サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

講談社BOOK全品ポイント50倍(~5/5)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/25
  • 販売開始日:2015/11/25
  • 出版社: 日経BP社
  • ISBN:978-4-8222-7932-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

著者 入山 章栄

ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、...

もっと見る

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

1,944 (税込)

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

1,944(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限
Win EPUB 11.6MB 無制限
Mac EPUB 11.6MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。
「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」
米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、
世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を、
日本企業の事例も豊富にまじえながら圧倒的に分かりやすく紹介。
世界の最先端の「知」こそが、現代のビジネス課題を鮮やかに解き明かす!

目次

  • 【1】いま必要な世界最先端の経営学
  •  なぜビジネススクールでは最先端の経営学が学べないのか ほか
  • 【2】競争戦略の誤解
  •  あなたの会社の戦略がうまくいかない、最も根本的な理由 ほか
  • 【3】先端イノベーション理論と日本企業
  •  イノベーションの絶対条件!「両利きの経営」を進めるには ほか
  • 【4】最先端の組織学習論
  •  組織の学習力を高めるには、「タバコ部屋」が欠かせない ほか
  • 【5】グローバルという幻想
  •  真に「グローバル」な企業は、日本に3社しかない ほか

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

経営学を考える機会

2016/04/03 09:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営学とは何か、ビジネススクール事情を分かりやすく説明している。経営者に学術業績をツール化することのインセンティブが無いため、知がMBAに反映されていないなどの指摘をしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経営学は今後、より人間に焦点を当てるようになる?

2015/12/27 03:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホンの無視 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の前著(の様な位置づけの本)である「世界の経営学者はいま何を考えているのか」と読みくらべてみた時に興味深いと感じたのが、前著と比べると本書はより社会学的、心理学的なアプローチに焦点を当てている点である。
本書の帯には、「ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ」と書かれているが、本書は、経営学が経済学の様に合理的経済人ではなく人間の持つ不確実な要素に焦点を当てたものに姿を変えつつある流れを踏まえた上で、ポーター等が示してきた従来の理論との違いを表している。
人によってはむしろ過去の慣習への回帰を促していると取れる内容もあるかもしれないが、その是非や可能性を検討する上でも重要な内容が詰まっている本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新年に読んで良かったです

2016/01/03 13:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カズさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営・戦略・ビジネスモデルには様々な知識や意見がありますが、どのような条件においてその有効性があるのかという視点軸が参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

2016/01/13 11:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

世に出てから久しく経てもなお定番となっている、ドラッカーやポーターの理論。通論だけでなく、一部を引用しての論旨展開は枚挙に暇がない。それを最新(世界)では、学ぶことは無いとばっさり。2010年代の最新の経営学を具体的事例をもって紹介。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/18 13:34

投稿元:ブクログ

ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016 第1位 http://www.dhbr.net/articles/-/4592

2016/10/30 10:38

投稿元:ブクログ

経営分析ツールは、どのような分析をするか、という局面の判断のほうが、ツールの使い方より影響が大きいので、MBAではケーススタディが多い、というのに納得。

2016/11/25 22:18

投稿元:ブクログ

★「学べない」ではなく「学ばない」★経営学者が探究するするのは科学としての経営学であり、統計的な分析が中心。経営学を稼ぐツールに落とし込むのは研究者の業績にならず、だから稼ぐことをめざすビジネススクールでは学ぶ機会はない、ということらしい。なるほど。

本書に出てくる(科学的な)分析も、言われてみれば「まあそうだろうな」という順当な内容。モヤモヤっと感じていたことを、きちんと整理してくれる。自分のしていることの整理に役立つのがビジネスマンにとっての経営学の正しい使い方なのだろう。

適当な場合分けの重要性を教えてくれるのはありがたい。寡占業界では競争を避けるポジショニングが重要(ポーター)だが、それなりに競争のある業界では技術など経営資源を磨くことが大切(リソース・ベースト・ビュー)。さらに不確実な業界ではリアルオプションを採るべき、と。
日本の家電メーカーは2番目の業界にいたが、新興国に出ると高機能ではなく、ボリュームゾーンをめざすかブランドを求めるかポジショニングが重要となり判断の切り替えが求められるという。

