サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 道は開ける 文庫版
道は開ける 文庫版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/26
  • 販売開始日:2016/01/26
  • 出版社: 創元社
  • ISBN:978-4-422-10099-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

道は開ける 文庫版

著者 D・カーネギー,香山晶

300万部を超える公式版から主要部分を集約した文庫エッセンシャル版『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分...

もっと見る

道は開ける 文庫版

756 (税込)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

道は開ける 文庫版

756(税込)

道は開ける 文庫版

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.7MB 無制限
Android EPUB 10.7MB 無制限
Win EPUB 10.7MB 無制限
Mac EPUB 10.7MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

300万部を超える公式版から主要部分を集約した文庫エッセンシャル版

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で具体的かつ実践的に解き明かす。苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、新しい人生を切り開くための座右の書。1944年の初版刊行以来、改訂が施されてきた現行の公式版である『新装版 道は開ける』から本編28章を収載した。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

実務に勝るものなし

2016/07/24 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズの「人を動かす」と同様、やはり実務者の言葉は簡潔でわかりやすい。
躓くことや困難は誰にでもあるけど、道が開けそうな気がするのは
実務者の成功談(自慢話でない、具体的な話)には心づけられる。
自分にも道が開けるのでは・・と思わせてくれる。
これが古典として世界各国で読まれている意味が分かる気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

道が開けそう。

2016/07/12 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

カーネギー氏の説明はわかりやすい。実体験を具体例に出したり、
絶妙な歴史上の人物の逸話や名言の引き合いの出し方には説得力が
ある。

生きる上で悩みがちなことも、著者の助言で心を和らげることが
出来そうだ。

読み終えて本当に道が開けそうな気がしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なるほど

2016/04/29 13:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZIO - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ一章しか読めていませんが、それでも悩みに対してどういう行動をするべきかが具体的に分かりました。
以前から、タイトルは知っていましたが読むのは初めてでした。なるほど、長年読まれてきたのも納得です。いろいろと悩んで時間を無駄にしてきた過去を振り返ると、もっと早く読むべきだったと思いました。さっそく、紙に書いて行動してみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名著

2017/01/30 12:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:knsd - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を一言で言うなら、悩みに対する処世術を実体験を例に解説する本です。

自己啓発の本というのは大体が似たり寄ったりな内容で皆言っていることは対して変わらない印象で、この本もその例に漏れず、言っていることは大体一緒です。
しかし実業家が書いているせいか、確かに似たようなことは言っていても実践的でわかりやすく、押し付けがましくなくすんなりと飲み込める内容になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考え方を変えるきっかけになりました。

2016/05/15 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kkk - この投稿者のレビュー一覧を見る

長きにわたって売れている本だけのことはあり、納得できる点が多々ありました。悲観的な方もまずは、頭を白紙にして読破されることをお勧めします。
その後、周りの方の意見と照合すると、当たっている部分が多々見つかると思います。時代的には古い部分もありますが、普遍的な事を取り扱っている分、今も昔も大切な部分は共通しているのだと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心を正す

2016/05/15 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

周囲に振り回されず、冷静に自己を保つこと。そうすれば道は開ける、ということだと理解しました。
難しいけど、大切なことだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/09 19:27

投稿元:ブクログ

悩んだ時にどうするか、について具体的に書かれている本。悩むことの多い自分にとってはとても印象的な本だった。

2016/06/25 11:18

投稿元:ブクログ

必読のビジネス書、啓蒙書特集などで、必ずと言っていいほど紹介される著者の本だが、さすがに読む価値のあるものと思った。全体を通しての要点は精神のあり方、気持ちの持ちようで、それによっていかなる外的要因、内的要因も超克する事ができる、すなわち「道が開ける」。全編にわかりやすい例え話や実例が用いられ、末尾には纏めが添えられるなど、著者が伝えたいことが、無理なく読者に届くよう配慮がなされている事も、本書が読み続けられている理由だろう。

2017/04/11 19:58

投稿元:ブクログ

誰もが一度は経験するであろう不安に対する接し方が書いてあります。自分でどうしようもないことは考えない、1日を一生懸命生きるなど色んな考えが実体験と共に語られています。不安に悩む人に勧めたいです。もっと早く読めば良かったと思いました。

