サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

【ポイント50倍】実用「美容・ダイエット」ジャンル商品 全品50倍CP(~6/30)

奇面館の殺人(上)(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/08
  • 販売開始日:2015/05/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-293083-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

奇面館の殺人(上)

著者 綾辻行人

季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間〉に転がっていた...

もっと見る

奇面館の殺人(上)

745 (税込)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

奇面館の殺人 上 (講談社文庫)

745(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.6MB 無制限
Android EPUB 9.6MB 無制限
Win EPUB 9.6MB 無制限
Mac EPUB 9.6MB 無制限
【48時間限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月28日(水)~2017年6月29日(木)23:59

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間〉に転がっていたのは、頭部と両手の指を切り落とされた凄惨な死体。六人の仮面には鍵がかけられていた。名探偵・鹿谷門実の圧巻の推理が始まる!

目次

  • プロローグ
  • 第一章  四月の吹雪
  • 第二章  六人の招待客
  • 第三章  未来の仮面
  • 第四章  奇面の集い
  • 第五章  二重身の刻
  • 第六章  眠りの罠
  • 第七章  惨劇
  • 第八章  閉ざされた仮面
  • 第九章  同一性の問題

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

あなたは絶対騙される

2016/12/04 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のぉちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

通常では考えられない方法で人が殺される
人を殺したら逃げる必要があるのに逃げない
普通じゃないことが当たり前になってしまう館

殺人犯を見つけるよりもっと気にしなければならないことがある
それに騙された

館に足を踏み入れたことは無いのに既知感が忘れられません

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました!

2016/01/18 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

館シリーズ9作目。
館シリーズは全10作と言われているため
この作品は最後から2番目の作品です。
それだけにシリーズファンには丁寧に、じっくり読んでもらいたいです。
今回のテーマはずばり仮面!
そういえば暗黒館で奇妙な仮面が登場したような・・・?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異色な館シリーズ

2015/08/30 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あやたろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物が仮面を被ったままストーリーが展開していく、ちょっと変わったミステリーとなっています。中村青司が手掛けた館で事件が起きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/08 13:45

投稿元:ブクログ

この館シリーズなのですが、だんだん読むのが面倒になって来ました。この本は買ったのですが、もう図書館で借りて読む方がいいかもと思います。
今回の設定もトリックもあっと驚くようなものでもないですし。文章は相変わらずうまいのですがね。

2015/04/15 23:54

投稿元:ブクログ

登場人物全員の“顔”が見えない⁉︎
異様きわまりない状況下で幕を開ける、世にも奇妙な殺人劇!
ミステリ史上、まさに前代未聞!
大人気「館」シリーズ最新作、待望の文庫化!

懐かしくも新しい!
これぞ綾辻流本格ミステリの粋。

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、〈奇面の間〉で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!
大人気「館」シリーズ、待望の最新作。

2015/12/16 18:33

投稿元:ブクログ

かなり特殊な舞台設定、ただなんとなく受け入れてしまう用に丁寧に描かれている。
誰もに犯行が可能という状態の上巻、誰もが思いつく入れ替わりネタがちらつくが
それを踏まえて驚かせて来ると思うので、そういう意味で楽しみ。
下巻を楽しみにさせれ鵜という意味で、上巻の役割は果たしていると思う。

2015/07/16 21:40

投稿元:ブクログ

文庫版再読。
ミステリとしてのネタは一見シンプルなのに、ある意味異様な作品だなあやっぱり。こういう設定でしかあの特殊なシチュエーションはあり得ないし。
そして「未来の仮面」の妖しい魅力は何度読んでも変わらず。館の仕掛けも素晴らしく、世界観にどっぷり浸る幸せが味わえました。

2015/05/18 15:07

投稿元:ブクログ

突然、近所の地名が出てきてハッとした。
文庫化まだかまだかと待っていた作品。
やっと読めた。
館シリーズは毎回想像力をフル活用させてくれて楽しい。

2017/04/11 22:41

投稿元:ブクログ

 推理作家・鹿谷門実は、自分とよく似た顔つき、体形の怪奇・幻想系の作家・日向から奇妙な頼みごとをされる。それは、奇面館で行われる集いに、体調の悪い自分の代打として参加してほしいというものだった。そこでは、参加者全員が仮面をかぶって過ごさなければいけないらしい。

 奇面館が中村青司の建築物と知った鹿谷は、日向の依頼を受け集いに参加するも、吹雪で館は孤立。そして首と指を切り落とされた死体が館の主人の部屋で見つかり、集いの参加者たちは、何者かによって鍵のかかる仮面をつけられてしまい…

