サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

シドニアの騎士(15)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/20
  • 販売開始日:2015/11/20
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-388102-8
コミック

電子書籍

シドニアの騎士(15)

著者 弐瓶勉(著)

人類の播種船シドニアは、太陽系を滅ぼした外宇宙生命体・ガウナの本拠地「大シュガフ船」のあるレム恒星系にたどり着いた。百年前に大災害をもたらした科学者落合が復活するが、辛く...

もっと見る

シドニアの騎士(15)

540 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

シドニアの騎士 15 (アフタヌーンKC)

648(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 185.8MB 無制限
Android EPUB 185.8MB 無制限
Win EPUB 185.8MB 無制限
Mac EPUB 185.8MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類の播種船シドニアは、太陽系を滅ぼした外宇宙生命体・ガウナの本拠地「大シュガフ船」のあるレム恒星系にたどり着いた。百年前に大災害をもたらした科学者落合が復活するが、辛くも退けて大艦隊はシドニアを発った。そうした中、第一攻撃艦隊とシドニアにシュガフ船団が接近。シドニア防衛か攻撃艦隊援護かで悩む長道。継衛改二を使わせて欲しいと申し出た岐神にシドニア防衛を託し、長道は二零式衛人・劫衛で出撃する!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

終わり

2015/11/30 17:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒケシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレ注意

谷風と落合の戦いは決着、そして大シュガフ船の撃破でものがたりは終わりました。
つむぎが死んで谷風はイザナとくっつくのかと思いきや、そういうエンドでしたか。緑川 纈の変化が意外過ぎてびっくりしました。
ワタシ的には大満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ついに最終話

2017/03/25 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷風とともに紆余曲折してきたシドニアの物語も最終話。正直、真ん中くらいで1巻に戻って読み返してからようやく物語の細部が把握できたくらい微に入り細に入る仕上がりの(細かいネタを含めて)作品。最後は収拾つくのかとある意味ハラハラし通しだったが、大団円で、そして胸に残る幕引きの最終ページだった。作者からのひとことや、後日談が読みたくなるくらい、この物語が終わって・・・もうシドニアの騎士たちのの次の戦いや日常が見れないと思えば思うほど寂しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大団円

2016/02/13 01:07

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

漫画的にはキチンと盛り上がって、キチンと完結した。でもいろいろ回収されない伏線が残ったような気がする。しかし弐瓶先生の作品はだいたいこんな感じだったと思い直すと、読後感の良さもあるし、大きな進歩のような気もする。ガウナとは何だったのかなど、作品をまたいで深めていって欲しい。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シドニア大団円

2015/12/19 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nami - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうとう最終回を迎えたシドニアの騎士。個人的にはハッピーエンドで気持ちよく読み終えることができました。でも終わったしまったのはさびしい限り。ひょっとすると続編ができそうな終わり方であったことに期待します。時間ができたらもう一度1巻から全部一気読みしたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/20 20:17

投稿元:ブクログ

ラストは駆け抜けまくってて正直「なんじゃこりゃ!?」だったけどハッピーエンドだったしなんだかんだ良かった
続編も書けそうだしじいちゃん世代の外伝も見てみたい
それにしても、ゆはたはどうしてああなったw

2015/11/23 23:23

投稿元:ブクログ

終わりました・・・
奇想天外の発想力と怒涛の展開で楽しませてもらったこの作品。
ラストもビックリさせてもらいました。
まだまだ続きがありそうな感じ・・・

いやいや、弐瓶勉にはまた別の物語を創造してもらう方に期待しましょう。

2015/12/25 06:27

投稿元:ブクログ

ついに完結。
久しぶりにSFらしいSF作品。
ハッピーエンドで良かったが、後半はちょっと複雑すぎて分かりづらかったかなと。

2016/10/17 21:52

投稿元:ブクログ

ガウナの正体はわからないままかあ…ラストの人間関係には!?ってなってしまったけど、ハピエン好きとしては嬉しい。
つむぎがどんどん可愛く感じられるようになったのがすごかった。

2015/12/31 18:01

投稿元:ブクログ

大団円です。弐瓶勉作品なのに‼︎
でもこれ、実はガウナに勝ってないのかも? エナは惑星セブンに溶け込み、移住した人間は大地に溶け込んだエナを体内に取り込み、皆んなそのうち融合個体に…。
追い詰められたガウナは人類と融和する生存戦略を取ったんですね。それを長道とつむぎの子供が象徴している。
人類とガウナが争わず、両者ともウィンウィンの関係になったのだから、まぁ最上の結末ですよね。

2015/12/03 08:24

投稿元:ブクログ

ヒロインとの幸せそうな後日談もあり正にハッピーエンド!最高なラブコメ作品だった。

でも結局奇居子とは何かがハッキリとは明かされることなく、なんか有耶無耶にされてしまったのが少し残念

続編ありそうな意味深な箇所もあったので、気長に待ちます

ゆはたwwwww

2015/12/28 13:19

投稿元:ブクログ

壮大な話だったが、二瓶さんの作にしては前後に説明も多く、読みやすかった。終わりが思ったよりもアッサリしていた。謎のままの部分も多く、結局どうなったんだ、アレは、みたいなものも。ただ、その方が何度も読み返せるし、想像は膨らむかな。SF好きは必読。

2017/01/24 22:01

投稿元:ブクログ

ネタバレ 少し駆け足のラスト(特にエピローグ)。また、緑川の変貌にビビった。◇が、この衛士の動きをアニメで見てみたい。3期があればいいのになぁと期待させる展開。◇つむぎの変貌はややご都合主義に感じなくはない点と、長道と星白閑(つむぎの母に擬すべき存在か)との漂流シーンが本作で最も印象的と思うので、つむぎと長道の落着はちょっぴり残念かつ複雑な心境ではある。しかし、興味深く魅力的なSFガジェットを用い、硬派なアクションを貫いてきた本作はとても楽しみな逸品であった。それが清々しく完結したのは素直に喜びを感じる。

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む