サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(0420-27)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける
小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/11
  • 販売開始日:2015/12/11
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • ISBN:978-4-492-04516-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける

著者 佐藤優,井戸まさえ

ありそうでなかった!たった1冊で「政治の基礎知識」がいっきに身につく「大人のための教科書」!作家・佐藤優氏が、小6「公民」の教科書を使って、驚くほどやさしく「政治の基礎か...

もっと見る

小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける

864 (税込)

ポイント :8pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける これだけは知っておきたい70のポイント

1,080(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年4月20日(木)~2017年4月27日(木)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月6日(木)~2017年4月27日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ありそうでなかった!たった1冊で「政治の基礎知識」がいっきに身につく「大人のための教科書」!
作家・佐藤優氏が、小6「公民」の教科書を使って、驚くほどやさしく「政治の基礎から裏側まで」解説します!

《「憲法改正」「選挙」「国会議員の仕事」・・・・・・きちんと説明できますか?》
●「憲法は何のためのもの?」「9条改正」「集団的自衛権」について、きちんと説明できますか?
●選挙は「どんな人に投票すればいいか」わかりますか?「小選挙区制の長所と短所」は?

《小6「公民」の内容がわかれば、ほとんどのニュースが理解できる!》
●大統領は選挙で選ばれた「王様」、日本の総理大臣は「国務大臣の中の議長」。だからコロコロ代わる
●「日本国民の義務」は3つしかない。よって「裁判員制度」は違憲の疑いあり?

《教科書が書けない「裏の社会科」も満載!「政治とカネ」「世襲議員」「棄権の自由」・・・・・・全部解説します!》
●政治とカネ=権力はたいてい「カネ」に代替できる、だから「あの人たち」は排除された?
●世襲議員=実は世界的にも増えている。彼ら彼女らが「1年目から活躍できる」理由は?

《章末&巻末まとめ付きで「70のポイント」を総まとめ!記憶にも残る!》
●各章末には、テーマごとに「表&裏の基礎知識」のまとめ付き!
●巻末の特別付録では、「70の基礎知識」を総まとめ!9ページですべて復習できる!

「表と裏」がいっきにわかる「大人のための教科書」が遂に完成!
この1冊で「知識の欠損部分」を埋めれば、新聞やテレビ、ネットのニュースが面白いほどよくわかる!

この1冊を読んで、「世の中の見る目」と「教養」をいっきに磨こう!

目次

  • 序章 なぜ、小学校社会科の教科書なのか
  • 【第I部 国の仕組みはどうなっている?】
  • ★第1章★これだけは知っておきたい「国会」の基礎知識★
  • 【法律をつくる】(表の社会科)/【予算を決める】(表の社会科)/【議会制】(表の社会科)/【政党】(裏の社会科)
  • ★第2章★これだけは知っておきたい「内閣」の基礎知識★
  • 【国家と社会】(表の社会科)/【大統領制と議院内閣制】(表の社会科)/【政治と景気】(裏の社会科)/【政治とカネ】(裏の社会科)
  • ★第3章★これだけは知っておきたい「裁判所」の基礎知識★
  • 【裁判の種類とルーツ】(表の社会科)/【大陸法(独仏)と英米法】(表の社会科)/【最高裁判所】(表の社会科)/【裁判員制度】(表の社会科)/【判例】(裏の社会科)/【弁護士】(裏の社会科)
  • 【第II部 国のルールはどう決まっている?】
  • ★第4章★これだけは知っておきたい「憲法」の基礎知識★

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小学校の教科書

2016/02/07 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

改めて読むと小学校の教科書っていいこと書いているんですね。とてもいい企画だと思いました。佐藤優氏の解説の秀逸。買い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

わかりやすくて

2016/01/05 20:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あむとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごくいい。参考図書が盛りだくさんなのでもっと知りたいと思ったら自分で突き詰められるのがよい。取っ掛かりとして読むにはよいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/25 10:38

投稿元:ブクログ

小6社会科の教科書が教える表の社会科と、元外務省主任分析官の作家と経済ジャーナリスト出身の政治家の著者二人の経験も含めた裏の社会科。国会、内閣、裁判所、憲法、三権分立、税金、選挙について、基礎的な知識と興味深いうがった見方も含めた教養に触れることができる。
もちろん著者の立場から本書の情報にも偏向はあると理解しながらも、憲法改正議論や靖国問題などで諸外国がどのように受け止めるのかの想像力が欠けているという主張は、(それだけで十分な訳ではないが)大切な視点だと感じた。
あくまでも基礎なので、より深い情報には参考図書に当たることが期待されているのだろうし、多角的な情報には開かれていない点はやむを得ない。
17-45