2016/12/28 22:19

投稿元:ブクログ

人生における様々な「悩み」に負けないための指南書。

「人を動かす」と同じく、内容自体はひたすら具体例が列挙されているだけなので、飛ばし読み可能。
「人を動かす」と違って、見出しを読んだだけではメッセージが分からないため、冒頭だけ読んで言いたいことが把握できたら次の章へ行く、みたいな読み方をした。

28章に分割されてはいるけど、強引に一言でまとめるなら「どんな悩みも、前向きに考えて積極的に行動すれば解消できるよ」ということ。

ごもっともなんだけど、理想論感が否めない部分も。

本書で挙げられているような「考え方」ができれば、確かに「悩み」に侵されずに生きていけるだろうと思う。けど、既に「悩み」に心を侵されている人間には、その「考え方を変える」ことこそが難しいのであって、ある程度健康なときに読むべき本だなと思う。

まあ、とは言え、理想論は大事だし、生涯の座右の銘になりうる名言のオンパレードなので、一度は読んでおいて損はない一冊。

以下メモ。

・「今日1日」だけなら頑張れる。「賢者には毎日が新しい人生である」
・ペリクレス「いいかね、諸君。われわれは小事について長談義をしすぎている」
・敵を非難するのは愚かなこと。もし自分が敵と全く同じ肉体的・精神的特質を受け継ぎ、全く同じ環境で育っていたら、自分はその敵と全く同じ行動をするに違いない。非難する前に、自分が敵のようにならなかったことに感謝し、敵に同情しよう
・人間は生まれつき感謝を忘れやすくできている。だから絶えず感謝を期待していることは、自ら進んで心痛を求めていると言ってよい
・あなたは両眼を十億ドルで手放す気があるだろうか?両足は?両手は?聴覚は?子供は?家族は?既に巨万の富にも勝る財産を手にしていることを知り、感謝しよう
・フランシス・ベーコン「浅薄な哲学は人の心を無神論に傾け、深遠な哲学は人の心を宗教へ導く」
・全身で消費している神経エネルギーの1/4は眼が消費している。少しでも眼を休めることは健康の秘訣

2016/12/15 19:31

投稿元:ブクログ

知らない人は居ないのではないかと思われるほど、有名な書籍ではないかと思います。何度も発売されて、これは文庫版なので持ち運びにも便利です。

意外にも今回初めて読む事になりましたが、書いてある事はシンプル。ただ、シンプルだけれども、奥は深い。昨今は自己啓発と言うジャンルの書籍も多くありますが、そんな本を読むならこれを読んだ方が何倍も良いです。大概書かれている事は、元をたどればこの書籍に書いてある事になるのではないでしょうか。

2017/03/27 01:35

投稿元:ブクログ

今日、一日の区切りで生きよ。
昨日の重荷、未来への不安は不要。未来への準備はするが、心配はしても意味がない。今日1日だけだと思えば大抵のことは耐えられる。
子供の時は「大人になったら」大人になったら「結婚したら」結婚したら「退職したら」そして退職したら過ぎた日を思う。

耐えられない悩みのシンプルな解決法。
まず最悪の事態をイメージ。そして、それを受け入れる覚悟をすることで落ち着く。落ち着いたら、自分の時間とエネルギーを事態好転のためだけに集中する。

悩みは健康を害する。

「自分が何に対して悩んでいるのか」を書き出す。「それに対して自分が何ができるか」を可能な限り書き出す。あとはベストプランを選んで実行するだけ。

会議の前に、下記4点を用意させる。
1問題点は何か?2問題の原因は何か?3どのような解決策が何通りあるか?4ベストな解決策はどれか?

深い悩みは多忙で忘れることができる。建設的な多忙が条件。暇こそ悩みを増長する。

不安が実現するか?確率、記録を見てみよう。起こるはずのないことを悩んでるのはもったいない。

どうしても避けられない運命はある。受け入れ、諦めよう。なぜならどうしても避けられないから。

悩みやイライラに対しての損切り。5%以上損失出た時点で売却。相手が5分遅れるなら解散。

2016/02/24 07:16

投稿元:ブクログ

20160224

問題は冷静に分析、日々前向きに過ごす、悩むことは有害。



悩みに対する戦略を知らない者は若死にする。

魔術的公式
・起こりうる最悪の事態は何か自問する
・やむおえない場合には最悪の事態を受け入れる覚悟をする
・それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力する

