サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0201-28)

ジョージアCoke on×hontoキャンペーン2017

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 旅行・地図
  4. Pen+
  5. Pen+台湾カルチャー・クルーズ
Pen+台湾カルチャー・クルーズ(MH MOOK)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/29
  • 販売開始日:2015/10/29
  • 出版社: CCCメディアハウス
  • レーベル: MH MOOK
  • ISBN:978-4-484-14713-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

Pen+台湾カルチャー・クルーズ

著者 Pen+編集部

台湾と日本で活躍する写真家と作家が、「路地」「食」「人」「言葉」の4つのテーマでコラボし、台湾の日常を浮き彫りにした〈ローカル・トリップ〉。人気グラフィックデザイナー、ア...

もっと見る

Pen+台湾カルチャー・クルーズ

840(税込)

ポイント :7pt / 紙の本より240おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

pen+ 台湾カルチャー・クルーズ 完全保存版 (MEDIA HOUSE MOOK)

1,080(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 71.7MB 無制限
Android EPUB 71.7MB 無制限
Win EPUB 71.7MB 無制限
Mac EPUB 71.7MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年2月1日(水)~2017年2月28日(火)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

台湾と日本で活躍する写真家と作家が、「路地」「食」「人」「言葉」の
4つのテーマでコラボし、台湾の日常を浮き彫りにした〈ローカル・トリップ〉。
人気グラフィックデザイナー、アーロン・ニエのスタジオを訪ね、
ヌーベル・キュイジーヌの寵児、アンドレ・チャンと美食クルーズ。
台北の名建築を見て歩き、老舗のギャラリーで現代アートを堪能。
メイドイン台湾のプロダクトが揃う文房具店や雑貨店に足を運び、
泊まるべきは、いま、最も台湾カルチャーが体感できるホテル。

俳優の張震(チャン・チェン)は、台湾映画の現在と未来を見据え、
歌手の陳綺貞(チアー・チェン)は、台湾のポップミュージックシーンを振り返る。
人気作家、呉明益(『歩道橋の魔術師』著者)が、辻村深月と文学について語り、
白先勇、七等生、ソウ・タクライといった作家の名作短編(本邦初訳)をまるごと収録。
日本統治時代、戒厳令下、民主化といった時代ごとに、3人の作家が台湾史を詳述し、
4つの時代に分けた年表と大ヒットした台湾映画をもとに、台湾の歴史を学ぶ。

日本と台湾のクリエイターが一緒につくった本誌には、
盛りだくさんの台湾カルチャーが、ぎゅっと凝縮されている。
さあ、この一冊を手に、カルチャー・クルーズに出かけよう。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ただただ楽しい

2016/03/12 22:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Johan - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページめくっているだけで楽しくなれます、わくわくします。地図も見ながら場所を確認し、今度行った際には訪れようと想像するこのなんとも幸せな時間。台湾の建築、本当におもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性誌の特集とは違う

2016/05/28 12:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AXU - この投稿者のレビュー一覧を見る

台湾特集は、女性誌ががんがん出していますが、コレは視点が異なっていて、面白かったです。お店情報もありますが、まさに「カルチャークルーズ」でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/05 02:03

投稿元:ブクログ

タイトル通り、台湾の写真、デザイン、建築、アート、食、映画、音楽、文学そして歴史を広く浅く紹介している。しかし、特筆すべきは浅くとは言え、いわゆる旅行情報誌に載るようなベタなものではなく、現地の人のみぞ知るかのような情報であることだ。これでもう少し情報量があれば申し分なかった。
冒頭の台北、路地の魅力についての論考はとても素晴らしかった。