サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

【ポイント50倍】実用「美容・ダイエット」ジャンル商品 全品50倍CP(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本
クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/28
  • 販売開始日:2015/04/28
  • 出版社: インプレス
  • ISBN:978-4-8443-3797-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本

著者 鷹野 凌

クリエイターが創作活動するうえで、知らないと損する著作権をはじめとする法律や知識、ノウハウが盛りだくさん! 「何が良くてダメなのか」「どうやって自分の身を守ればいいのか」...

もっと見る

クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本

1,274 (税込)

ポイント :11pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。 必読! 著作権のことをきちんと知りたい人のための本

1,296(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.8MB 無制限
Android EPUB 12.8MB 無制限
Win EPUB 12.8MB 無制限
Mac EPUB 12.8MB 無制限
電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クリエイターが創作活動するうえで、知らないと損する著作権をはじめとする法律や知識、ノウハウが盛りだくさん! 「何が良くてダメなのか」「どうやって自分の身を守ればいいのか」「権利や法律って難しい」「著作権ってよくわからない」「そもそも著作権って何?」といった疑問に会話形式の堅苦しくない読み物でお答えします!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/20 03:55

投稿元:ブクログ

一読し、手元に置いて損は無い。著作権がらみの議論は本書の内容をベースに始めると、話が随分と早くなるだろう。無批判に聖典とする必要はないが、現在話題となり、問題となるケースについて、自分の素人判断だが良くまとまっていると思う。

2016/09/28 21:50

投稿元:ブクログ

主に、著作権についての本。
パロディネタ(オマージュネタ)もいろいろあって面白かった。
何気に衝撃的だったのが、『るろうに剣心』の「働きたくないでござる!」という画像がコラ画像ということを知って驚いた。確かにそういわれてみればコラにしか見えないけど、本当にあったコマなのかと……。
なお、著作権には非親告罪にあたる行為もあるらしく、例えば「出所明示義務違反」を行った場合は非親告罪となるので、被害者が告訴しなくても罪に問われるのだとか。なので、Twitterでよく見かけるパクツイは非親告罪だそう。そういや昔、自分のサイトに書いた内容をそのままパクって掲載してるサイトがあったなぁ。パクるほどいい内容じゃないだろと思った覚えがある。
それと、メキシコの著作権の保護期間は死後100年なんだとか。日本は50年だからほんとう、長いよなと。だいたい、100年とか、死んだときにいた親族全員亡くなってるだろ。正直、50年でも子どもは亡くなってると思うけど。
なお、何回か聞いたことあるけど、TPPで著作権は厳しくなって死後70年に設定される可能性はあるとのこと。というのも、アメリカの意向でそうなっているらしい。次の大統領候補はふたりともTPPに反対らしいので、さっさと抜けてもらったほうが案外いいのかもしれない。
それと、名前はよくきくけど、『肖像権』や『パブリシティ権』というものは、法律上で定められているわけではないらしい。それに近い判例はあるそうだけど、法律で定められているわけではないと知ってちょっと驚き。

2015/08/17 19:55

投稿元:ブクログ

本当に基礎的なところから平易に解説してるので(ワシにはちょっと苦手な流れもあるけど)、クリエイターやその周辺で仕事する人には良い入門書。監修の福井氏が書いている「18歳の著作権入門」と併読するとより勉強になるかも。そして、このくらいの基礎的なことも、普通に学校に行っているだけだとほぼ習わないんだよなぁ、と思うと、日本の著作権&契約の教育が不安になる。かくいうワシも、社会人になって仕事を通じて身につけたものだし。

2015/05/17 22:33

投稿元:ブクログ

・「法」とは社会規範であり、その遵守につきそれが行われる社会から公的かつ外部的な強制を伴ったもの、というのが通説的な立場に基づく法の定義である。

今回紹介する「クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。」は大学の講義で用いてもよいくらい、理路整然と創作活動時に関わりのある権利や法律についてまとめられている1冊だ。
さて、私は読んでいるうちに不思議とノスタルジーが沸いてきた。というのも、(文学部のくせに)大学時代はよく法律の授業を履修しており、久々に法律の本を読んだという感覚が芽生えたからだ。
本棚から大学時代のテキストを引っ張り出す。私はT教授の授業をよく履修していた。冒頭の定義は氏が作成したテキスト「法学の基礎」のp8から、「法の定義」を記した一文を引用したものである。なお、そのテキストは今風に言えば先生のセルフパブリッシング作品(※履修する学生しか買えない貴重な一冊。全32ページで500円!)のため、奥付が一切無かった。(この本を読んだ後に言うのもあれだが、引用の不備はお許し下さい…)

法律という概念は上記の通り、人と人との関係を良好に維持するために用いられるルール(=社会規範)だと定義されている。
昨今、創作活動というカテゴリーにおいて「これは違反では?」と指摘され、問題になるケースを多数みかけるようになった。
問題を起こす側も特徴的で、いわゆる「一般の人々」の行為が問題になっている点が興味深い。
それは残念な傾向である一方、創作活動に関する権利が「社会規範として守られるべきもの」「正しく用いていかなければならないもの」としての認識が、より広まっている事の裏返しとも言えるだろう。
また、創作活動が一部の人間に限られていた時代とは異なり、創造的な活動はより容易に、そして誰でもできるフェースに入っていることも示唆している。
故に、現在は自らを「クリエイター」と意識していない人々にも、本書で取り扱っている権利や法律との関係性が芽生えていく可能性は大いにありうる。

日々SNSで発表している文章や、エンターテイメントとして眺めている動画には、どんな権利が紐付いているのだろう?
そして、これらの文章や動画をそのまま発信/享受する事は、社会規範を維持することに貢献しているのだろうか?
そんな疑問を抱いた方は、ぜひとも本書を手に取り著作権や関連法を学んで欲しい限りである。
簡潔かつ多様にケースは例示されているので、良い手引となること間違いなしだ。


あと、個人的には敬愛する嘉門達夫先生が「替え歌を作る際、承諾のために関係各所に頭を下げている」のくだりには涙が止まりませんでした!

2015/05/03 07:17

投稿元:ブクログ

・監修者による『18歳の著作権入門』とは少し別の角度から著作権に光を当てている。
・解説がつくとはいえ著作権の条文がごろっと入ってくるので、流石にスイスイ読めるとは言えぬ。考え、頁を遡り、読み返すべき本。
・今の文化の流行やちょっと前の事件を取り上げているので、読むとしたら本当に今なのだろう。