悩みは身体の不調に繋がる


事実の把握、事実の分析、決断-実行
ガレンリッチフィールドの手法
・私はなにを悩んでいるか?
・それに対して私はなにができるか?
・私はどういうことを実行しようとしているか?
・私はそれをいつから実行しようとしているか?
悩んではいけない。
事実を書いて集めて分析。

仕事では
・問題点は何か
・問題の原因は何か
・いくとおりの解決策があって、それらはどんなものか
・望ましい解決策はどれか
これを考えてから上司に相談…しようとすると、相談前に解決していることも。

悩みは習慣。
この習慣を断つため、
忙しい状態でいる。
みじめな気持ちになる秘訣は、自分が幸福であるか否かについて考える暇を持つこと。

気にする必要もなく、忘れても良い小事で心を乱してはならない。
・小事にこだわるには人生はあまりにも短い

悩んだら記録を調べてみる。
「平均値の法則によると、不安の種になっている事柄が実際に起こる確率はどのくらいだろうか?」

避けられない運命には調子を合わせる

悩みに歯止めをかける
・現在自分が悩んでいることは実際にどの程度の重要性があるか
・この悩みに対する ストップロスオーダー をどの時点で出して、それを忘れるべきだろうか
・この呼子笛に対して正確にはいくら払えばよいのか?すでに実質価値以上に払いすぎていないだろうか

おがくずを挽こうとするな。溢れたミルクは元に戻せないように、過ぎたものは戻せない。

快活に考え行動すれば自然に愉快になる。
・今日だけは幸福でいよう。
・今日だけは自分をその場に順応させよう
・今日だけは体に気をつけよう
・今日だけは自分の精神を鍛えよう
・今日だけは魂の訓練のため3つのことをしよう。誰かに親切を施し気づかれないように。自分がしたくないことを2つする。
・今日だけは愛想よくしよう
・今日だけは今日1日だけを生き抜くことにし、人生の問題に同時に取り組むのやめよう
・今日だけは1日の計画を立てよう。仕事を1時間おきに。
・今日だけはたった1人静かにくつろぐ時間を30分とろう。
・今日だけは恐れないようにしよう。幸福になること、美しいものを楽しむこと、愛することを。

仕返しをしてはならない。敵より自分を傷つけることになるから。アイゼンハワーの態度を見習う。嫌いな人について考えたりして、1分たりとも時間を無駄にしないこと。

恩知らずを気にしない方法
・恩知らずを気に病む代わりに恩知らずを予期する。キリストでさえらい病患者の1/10にしか感謝されなかった。
���幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することでなく、与える喜びのために与えること。(槇原敬之の僕が一番欲しかったもの的な精精神か)
・感謝の念は後天的に育まれた特性。子供には教えなければならない。

厄介事を数え上げるな、恵まれているものを考えてみよう。
朝起きたら感謝するものをすべて挙げる習慣。
脚がなくても快活な人がいる。
見えない状態から視力超回復すると、皿洗いさえスリルがある。

他人の真似をするな。自己を発見し、自己に徹しよう。

運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう。
損失から利益を生み出すことが重要。

他人に興味を持ち、自分自身を忘れよう。毎日、他人の顔が笑顔になるような善行をしよう。
幸せは自分が他人に渡す幸せと他人が自分に渡す幸せでできている。

いかにして悩みを克服するか。
祈ること。宗教。聖書。

非難は偽装された賛辞。
死んだ犬を蹴飛ばすものはいない。

不当な非難をこうむったときには、最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げば良い。
高齢の工員が仲間から川に突き落とされたあと、「ただわらっただけ」
やり返しても仕方ない。

自分の犯した愚行を記録して自分自身を批判しよう。私たちは完全無欠を望めないのだからEHリトルのやり方を見習おう。偏見がなく、有益で、建設的な批判を進んで求めよう。
アインシュタインでさえ、自分の結論は回数で99%誤っていたと言う。自分が正しいのか?
他人の批判を進んで受けよう。

軍隊でやっていることを見習って、時々休息しよう。心臓と同じように働こう…疲れる前に休む。そうすれば、起きてるうちの人生に1日1時間付け加えられる。
夕食前でも時間あれば1時間寝る。夜6時間夕食前1時間睡眠は、夜8時間より有益。