2017/04/02 22:25

投稿元:ブクログ

新聞読んで時間がかかるのはやっぱり基礎がぽつぽつ抜けているから。。。ということで読みました。ただいまいろいろ基礎仕入れ中です。

さくさく読めるし、大人の社会ということで裏側も知れておもしろい。たださくっと読んだのであまり記憶に残っていないな。まさかの公民の参考書で今勉強しているので、終わったらもう一回読もうと思います。

2016/08/13 14:07

投稿元:ブクログ

政治の全体像を薄く、部分的に濃く解説している。思った本と少し違う。表題にある政治の基礎知識を身につける感じの本ではなく、教科書に書いてあることを、大人の視点で見るとこうだよね、的な一冊。論点は面白かった。

2017/01/02 20:41

投稿元:ブクログ

公民に関する知識は小学生レベルで充分だと思うが、国民の9割はそのレベルに達していないだろう。もちろん自分も達していない。ただし、この本は章立てに利用しただけでであり、この本を読んでも小学生レベルの知識は身に付かない。別途入手して読まないとダメ。
内容的にはいつもの安倍政権批判の時事放談。通常対談本は議論が発散するのだが、教科書的に章立てがされているので、テーマとしてはそれなりに整理はされている。あとは、参考文献を読めって事ですかね。

新たな気づきとしては、
・国家と社会は別物。よって内閣の存在は矛盾している。
・大陸法と英米法の違い
・最高裁判事には司法試験に合格していない人がいる。
・実念論と唯名論
・中間団体解体の背景にはソ連の崩壊がある→再結集でファシズムになりやすい。

2015/12/20 14:49

投稿元:ブクログ

p.40
ドイツのリサイクルは細かい
・ナチスの思想、身体は総統のものであり、個人が勝手に処理していいものではない、からきている
・人間という資源の効率的な利用
・禁煙運動もナチスが始めたこと、生涯現役にこだわり、医療費を削減した
→いいことのように思えるが、戦争のための資源としか人を見ていなかったとすると、とても怖い考え

p.50
国会の仕事、法律や予算を決めるというのは、いわば、国民の利益を調整する作業
→確かに、法律は人間が作ったものなので必ずどこかに落とし穴がある、それを埋めることが大事

p.64
・国会議員は国民の代表と書かれているが、
国民の利害は人や世代によって異なる
・政党は、部分の代表。民主党は、全体の代表だと思い込み、失敗した。
・日本の正統派政権を取ると全たちの代表になろうとする
→かといって、部分の代表のマニフェストを出せば、選挙で通るかというと違うような。
電力総連や、電機連合など、労働組合、宗教の利益を考え人を選ぶというのは、ある意味正しい

p.70
政党は社会から生まれてくる、私的結社(社会の代表)それに対して、内閣総理大臣は、官僚の長(国家の代表)という地位を持っている。民主党はこの矛盾を解決できずに、総理大臣がすぐ変わった
→なるほど。自民党は長く政権にいたことで、この矛盾の調整力に長けていた

p.74
大統領とは選挙で選ばれる王様。社会の代表としての規制は議会が行うため、限りなく政府、国家の代表として動ける
→ある種、北朝鮮の首領と同じ、独裁可能だが、アメリカ大統領には、三軍の指揮権は与えているが、宣戦布告権はない。

p.90
教科書には、国民は政治的関心を持ち、選挙に行こうと書いてあるが、それは本来の市民社会の論理ではない。
国民は本来、政治をやらずに欲望を追求する。だから代議制がとられ、プロが政治をする。
・政治の目標は、逆説的だが、国民が政治について考えずに済む世の中にすること
・一番大事なのは平和の維持

p.134
唯名論
・リンゴはリンゴ、イチゴはイチゴ
→果物というのは便宜的につけたものであって、実際には存在しない
実念論
・認識に先立ってものが存在すると考える
→果物があるとして、そのなかに、リンゴやイチゴ、目に見えないけど、果物は確実に存在する
→日本の憲法の見方はこちらに近い。
憲法とは別のところに規範がある

p.150
小笠原、奄美も、沖縄と同じようにアメリカの管理下に置かれた過去がある。
ただ、沖縄だけは過去になってない。
・国土の0.6%でしかない沖縄に、米軍基地の74%があるから
→構造化された差別だけど、今更どこか他の県が受け入れてくれるはずもない、原発と同じだ

p.153
国連の体制で戦争が違法化されて犯罪となり、安全保障理事会が平和維持行為として取り締まる仕組み
→イラク戦争も、戦争ではなく制裁行為との位置付け
→平和のために戦争に参加しよう

p.160
内閣法制局
・日本政府の法律解釈を決める役所
→日本は国際法上、国家として集団的自衛権をもってはいるが使えない

p.195
アマゾンやスターバックス、グーグルの税金逃れは有名
・アマゾンは本社がアメリカで、日本の法人税が取れない

p.196
日本はずっと、低〜中負担で高福祉
・国家がやる機能は会社が果たしていたから
・それが壊れてしまったのが、問題化している
・低負担、低福祉のアメリカ型か、高負担、高福祉の北欧型でいくのか
→福利厚生のよい会社を増やすこと、そのためには企業に体力が必要。