世界各国で均等に稼ぐ企業はほとんどない(日本ではキヤノンとマツダ)。ダイバーシティも単に目に見える属性の多様性(demographic diversity)は下手をするとコミュニケーションが滞りパフォーマンスが停滞する、能力や経験の多様性(task diversity)にこそ意味がある。

2016/01/17 21:50

投稿元:ブクログ

最初の部分を読み進めると、その内容やトーンがどこかで読んだことがあるなあと思ったら、『世界の経営学者はいま何を考えているのか』と同じ著者だったことにそこで初めて気がついた。あとがきによると、著者はビジネススクールの価値を貶めるつもりはないとして出版社から勧められたこのタイトルに乗り気ではないようだが、自分にとっては営業効果があったようだ。前著の中で、経営学者はドラッカーは読まないと書かれていて印象に残ったのだが、多くの人がそうだったらしく、その後によく聞かれたそうだ。その理由が、アカデミックの論文重視の世界において、「Rigorous」(厳密性)と「Novel」(先進性)を重視することからだという。経営学の三要素として、「Rigorous」、「Novel」、「Practically Useful」を挙げているが、先端の経営学では最後の「Practically Useful」は重視されないという。著者はジム・コリンズも読んだことがないそうだ。 なお前著執筆当時は米国にいたようだが、今は日本にいて活躍されているようである。

本書で取り上げられるテーマは、競争戦略、ビジネスモデル、イノベーション、トランザクティブメモリーなど組織学習力、グローバル化、ダイバーシティ、リーダーシップ、同族経営、CSR、ハイブリッド起業、メタアナリシス、リアルオプション、などである。その中では「経営学」らしく事例研究ではなく統計的解析を使った分析結果が主に紹介される。例えば、イノベーションにおいては「知の探究」と「知の深化」の両方が必要である、とか、グローバル化/フラット化というものの実際のデータでは全くそうなっていない、とか、副業としての起業はキャリアのリアルオプションとして有効だ、とか、いったことを統計データを使った最新研究動向とともに紹介する。リーダシップについては、「トランザクティブ・リーダーシップ」と「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」の二つの型がある。「マネジメント・バイ・エクセプション」という考え方も初めて知った。なかなかに面白い。

本書のテーマのひとつは、タイトルとも関係するが、MBAを取得するビジネススクールとPh-D取得を目指す研究との違いを読者に対して明らかにすることだろう。前者はより事例研究などより実践的で確立した理論を学ぶことが中心で、学生が安くないお金を払ってコースを取るのに対して、著者のような後者のパターンでは最先端の新しい経営学の研究をして論文を書き、大学の評価を上げるための人材確保の意味合いも多くほぼ全額奨学金が出ることが多いという(著者もそうだったと)。また、経営学が役に立つ立たないというとき、多くの場合は経営学に正解を求めているようであるが、経営学をうまく使う人は、経営学の知見を「思考の軸・ベンチマーク」としている人が多いのではという。経営学が提供できるのは、「(1)理論研究から導かれた「真理に近いかもしれない経営法則」と(2)実証分析などを通して、その法則が一般に多くの企業・組織・人に当てはまりやすい法則かどうかの検証結果、の二つだけ」だという。企業の戦略には適用される範囲があるというのをわからずに使っている経営者も多い。ポーターのSCPとバーニーのRBVは適用される範囲が違うのだ。���た、競争戦略と企業戦略を分けていない場合も多い。そこが日本の戦略が世界で通じなくなっている理由ではないかという。 著者も、経営学を「思考の軸」もしくは「羅針盤」として使うことが正しい活用の仕方だと結論づける。