疲れの原因とその対策
頭を使う仕事は疲れない。個人の退屈、恨み、評価されていないという気持ち、無力感、焦燥、不安、悩みが疲れさせる。
目を休ませることが重要。目を閉じてリラックスしよう。
身体をほぐす。くたびれた古い靴下のように。
姿勢はできるだけ楽に。
1日四、五回は自分を点検。無駄な疲労をしてないか。
1日の終わりにはどれだけ疲れているか確認。

疲労を忘れ、若さを保つ方法
打ち明けられる相手を見つける。信頼できる人。
あとは、
感銘を受けた作品のためにノートか切り抜き帳を用意
他人の欠点にいつまでもこだわらないこと。相手が亡くなったことを考えて長所を書き出すとたくさん出たり。
近所の人々に関心を持つ。
今晩ベッドに入る前に明日のスケジュールをつくること
緊張と疲労を避けること。リラックスすること、くつろぐこと。

疲労と悩みを予防する四つの習慣
・当面の問題に関係のある書類以外は全部机上から片付けよう
仕事はためておかない。たまった仕事で悩むことになる。
・重要性に応じて物事を処理すること
・問題に直面した時、決断に必要な事実を握っているのなら、即刻その場で解決。延��してはならない。
・組織化、代理化、管理化することを学ぶ

疲労や悩みの原因となる倦怠を追い払うには
仕事に興味を持つこと。
単調な仕事は、自分や他人とスピード勝負をしても良い。無理にでも楽しもうとすると、少しずつ本当に楽しくなってくる。
疲労は仕事によるものでなく、悩み・挫折・後悔が原因となることが多い。気持ちの問題。

不眠症は、不眠症自体が悪ではなく、不眠症に悩むことが悪。人は睡眠不足で死なない。悩むことが有害。

2016/04/30 19:06

投稿元:ブクログ

道は開ける 文庫版

著者:デール・カーネギー

本書は日本で300万部を超える世界的ベストセラー。
著者のD・カーネギーは、他にも「人を動かす 文庫版 」 など数々の大ベストセラーを出しており読んだ事がある方は非常に多いと思う。


「道は開ける」は様々な悩みの根本の原因とそれを解決する為の具体的な方法、実例を挙げて紹介されている。

読んでいくと分かると思うが、何か目新しい事が書かれている訳ではない。
寧ろよく聞く話や、「それって精神論では?」と思って真剣に受け止めない方もいらっしゃるかと思う。

そうです。

本書を読む目的は、新しい知識を得る為ではなく、再度思い返し実践をする為に背中を後押ししてくれる為に読むのです。
だから本書を読んだだけでは何も変わらないと思います。

ここに書かれている事を実践して初めて大きな効果が得られる内容となっています。

どの本でもそうだと思いますが本書はその最たるものだと思います。


それもそのはず。
多くの精神疾患、心臓病などは「悩み」が原因である事が多い。

仕事の疲れにしても、その「仕事量」が原因ではなく、うまく事が進まなかったり、まだ起きていない事柄に対して余計な心配をした事に起因する事が多いと思う。

私にもそういう事が多い。
ペースを乱されたり、失敗したらと悩んだり、結局その日の仕事が殆ど進まない日と、
どんどんと良いアイディアが思いつき、いつも以上の仕事をこなし日と比べると、仕事としては後者の方が何倍も量をこなした筈だが、疲れは前者が圧倒的に溜まっている。

この事からどう自分自身が感じたのか?
気持ち、精神的な面が非常に大きく影響している。


それら悩みをどう克服していけばいいのか具体的な方法や考え方が300頁強の中に非常に多く書かれており、この事を頭に叩き込んで事あるごとに思い返し、実践していく事で健康的で豊かな生活が出来るようになると思います。


私自身はまだまだ未熟で、本書に書かれている事の1割も実践できていないが、読み返すと気持ちが楽になり、また実践しようと思うようになります。

考えずに自然とできるようになるまでは時間がかかるかもしれませんが、少しずつでも行動に移す事で変われると思います。

2016/06/30 16:56

投稿元:ブクログ

嫌いな人のことを考えたり、起きてしまったことを後悔したりするのに時間を費やすには、人生はあまりに短い。

常に忙しくしていること。悩む時間がないくらい。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む