サイト内検索

詳細検索

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

新規会員登録 電子30%OFFクーポン(~12/31)

シンプルに考える
シンプルに考える シンプルに考える

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 103件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/29
  • 販売開始日:2015/05/29
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-06634-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

シンプルに考える

著者 森川亮

「計画はもたない」「ルールはいらない」「差別化は考えない」「イノベーションは目指さない」。世界中に5.6億人のユーザーを獲得したLINE社長が明かす、新しい時代の「仕事の...

もっと見る

シンプルに考える

1,296(税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

シンプルに考える

1,620(税込)

シンプルに考える

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限
エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

こちらは「電子書籍ストアポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月9日(金)~2016年12月15日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「計画はもたない」「ルールはいらない」「差別化は考えない」「イノベーションは目指さない」。世界中に5.6億人のユーザーを獲得したLINE社長が明かす、新しい時代の「仕事の鉄則」!

はじめて明かす仕事の流儀!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー103件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

言葉では伝えられないところを教えてくれた一冊

2016/04/27 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もなちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読まない自分の会社の社長に「これだけは読んどけよ。」と言われて読み始めたらあまりにシンプルで2時間で読み終えてしまいました。

森川さんのLINE時代のマネジメント視点から
タイトルの通り「シンプルに考える」ことを教えてくれるのですが、
私がこの本から習ったのは「企業は世の中に価値を提供する」ということ。

なんで企業が存在しているか?
人の役に立つという価値を提供しているからです。
本気で人の役に立ちたいという人たちの集まりであるLINEには、
プロでいることの自覚・責任・行動が全て詰まったすっごい集団なのだと改めて見せられました。
ただただ有名じゃない、そこには森川さんの部下への圧倒的な信頼があったこそだと思います。

普段の業務で常に数字に追われ、いつの日か会社を数字としか見なくなった私に
人の役にたつという本質を思い出させてくれました。
私の社長もそこが伝えたくて、読めと言ったのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シンプルに考えたい

2016/03/13 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:IGBS - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンプルに考えるには、シンプルに考える時間は必要ない、複雑に考えないように自分を追い込むことだ

暇は人に余計なことを考えさせる


著者のいう、シンプルとは

・ユーザーを愛する気持ち
・受身にならない
・そもそも何を突き詰める
・モチベーションは不要
・守ると攻められない
・ベンチマークした中で、もっとも重要な価値にフォーカスする
・ユーザーの求めているものの本質を精度高く把握する


答えは自分の中にない、他者の中にある。
自分を投げ出して、突き放し、無私を得た中に意味が見出せる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

成熟した資本主義の匂い

2016/10/19 15:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トコトコくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「やりたい仕事」を求めて努力を繰り返してきたし、自分の価値を高めれると感じたときには、「お金」や「名誉」も捨てて転職した。。。
読後には、ワクワク感と疲労感が残る。本書には著者のエネルギーが詰まっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

書き方はシンプルというよりくどい・・・が

2015/08/22 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の前職にまつわる問題をユーザー目線というシンプルな観点で開発・経営していくのが大切というのが主な内容。Lineでのものがその最たる成功例という感じでややくどいくらいに出てくる。ただ内容は大企業や有名企業の多くが抱えている問題や働いていると気づくことも多いことについて触れているので、刺激を得られる人も多いのでは?内容がやや薄くは感じるが読了までは早い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ああそうですか。

2016/02/23 09:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分で考えて進んで向上する人しかいない、そういう人しか必要ない。ま、そういうことです。なら形式張ったことはいらないのはそうなのかもしれませんね。でも24時間、365日そうであることができる人ばかりではありません。それを続けることができる人ばかりではありません。でもそういう人じゃないと上にいられないよ、ラインにはいられないよ、ということなんでしょうね。あまりタメにはなりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待しすぎたかも?

