サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0201-28)

CMSだけのページ作成依頼(厳選セット50倍)(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?
数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?(講談社ブルーバックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/27
  • 販売開始日:2015/11/27
  • 販売終了日:2017/02/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • ISBN:978-4-06-257942-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?

著者 トドリス・アンドリオプロス,タナシス・グキオカス,竹内薫,竹内さなみ

「この本は、数学をいま学んでいる学生たちにとっても、遠い記憶をたぐりよせながら読む読者にとっても、最適な教材だ。 本書は、是非、学校の数学の先生に読んでもらい、授業で役立...

もっと見る

数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?

1,058(税込)

ポイント :9pt

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

【期間限定価格】数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?

741(税込)

【期間限定価格】数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?

ポイント :6pt / 紙の本より317おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!? (ブルーバックス)

1,058(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 252.6MB 無制限
Android EPUB 252.6MB 無制限
Win EPUB 252.6MB 無制限
Mac EPUB 252.6MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年2月1日(水)~2017年2月28日(火)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「この本は、数学をいま学んでいる学生たちにとっても、遠い記憶をたぐりよせながら読む読者にとっても、最適な教材だ。 本書は、是非、学校の数学の先生に読んでもらい、授業で役立ててほしい。自分が生徒だった頃、こんなに楽しい副教材があったらよかったのに! 推理を進めながら、実際に鉛筆で計算をして楽しむ。いやあ、これぞ、数学の醍醐味ですね」(竹内 薫:「訳者あとがき」より) (ブルーバックス・2015年11月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

歴史に残る数学者達の史実に基づいた物語

2016/09/28 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マンガで~」という書名ではないのですが,マンガです。
きれいなカラーで,絵も可愛いです。
薄い本ですが,贅沢な作りです。
最後に人物紹介が付いているので,歴史に残る数学者達の史実に基づいた物語だったと分かるようになっています。
詳しい解答も付いていますので,親切な本と言えるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/25 20:58

投稿元:ブクログ

マンガだった。ブルーバックスにマンガがあるとは思いもよらなかった。。。

ヒルベルトが死体で見つかり、容疑者は全て古今東西の有名な数学者。それぞれの業績を簡単に紹介したあと、アリバイを立証するために数学の問題(小中学生レベルの代数幾何の問題)を解く、というスタイル。

全体で12題しかない上、ヒルベルトやゲーデルの業績を紹介(それも各1ページぐらいなのでほとんど得るところはない)してもらって嬉しい層と小中学生レベルの代数幾何の問題を解きたい層って全く重ならないような気がするが、、、

書店で一度手にとってパラパラと中身をみてみたのであれば決して買わなかった本。

2016/05/29 06:37

投稿元:ブクログ

知的好奇心を満足させられる?!といった内容。
自己満足に過ぎないけれど。

簡単そうに見える図形を示してあれこれ数字を導き出すという展開が面白い。
中高生向き。

2016/07/15 04:41

投稿元:ブクログ

幾何代数の問題は添え物になっているが、ミステリ仕立ての構成と雰囲気たっぷりの絵柄は良い。漫画を取っ掛かりにして、部分的ではあるが数学史概説も学べる、意欲的な本と言えるだろう。見つけて翻訳を決めた人の慧眼。

2016/03/23 19:45

投稿元:ブクログ

自分の数学的素養のなさに愕然とした。「夜中に犬に起こった奇妙な事件」の主人公の男の子なら大喜びで解説してくれそう。

2016/03/22 17:14

投稿元:ブクログ

「数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ!容疑者はみんな数学者!?」
完全犯罪は成立するのか。


1900年のある日、パリで史上最も重要と目された数学会議の最中、世界的に有名な天才ドイツ人数学者Xが何者かによって殺された。容疑者は、会議に出席していた天才数学者ばかり。彼らには立派なアリバイがあるのだが、それらはすべて数学で供述されているという(なんじゃそれ( ゚Д゚))。しかし、容疑者全員に殺人の動機あり!


被害者も数学者、容疑者も数学者、アリバイも数学で立証されているという何もかもが数学で固められたミステリー。アイディアはとても面白いです。出てくる数学者も歴史上偉大な発明をした人ばかりで、ワトソン役と思っていたクルトも凄い数学者だった。ジェラール警部を除いて、みんな数学者。彼らがどんな数学者であったのか、X教授の殺害動機についても結構しっかりしていて、なかなかです。ちなみに、教授Xは結構殺されるような動機を作っちゃってるんですよね。レオンハルトが一番可愛そうだったです・・・。


あと、ネタというか、ちょっと異質で面白いのが、ジェラール警部。出てくる数学者とアリバイに四苦八苦しながら刑事らしく推理するのだけど、途中でめんどくさくなったのかクルトに早く謎の答えを教えてくれよとぶれてくる。そこがなんか面白い。途中で怒り出すしw


欲を言えば、肝心の謎に容疑者それぞれの発明が盛り込まれていたらもっと良いかなと思います。さすがに難しいとは思うけど、そこまでできたらまさしく数学ミステリーになるかなと。


数学者を面白くちょっとだけ学ぶのには適している一冊です。

2016/01/02 14:04

投稿元:ブクログ

数学史上の主要な数学者の紹介と基礎的な代数幾何学問題。
よくある数学パズル本の一種か。
暇潰しにはなった。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

高校数学の大きなトピックスであるベクトルは、大学の「線型代数」の基本ともなる重要なトピックスでもあります。この高校数学のベクトルを、先生と生徒の一対一の対話形式で初歩から大学入試問題レベルまで、さらには「平行六面体の体積と行列式」まで解き進めます。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む