 古今東西、ミステリと首なし死体は切っても切れない関係ですが、今回はなんと容疑者全員が仮面をかぶっていて、死体どころか、容疑者の顔もある意味では”ない”状態です。

 こうなると、ミステリファンは被害者は本当に館の主人なのか、だとか、主人は招待客の誰かと入れ替わっているのではないか、だとか色々考えるに違いありません。

 かく言う自分もその一人なわけで、ここからどう展開するのか、楽しみです。

 綾辻さん流のサプライズも気になるところですが、犯人の切断目的や、仮面を被せたわけなどがロジカルに解かれることにも期待しつつ、下巻に進もうと思います。

2015/06/03 14:24

投稿元:ブクログ

ああ、久しぶりの館シリーズ。嬉しいな。

仮面をつけなきゃいけない館なんて、そりゃ何かあるでしょ。来るよ来るよ。。と思いながら読んでたら、来た!!
上巻までは思った通り。下巻に期待!コロッと騙されたーい。

2016/08/07 22:52

投稿元:ブクログ

■登場人物全員の“顔”が見えない!?異様きわまりない状況下で幕を開ける、世にも奇怪な殺人劇!

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!大人気「館」シリーズ、待望の最新作。

2015/08/29 12:14

投稿元:ブクログ

建築家中村青司の手による風変わりな建物で起こる数々の事件。本作品は9作目ですね。8作目の「びっくり館の殺人」を読んでいないので、見当違いかもしれないけど、7作目の「暗黒館の殺人」が個人的にはミステリ風味が薄いと感じて少々物足りなかった分、久しぶりである本書のミステリ風味に期待する気持ちがとても強かったので、文庫化までの3年間(かな?)本当に心待ちでした。

タイトルからも察することができそうですが、設定からパズルと言いますかロジックの話になりそうですよね。登場人物が頭を覆う仮面を被らされて脱げない中、同じく仮面を被ったままであろう主人が殺害されるが、その主人も頭部と指が持ち去られ、実のところ主人である確証すらない。

身元不明死体と仮面で顔の見えない登場人物達。特にミステリ好きでなくても、誰かが主人と入れ替わっているんじゃないかと想像するわけですし、実際、上巻もそこが論点になるところで終わり、下巻へと続いて行きます。

でもきっと、そこには私の想像できないようなカラクリがあるのでしょうね。単純な人物入れ替わりなどで終わらないような何かが。上巻のこの時点で、期待通りと言いますか古くさいって言われても提示された謎についてあれこれ可能性を論議するスタイルが好きなので、とても面白いです。

文章自体も読みやすいです。若干気をもたせる書き方ではあるけれど、くどくはないですし。少しだけ過去の作品について語られるので、知っていれば「ああ」となりますかね。知らなくても読めますけど、知っている方がいい…かな?

何はともあれ、下巻にも期待です。

2016/07/17 19:17

投稿元:ブクログ

鹿谷門実の前に差し出された1通の招待状。
それは、あの中村青司が設計した館のひとつ「奇面館」で行われる、ある集まりの招待状だった。
本来の出席者の代理で、身分を偽り、その集まりに出席した鹿谷を待っていたのは.......?

2016年7月14日読了。
たぶん、一度読んでると思うんですよね。
ですが、このシリーズはどれを読んだか分からなくなってしまうのです。それに、何度読んでも面白い。
後半でトリックの半分を思い出しましたが、それでも楽しめてしまいました。

2015/04/22 00:13

投稿元:ブクログ

館シリーズ9作目。上巻。
ノベルスでもそんなに分厚くないのに上下巻なのかなぁ~と思って読み始めたら、内容ほとんど忘れてたので一から楽しむつもりで読みました。
レビューは下巻で。

2015/04/20 17:54

投稿元:ブクログ

私が「館」シリーズをまた読もうと決めて、びっくり館を読んだ後での文庫化。
ナイスタイミング!

やはり鹿谷さんがメインで登場する話の方が好きです。
しかもこれが初めての鹿谷視点なのか。

しかしこの館は嫌だ…。
頭をすっぽり覆う仮面をつけるなんて、閉所恐怖症気味の私には絶対に無理。
しかも、鍵がかかって外せなくなる仕組みの仮面。
有り得ない! 怖い!

鹿谷さんが電話をかけた相手は誰かな〜、下巻を早く読もう!