をお膳立てすることが目的ではなく、平和裏に日本を再構築することを目指していたと考えられる。勝海舟や大久保一翁らと通じる思想である。
 開国、そして公武合体による新政府。神仏習合を壊すことなく、江戸時代の高度な文化を継承しつつ、海外とも対等に処していく。彼らの理想が成就していれば、そんな日本が作れたのかもしれない。そうなれば、軍国主義に邁進することもなく、第二次世界大戦に突き進むこともなかったかもしれない。

 薩長独裁政権が作った明治は、それまでの日本の歴史の中で異質な時代であった。それは天皇を奉じたからではない。聖徳太子が貴ぶべきとした「和」を捨て、侵略と闘争に走ったからだ。秀吉の朝鮮出兵以来の暴挙だったかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

龍馬の本質

2017/08/18 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂本龍馬という人は、よく知られている新時代への絵図(船中八策など)を自ら考え出したのではなく、様々な知識人の思想からの影響だという事実は初めて知りました。等身大の評価が書かれているなと好感がもてた。
ただ、この本、このページ数必要でしょうか。同じような内容を繰り返し書いているので、もっと簡略にまとめてもらった方が読み手は疲れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/02 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 07:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む