また本書の最後に米国の大学院での学生の出身国の状況に触れらているが、残念なことに日本人が極端に少なく、インド人次いで中国人が多数を占めているらしい。博士課程の授業では、教員・学生の全員が東アジア人かインド人であったこともあったという。インド人については、アカデミックな場だけにとどまらず、ハイテク産業を中心に実ビジネス業界でトップを占めることも多くなっているのはすでによく知られるところである。 また中国人の情報ネットワークは太く、入学前から大学や先生たちの詳しい状況についての情報が回っているという。1998年にアメリカの電子工学科の大学院にいたが、そのころも台湾や韓国からの留学生が多く、いわゆる米国人は少なかったことを思い出した。その傾向はおそらくは経営学だけではないだろう。これからずいぶんとグローバル競争において日本の影が薄くなってしまうのかもしれない。

----
『世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア』のレビュー
http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4862761097

2017/01/29 22:35

投稿元:ブクログ

最新の経営学でどのような分野がどのように研究されているのかざっくり分かって面白かった。仕事に活用云々ではなく、経営がこうやって科学的に分析されているのかというのを知ることができるのが純粋に興味深い。「経営学は思考の軸にすぎない」って言葉はまさにその通りだと思うし、その軸を増やして思考のバリエーションを増やすために勉強が必要なのだなと思った。

2016/02/14 22:18

投稿元:ブクログ

2016年14冊目。

米ニューヨーク州立大学バッファロー校で助教授を務め、現在早稲田大学ビジネススクール准教授である入山先生が書かれた、世界の経営学の最前線。
ビジネススクールではどうしても「実務的なツール」となる内容が重視されるため、必ずしも経営学の最先端の研究内容が反映されていないという。
この本では、各論点が26章でそれぞれコンパクトにまとまっていて、教科書的な経営書や一般的な情報だけでは盲点になりがちだった研究結果も多い。
本書の中で仰っている通り、「答え」を求めるつもりで読むのではなく、「思考の軸」を得るために読むととても興味深く読めると思う。