2016/05/03 23:04

投稿元:ブクログ

小中学校の教科書に立ち返って基礎を見直すというのは大いにアリだと思う。佐藤氏のアジテーター的な発言、井戸氏の野党としての立ち位置での発言が気にならなくもないが、全体的には良い本だと思う。

2016/03/05 13:46

投稿元:ブクログ

世の中の政治の基本を、小学校社会科の内容を踏まえながら学んでいく。
こうやってみると、小学校の社会科は要点を捉えて簡潔にまとめられているなと感じる。これが中高になると重箱の隅をつつくような知識になってくるかな。

2016/05/03 21:50

投稿元:ブクログ

わかりやすかった。
しかし、野党色が強く、ところどころ首を傾げるところもあった。より合理的な政治を希求すべきなのに、政治に無知な市民を、ただ単に現政府に反対するだけの犬にしたいのだろうか。より合理的に国民が考えられるような内容(そうでなくても政府の今やっていることの悪い面だけでなく良い面にも十分に理解できる内容)にしてほしかった。

・改憲=国体の復活、はあまりにも論理が飛躍しすぎではないか?
・官僚が嫌われるのはよくわかるが、「国民から収奪する者」はあまりにも言い過ぎ。最低賃金のアルバイトと同じくらいの収入で、定時帰りの人以上に働いている官僚へ税金泥棒というイメージは差別的であろう。著者の官僚時代のコンプレックスの表れでは?
・司法権に国民審査がないのは問題だ、とあったが、司法権は少数者を守るために存在するのだから、多数決による国民審査がないのは当然だ。
・高負担・高福祉がダメだというのなら何か代替策を示してほしい。低負担・高福祉は現実的ではないのは明らかだし、現実的でないということを分かっていない人は多いのでそこについてより説明してほしかった。

2016/02/18 22:32

投稿元:ブクログ

「選挙」の章は面白かった。「一票の格差」について、投票価値の平等を追求することが本当に正しいのかどうかは自分も疑問に思っていたので、我が意を得たりの感を持った。『ファーブル昆虫記』を最初に日本語に訳したのが大杉栄だったというのも面白い。

2016/01/26 14:09

投稿元:ブクログ

本書は、作家の佐藤優さんと政治家の井戸まさえさんによる、小学校社会科の教科書を用いて、政治の基礎知識を身につけていくことを主眼に置いた対談本です。

今までに大人に向けて、小学校の教科書で勉強を勧める本を見たことが無かったので、その新たな視点に惹かれて購入しました。

内容としては、高等学校の政治・経済の教科書ではなく、なぜ小学校社会科の教科書なのかという理由が書かれた序章から始まり、国会、内閣、裁判所、憲法、三権分立、税金、選挙について、教科書の本分の一部を抜き出し、解説を進めていきます。

この本の特徴としては、それぞれの章で「表の教科書」と「裏の教科書」に分かれており、表の教科書では、教科書本文の解説になり、原則論が多く書かれていますが、裏の教科書では綺麗事なしでそのテーマの現実はどうなっているかが書かれており、ただの教科書の解説に終始しないようバランスのよい説明がなされています。

様々な知識が書かれていることは良いことですが、それでも首を傾げる箇所がいくつかありました。一例を挙げますと、ドイツのリサイクルについての件が書かれていますが、そこでナチスが健康にこだわっていたという例をあげます。国民の身体は総統のものだから、国民自身が勝手に処理していいものではなく、健康体を維持しなければならないという考えが当時あり、これは人間という資源の効率的な利用であり、この考え方がいまドイツでは人間ではなく、ごみに向かっている、と佐藤さんは説明されております。しかし、ドイツにおけるごみのリサイクルというのは、戦後ごみの量が増えてきたために、ごみを仕分けしてリサイクルを行い、ごみの量を減らすという目的で始まったはずです。従って、ナチスが国民を資源として効率的に使おうと様々な方針をあげていたことが、戦後ではごみに向かったという思想的な発想よりも、単純にごみの量の増加が原因で、環境に配慮したごみ処理方法を模索していった結果、リサイクルが一般化したと考えるのが合理的ではないでしょうか。ナチスの健康志向とリサイクルの因果関係が結びつくことに疑問符がつきます。書かれていることを全て鵜呑みにのは注意が必要です。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む