2016/05/05 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

LINEの元社長・森川亮さんの著作。
社長を退くにあたり、いままでの仕事人生を振り返ったような内容。
帯等には、一見、いまの仕事の定石に反しているような惹句の数々が刺激的に並んでいますが、言ってることはとてもまともで真っ当な印象です。
ただ、それ以上に新鮮味や感銘を受けることもなく、書かれていることはいたってふつうのことでした。まさにタイトルどおり内容もシンプル。突っ込みどころもないですが、引っかかりもない本でした。
期待が大きかったのかな?というのが偽らざる感想です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/24 00:22

投稿元:ブクログ

先日LINEを辞めた元社長の著書。章のタイトルだけ見ると、えっ?というものもあるが、読むとなるほどねーという感じ。最近対峙しているある経営者の言動とかぶるところがあり、手をとってみた次第。
すべてを顧客にフォーカスした行動原理を徹底しているのが素直にすごい。もちろん、スタートアップ企業だからこそ、成熟市場ではないからこそ徹底できた点もあると思うが、実績を作った人の言葉は重みがある。下記は記憶に残った章。
・ビジネスは「戦い」ではない
・経営は「管理」ではない
・自分の「感性」で生きる
・「成功」は捨て続ける
・「偉い人」はいらない
・「ビジョン」はいらない
・「計画」はいらない
・「情報共有」はしない

2015/10/13 06:35

投稿元:ブクログ

ビジネスの本質はユーザーが本当に求めているものを提供し続けること
やりたいことをやらせる環境を整えるのがマネージャーの仕事
シンプルに考えて不要なものはなくしていく

2015/07/20 18:28

投稿元:ブクログ

☆2.5
企業にとって採用はきわめて重要、という点には同意だよ。企業が継続的に目的を果たして成長していくためには、企業へのインプットがまず良くないとならない。しかし同時に、良い人材に成長の機会がちゃんと与えられるような会社にもなっている必要がある。むしろこっちが先かな。良い循環を作っていけるように働きかけたいな。

2015/10/03 23:21

投稿元:ブクログ

ほかと差別化することでもなく、コストを下げることでなく…たいせつなのはただ一つ、お客さんのニーズに応えること。
このような価値観がLINEを生みだしたと思うと、なんだか妙に納得!

難しかったり個性的だったり凝った内容の仕事術本より、だんぜん説得力があり、自分も取り入れたいという気持ちになります。

2016/10/02 15:21

投稿元:ブクログ

サービスを徹底的にユーザーのためにと考えて開発することで、イノベートを起こす。みたいな感じ。物体のないものを対象としてるから言えるのだろうな、というところも多々あるが、さっさと死ぬ気で開発しろよ、と言いたいのだと思う。
プロとして勤めているのだから、会社に教育を要求する人はダメだということに至極同感。

2015/11/05 21:34

投稿元:ブクログ

LINE(株)の社長退任を機にまとめたという本書。ネット・ビジネスのスピード感と、ユーザーが求める良いものを作りたいという社員あってこその経営観が披露されている。ビジョンも計画も会議も情報共有もいらないという、一見非常識な主張は、実はシンプルに本質的なものだと納得した。
15-232

2015/12/13 08:30

投稿元:ブクログ

Line元社長森川氏による自身のキャリア振り返り。NTVからSONYを経てLINEに移った本人の経験に基づく、大手、ベンチャーの切り口は適切。自身の為に、とダントツのサービス(製品)の為に、問題の根源はあると感じた。メモ。
(1)自分の感性で生きる。それがいい仕事をする絶対条件なのです。
(2)いい結果を生み出す為には優秀な人が余計な事に惑わされず速いスピードで動ける環境が必要です。
(3)リーダーとは夢を語る人。夢に共感するメンバーの先頭を切ってチームをリード出来る人が本当のリーダー。
(4)不安によって神経が研ぎ澄まされる。だからこそユーザーの変化にも敏感に反応できる。

2016/09/19 15:58

投稿元:ブクログ

最終章の
●差別化は狙わない
●イノベーションは目指さない
●クォリティ×スピードを最大化する
●デザインが主導する
●ユーザーは答えを教えてくれない
で共通しているのは、ユーザーファースト。
ユーザーが本当に求めている価値を探し出し、その価値を具現化する製品を速く使いやすい形で具現化するか?
そのためにどうするか?を徹底した一冊。

2016/01/24 21:32

投稿元:ブクログ

企業規模によって通用するエッセンスとそうでないものが詰まっている気がする。が、まずは自分の意識を変えることから。取り込めるものは前向きに取り組みたい。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む