2017/04/13 23:14

投稿元:ブクログ

・ ポーターの競争戦略:「差別化戦略」「コストリーダーシップ戦略」
・ SCP戦略:競争環境の参入障壁・移動障壁を高め、ライバルとの競争を避ける
・ RBV戦略:価値があり模倣されにくい経営資源を形成・活用する
・ リアルオプション戦略:常に不確実な事業環境に、素早く柔軟に対応する
・ 新興企業のビジネスモデルにおいて決定的なのは、そのデザインが「新奇性」が高いこと、すなわちイノベーティブであるということです。すなわち、「今までつながっていなかった人と人をつなぐ」「今までつながっていなかった企業と人をつなぐ」あるいは「そのつなぎ方を新しくする」といったデザインです。
・ 両利きの経営:「知の探索」「知の進化」について高い次元でバランスをとる経営
・ 新規事業部署にはなるべく「知の探索」を好きなようにやらせて、他方で「知の進化」は上層部で既存事業分野との融合を図ることで実現すべきだ
・ 通常、業界で新しい製品が生まれてからしばらくは、部品同士の最適な組み合わせについて試行錯誤が続きますから、企業に主に求められるのは「アーキテクチュアルな知」になります。しかし時間が達につれ、組み合わせについて業界で標準化が進んでいきます。これを「ドミナント・でざいん」と呼びます。いったんドミナント・デザインが確立されると、その後は部品それぞれの機能を高めるための「コンポーネントな知」が重要になってきます。組織構造やルールもそれに順応していく
・ 企業は「身近な知」岳を活用しがちなので、イノベーションを起こすには自分たちの知らない遠い分野への「知の探索」が重要である
・ 弱いつながりからなるネットワークは全体的に無駄が少なく効率的。重複するルートが少ないため
・ そもそも人がクリエイティブになるには「弱い人脈」が重要です。しかし、いざ創造的なアイデアを出したら、それを社内で売り込むため、むしろ「強い人脈」を多く持つことが求められるのです。
・ 組織の考えを学ぶのが早いメンバーと、遅いメンバーが混在している方が、知の探索が起きて、最終的な組織全体の学習量は増加する(一定の比率での入れ替え、不確実性が高い環境も、最終的な学習量を増加させる)
・ who knows whatが組織全体に浸透することで、情報の掛け合わせは生まれやすくなる
・ 成功すると「サーチ行動」をしなくなる
・ ダイバーシティには二つの種類がある。「タスク型の人材多様性」と「デモグラフィー型の人材多様性」。タスク型の人材多様性は組織パフォーマンスにプラスの効果をもたらす
・ デモグラフィー型の人材多様性の散らばりが多いほど、組織内の軋轢はむしろ減り、組織パフォーマンスは高まる
・ トランザクティブ(取引)型リーダーは「アメとムチ(コンティンジェント・リワード」を重視するが、トランスフォーメーション(変革)型リーダーが重視するのは「啓蒙」。
1) 組織のミッションを明確に掲げ、部下の組織に対するロイヤルティーを高める
2) 事業の将来性や魅力を前向きに表現し、部下のモチベーションを高める
3) 常に新しい視点を持ち込み、部下のやる気を刺激する
4) 部下一人ひとりと個別に向き合い、その成長を重視する
・ 女性がリーダーになる過程では、ステレオタイプなイメージのギャップを埋めるために、結果としてトランスフォーメーショナルなリーダーシップ・スタイルを身につけやすい
・ 優れたビジョンの6つの特性
1) 簡潔であること
2) 明快であること
3) ある程度抽象的であること
4) チャレンジングなこと
5) 未来思考であること
6) ぶれないこと
・ イメージ型の言葉は相手にビジョンの浸透をさせやすい 例)我々は不確実性の海に旅立った(ジョン・アダムズ)
・ 内発的な動機が現場を強くする
・ リアル・オプションでは、不確実性が高いほど、オプション価値が増大する
・ アントレプレナーに共通する4つの思考パターン
1) クエスチョニング 「常にwhat ifと問いかける」
2) オブザーヴィング 「今日身を持ったことを徹底的にしつこく観察する」
3) エクスペリメンティング 「仮説を立てて実験する」
4) アイデア・ネットワーキング 「まずこの問いを誰と話すべきか」を考える
・ 「コーポレート効果」は、企業が複数の産業をまたいでビジネスをすることで得られる追加効果(多角化の効果)のこと
・ バブソンカレッジ

2016/06/26 14:44

投稿元:ブクログ

わかりやすくまとめられた経営学の本。いろいろな事例研究を見ながらだと、さらに楽しく、理解も深まると思う。図書館で借りたが、購入すると思う

2016/11/08 16:45

投稿元:ブクログ

ビジネススクールといえば、MBA(経営学修士)とか聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。MBAを取ればビジネスマスターになれるのでは!?と思う人は本書を読むことをオススメします。
この「ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学」は大学院卒業後にシンクタンクでの勤務の後に海外の経営大学院でPh.D(海外での博士号)を取得し、現在は早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄さんが、10年にわたり経営学について研究し、その経験や切り口をもとに日本の経営学と現実的な現場などを語った一冊です。
古典と呼ばれるビジネス書の課題に切り込んだり、ビジネス書を沢山読んでる人でもおそらく、多くの新しい知見が含まれているのでは、と思います。

2016/03/05 23:33

投稿元:ブクログ

色々と最先端の経営学を教えてくれて、楽しんで読む事が出来た。感想だが、最先端の経営学は、新しい発見と厳密さを実用性より重視している、と言う割には新しいと思えたものは少なく、常識的な事を理論で証明する事に注力しているような印象を受けた。

2016/05/04 15:23

投稿元:ブクログ

自分がビジネススクールに行っていないのでこの内容が「学べない」のかどうかよくわからないのですが、むしろ、読むと「普通に最近の重要なトピック」が網羅されている気がして、それを学べないビジネススクールってなんなのかと思ってしまいました。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む